足元の小さな春

2006年01月31日 18:22

 本格的な春までにはまだ少し時間が必要なのでしょうが、ビオトープの足元をよく見ると、こうして「小さな春」は一歩一歩やってきているのです。生き物達のこうした季節を感じた命の営みを見落とさずに、私たちもしっかりと春を感じたいものです。

新・堆肥ヤード完成!

2006年01月24日 18:00


 先週の土曜日(1月21日)に、本校の毎月恒例行事「にじいろデンボ倶楽部」を行いました。寒空の下でしたが、今回は、一昨年に作った今までの堆肥ヤードが山盛りになってもうそれ以上は無理という状態でしたので、新しく堆肥ヤードを作ることにしました。一昨年に作った時には参考にするものも経験もなく、時間がたくさんかかってしまいましたが、今回は要領よく作業が進み、短時間で作り上げることができました。これで、またしばらく草や木の葉を貯めることが出来そうです。

小さな春の足音は確実に…

2006年01月18日 21:53

 一つ前の日記でふれていた一方の「キャベツ」です。真ん中がだんだん巻き始めています。外側の葉っぱを見ると、あちらこちらにポツポツと小さな穴が…。「ん?だれが食べた?」よく見ると、「犯人(?)」はそこにいました。画面右上の方をよく見てください。ほら…ね。いたでしょう?保護色で見えにくいかもしれませんが、ちゃんとそこにいます。寒いようでも、小さな春の足音は確実に聞こえてきています。

あれ?カリフラワー?

2006年01月18日 21:40

寒さの厳しいビオトープでも春に向けての植物の営みは日々続いています。

そんな中で、今日はちょっと私「夢のふるさと」にとっては、ちょっぴりショックな出来事が…。

と言うのは…、種苗店で「キャベツ」と「ブロッコリー」との表示を見て買ってきた8本(4本ずつ)の苗、一方はキャベツらしく中心に小さな巻きができています。そしてもう一方は、何と!真ん中の蕾は真っ白!さては!こ、これはカリフラワー!? 私がなぜショックかというと、この2つの野菜が親戚だったとしても、ブロッコリーは「大好き」で、カリフラワーは「どちらかというと嫌い」だからです。自分で育てたブロッコリーを頬張るところを想像して楽しみにしていたので、「ガ~ン!」って感じです。しかし…。これが現実なので、自分がつくったというこの機会が、カリフラワーを好きになるチャンスjかも…と思い直しているところです。

どなたか、カリフラワーのおいしい食べ方を教えてくれませんか?

2006新雪

2006年01月08日 16:14

 あけましておめでとうございます。正月三が日は、冬将軍もちょっぴり休憩中かな…と思っていましたが、やはり!四日以降はとんでもない寒さです。北国ではメートル単位の雪に見舞われているとか…。南国九州でもこのような有様です。画面が何となくざらついたような感じになっているのは、今まさに雪が降っているところなのです。まだ冬休み中なので、

子ども達の足跡もない新雪に覆われたビオトープの雪景色です。

今年も「夢のふるさと~ビオトープ日記~」をどうぞよろしくお願いいたします。



最新記事