今年も水中花が咲きました

2005年09月27日 19:25

 今年も、ビオトープ池の水面(水中のものもあります。)にコナギの花が咲き始めました。こうして水面にちょこんと顔を出しているのも素敵ですが、水の中で花を開いているのはとても神秘的でまたまた素敵なんです。しばらく池の畔にしゃがんで見とれていました。

気づかないほど小さい花ですが…

2005年09月27日 19:18

 今年も、ビオトープの水辺にイボクサが咲き始めました。白地の花びらで一番外側がかわいい薄ピンク色です。色もとてもかわいいですが、形もまたとてもかわいい花です。

花壇や畑ではあまり歓迎されませんが…

2005年09月21日 18:20

 ツユクサは、花壇や畑に残しておくと、どんどん密生してちょっと困りものですが、ビオトープでは、こうして池や畑の縁を彩ってくれるチャーミングな存在です。

季節の移り変わりを告げる使者が…

2005年09月21日 18:07

 鮮やかな紅の体…。ビオトープに季節の移り変わりを告げる使者がやってきました。逃げられないようにあまり近づかずにズームで狙ったので、少し鮮明ではありませんが、ビオトープの中で一際引き立つ本当にきれいな色でした。しばらく眺めながら「あぁ、秋だなあ。」と改めて感じることが出来ました。

今は何の変哲もない中庭ですが…

2005年09月15日 19:10

 これは、現在の本校の中庭です。どこの学校にでもありそうな何の変哲もない中庭ではありますが(とは言え、歴史的に見ると少し遠くに見える柱状のものは、古い時代の校門だし、手前の「ほほえみの池」や壁状の卒業制作もあり、その価値は高いのでしょうが、生き物空間としては…)、これからここが毎月のPTA活動で少しずつ、「ホタルの里」へと変貌を遂げていくはずです。画面右端に見えている溝がビオトープから流れ出して来ている水なのですが、これが十分にきれいなのです。今でも、ビオトープから流れ下ったクロメダカが気持ちよさそうに泳いでいるのですが、ここの周辺を整備し、溝の中も川砂を敷き、石灰石を入れ(ホタルの餌になるカワニナが大好きなんだそうです。)ホタルが飛んで来たくなるような環境をつくっていきたいと考えています。今週の土曜(17日)にもこの活動が組んでありますが、どんなふうに進んでいくのかとても楽しみです。

やはり、この機会に…

2005年09月11日 17:36

 先週、9月6日(火)にこの福岡の真上を通り過ぎていった台風14号ですが、風が吹き抜ける通路に設置してあるビオトープ掲示板は、被害を予想して掲示物を予めはずしておきました。週末までは、「宇美小夢のふるさとビオトープ」の文字だけを残して何も貼っていなかったのですが、ちょうどこの土日は衆議院議員選挙の投票日…。投票会場の体育館に行くために多くの地域の方々が通られるのに、ビオトープの紹介ができないのは何とももったいない…。そこで、この際、今まで掲示していた写真などを戻すのではなく、新たに作り直して掲示しました。今日、何度か通ってみると、この掲示板の前で立ち止まっていただき、その上、ビオトープまで足を運んでいただいていたりもして、やはりこの機会に掲示を一新したのはよかったかな…と喜んでいます。

♂♀力を合わせて…

2005年09月11日 16:31

 一つ前のオンブバッタも、そしてこのシオカラトンボも、♂♀力を合わせて、次代に命をつないでいこうと、命の営みを続けています。子ども達には、こうした小さな命が懸命に生きている姿を見てもらいながら、「命の尊さ」をしっかりと学んでほしいと思っています。

池のど真ん中の葉の上に…

2005年09月11日 16:16

 池のど真ん中の葉の上で、オンブバッタのペアがコナギの葉っぱをかじっていました。この葉までは、どこの岸からも1メートルほどの場所です。羽があるのだから飛び渡るのは簡単でしょうが、背中には♂を乗せています。2匹別々に飛んできて、この場所で巡り会ったのか…、逞しい♀におぶさってきたのか…。

葉の裏に…

2005年09月03日 15:52

 オモダカの葉の裏側にあまり見ない色のガが止まっていました。緑いっぱいの中で見ると、薄紅色の羽根はけっこう目立っていて、葉の裏に止まっているのに、目につきました。図鑑で調べてみると、近いのはスジベニコケガでしたが、そうでしょうか? つくづく「同定」というのは素人には難しいものです。毎日のように、「これかなあ??」と悩んでいます。日々学習です。

うなだれたキノコを見てなに思う?

2005年09月03日 15:39

 「今、大好きな食べ物が少ないんだけど、これって食べられるかなあ?」なんて声が聞こえてきそうなほど、目の前のうなだれたキノコを長い間見つめているように、その場に佇んでいたバッタ…。私もその後どうするのか楽しみでしばらくは見つめていたのですが、こちらの方は時間切れ…。私がこの場を離れるまでこの様子は続きました。


最新記事