丈夫なあごで…

2006年04月30日 13:11

 ビオトープの木の杭を丈夫なあごで、シガシ無心にかじっているハチを発見しました。ハチの頭のすぐ上の色が変わっているところ…こんな風に木の表面をかじっていました。削った木は巣の材料にでも使うのでしょうか? こうして間近にまで接近するのを許してもらえるほど一生懸命にかじっていました。

ランチタイム…

2006年04月29日 11:52

 子ども達の給食直前の時間、ビオトープで花盛りのツツジのところでは、ランチタイムを楽しんでいるクマバチが1匹…、たくさん咲き誇り陽光に輝いているツツジの間を次々と飛び渡り、独り占め状態でした。体の小さいミツバチなどが隣の木までしか近づかないところをみると、縄張りなのか…。

キチョウの貴重な姿…

2006年04月28日 23:13

ちょっと駄洒落のようで恐縮ですが、…。

キチョウはなかなか貴重で、私を近づけてくれないのです。

モンシロチョウなどと比べて警戒心が強いらしく、

カメラの射程圏内に入ろうとすると、

逃げてしまうことが多かったのですが、

今回は姿をキャッチすることができました。

いよいよカウントダウン?

2006年04月27日 21:41

 果物は雨上がりがおいしそう…。ミザクラもいよいよカウントダウンのようです。赤みを増した実から雨の雫…いい感じです。真っ赤ではないものの、もう我慢できずに一つ口に運んでみました。まだ少し酸っぱさの方が勝っている感じではありますが、とっても爽やかな味でした。

雨上がり…②

2006年04月27日 21:31

 ミザクラのお隣さん、ツツジの花びらにも水玉がいっぱい…。これは東向きに写しているので、花びらにはバックライトが差していて、ちょっといい感じになりました。

雨上がり…①

2006年04月27日 21:24

 昨日は午後から久々の雨模様でした。しかし、その雨も明け方まで…。ビオトープに子ども達の声がする頃には晴れ間が見えるようになっていました。畑のスナックエンドウの花を見ると、たくさんの水玉が…。なかなかすばらしい景色でした。

かわいいのを見つけましたよ~

2006年04月26日 19:47

 ビオトープの小道の木陰に一筋の陽光が差し込んでいて、その日差しの先に、タンポポの綿毛が…。陽光で輝いていたのも美しかったのですが、この綿毛のきめ細やかなこと…。本当にふわふわなんです。大感激の一瞬でした。(時間が過ぎると、影に入ってしまいましたので、こんなタイミングで見ることができたのはとてもラッキーだったのです。)

全体的に色が変わり始めました…

2006年04月26日 19:20

 今日は、ようやく雨になりましたが、数日よい天気が続き、

ビオトープのミザクラの色づきが、また少し進みました。

これまでは、日がよく当たる側から色づきが始まっている

感じでしたが、この写真(昨日撮影)では、

色づきは全体的なものになってきました。

そろそろ秒読みかな…という感じです。

支え合って…

2006年04月25日 21:18

 風の強い日…ビオトープの畑のスナックエンドウは大きく茎を揺らしていましたが、どんなに揺らされても倒されることはありません。近づいてよく見ると、こうしてしっかりとお互いつるを巻き合い、支え合っていたのです。自然の営みは本当に驚きと感動の連続です。

あちらこちらで見かける草なのに…

2006年04月25日 21:09

 ホトケノザは、どこでも見ることができそうなありふれた草でしょうが、グッと近づいてみると、花の形がとても素敵です。高価な観賞用の花にも負けないような上品な花です。

鮮やかな葉っぱです…

2006年04月24日 18:43

 ビオトープの小道…ウサギ小屋の後ろには、大きな桐の木があります。幹や枝の先からは新しい葉っぱが出始めましたが、その色がこの写真のように花かと思うほど色鮮やかなのです。ビオトープを整備するまでは、誰一人通ることがない(正確には「通れない」)ウサギ小屋の後ろでひっそりと生きていましたが、ビオトープができて以来、こうして季節ごとにいろんな姿を見せてくれるようになりました。少し前の冬の終わり頃は、桐の木の下は枯れた桐の大きな葉っぱがたくさん降り積もり、歩くとシャリンシャリンと耳でも足の感覚でも自然を楽しませてくれていました。今からは、この新しい葉っぱで、花で、大きく葉を広げて目で楽しませてくれるはずです。

今、一番多く見かけるのは…

2006年04月24日 18:27

 この季節、ビオトープで一番たくさん花を見るのは、カラスノエンドウです。そばの畑にはスナックエンドウが白い花を咲かせていますが、花の色も大きさも違うのですが、花の形はとてもよく似ています。とってもかわいい色と形…、子ども達にも「よ~く近づいて花を見てごらん。かわいいよ~。」と声をかけています。

温かい日差しの下で…

2006年04月24日 18:18

 今日も温かくいい天気でした。

ただ、遠方の景色は黄砂に霞んでしまうほどでした。

ビオトープのカリフラワーの花には、モンシロチョウが…。

今日はせわしなくあちらこちらの花を飛び回るのではなく、

一つの花にゆっくりと…。今日は、そんな気分だったのかな…。

丸い花の集まりが次々と…

2006年04月23日 13:27

 先日ご紹介したときは、ひとかたまりだけでしたが、たった2・3日経っただけで、こうして丸い花の集まりが次々と連なって開いてきました。

この一つの丘に10株ほどのコデマリがありますが、

今、けっこうかわいい景色になっています。

粘り腰!

2006年04月22日 09:03

 ソメイヨシノのこの木に、最後の花びらが…。雨にも風にも負けない驚異的な粘り腰で最後の花びらをまだ散らさずに保っています。もしかしたら、少し早めに育った葉っぱがガードしてくれているのかも…。この最後の花びらが散れば、いよいよ葉桜の季節です。

モンシロチョウが元気に…

2006年04月22日 08:53

 モンシロチョウが元気に飛び回るようになると、校庭ではラー名札を着けた新1年生が楽しそうに駆け回るようになります。1年生はチョウを見て、「ちょうちょだ、ちょうちょだ。」と喜び、子ども達の上を舞い飛んでいるモンシロチョウも、「1年生だ、1年生だ。」と喜んでいるように見えます。

みなさん、いかが?

2006年04月21日 18:14

 高級野菜のクレソンがビオトープの上池を覆っています。葉が柔らかく今、とてもおいしい時です。ビオトープ本来の意味づけから一時は排除する方向性を持っていたクレソンですが、この生態系の中では、羽化するトンボも積極的に利用しているし、この葉を好んで食べている幼虫も、あるいはウサギも、そして人間も周りにいるわけだから、こうして見守っていくことにしました。今は外来種という扱いなのですが、私達の生活に近い存在として認知されれば、セイヨウタンポポのように共存することができるのでしょうから…。お近くのみなさん、召し上がってみられませんか?

ジュニアの次は花…

2006年04月21日 18:04

 収穫後に外の葉を残しておいたところから、五つ子のジュニアが生まれたことを前にご紹介しましたが、そのジュニアの次は、花です。ジュニアから蕾が見えてきました。これもまた菜の花になるんだろうな…と楽しみです。

また少し色づいて…

2006年04月20日 19:13

 天気のいい日が続き、ミザクラはまた少し色づきました。全体としてはまだまだですが、日当たりのよい場所の実の日がよく当たる側は先行して赤みを増しています。

暖かくなると…

2006年04月20日 19:09

 寒い冬の間は、少し深さのある場所にいるクロメダカ達は、暖かくなってくると、浅瀬にも進出してきます。下池の下流につながっている小川には日に日に先(下流)方まで進んでいます。

学習の場に選ばれるように…

2006年04月20日 19:02

 ビオトープに腰掛け、子ども達が絵を描いています。校庭内のどこを選んでもよいのですが、最近、こうしてビオトープが選ばれるようになってきました。嬉しいことです。

共演…

2006年04月19日 18:54

 ミザクラの木の側はけっこう木々が込み入って生えています。ちょうどこの辺りでは、ツツジの枝がミザクラの枝の中に入り込んで来ています。それで、ツツジの蕾の下にサクランボ…と不思議な共演になっているのです。

花のように並ぶ…

2006年04月19日 18:49

 イチョウの木の幹を見ると、花のように見えるものが…。近づいてみると、小さな葉っぱでした。でも、その並びはまるで花です。

白は目立たない色じゃない…

2006年04月19日 18:43

 白は目立つ色という感じではないのですが、ビオトープでは緑色や土色の中で、案外目に飛び込んでくる鮮やかな色なのかもしれない…と思えました。とっても小さな花なのに、蕾から花開いただけですぐに目に飛び込んできました。

メジャーな葉っぱの影で…

2006年04月19日 18:35

 モミジは独特の葉っぱの形や紅葉でメジャーな植物ですから、今まであまり花のことを気にとめたことはありませんでした。ところが今の時期、緑の葉っぱの影で控えめに咲く小さな花を発見…。近づいてみると、意外とかわいい花なのです。

 もう一つ、普段見ている枝の上の枝の葉っぱはおおよそ緑色(縁にちょっぴり赤みがあるものもありますが…)なんですが、木の幹からちょこんと出てきた葉っぱ(1㎝くらいの大きさ)は紅葉なんです。

「ふ~ん」から「へぇ~」…

2006年04月18日 23:34

「これはダイコンの花だよ。」…「ふ~ん」
子どもの反応は今ひとつです。
根回りの草取りをして…
「ほら、ダイコンの花だよ。」…「へぇ~」
子どもが知っている「ダイコン」を見せることで、
子どもの反応は明らかに変わりました。

好きなものは分けっこで…

2006年04月18日 23:14

 ビオトープの畑で草取りをしていると、1年生が近づいてきました。土の上に転がっていた青虫を見つけ、「先生、こんなところに青虫がいるよ。」と教えてくれました。私は、

「ありがとう。」とお礼を言い、ちょこんとキャベツの上に乗せてあげました。すると、「先生、優しいね。」と言ってくれたので、「キャベツは人間も大好き。でも、青虫も大好き。だから、人間が独り占めするのはダメだよね。仲良く分けっこしなきゃね。」と言うと、頷いてくれました。

1年生の給食がスタート…

2006年04月18日 22:11

 今日から、1年生の給食がスタートしました。つまり、午後まで学校にいるようになったわけです。昼休み、ビオトープを訪れる1年生もたくさんいました。写真の子ども達が覗き込んでいるのは、数え切れないほどのクロメダカ…目を丸くしながら見つめ、「メダカの学校」を口ずさんでいました。とってもかわいい姿でした。

ほんのりと色づき始めました…

2006年04月17日 20:17

 ここ二日、いい天気が続いたこの地方…、ビオトープのミザクラもまた少し膨らみほんのりと色づき始めました。食べ頃のゴールデンウイークに向かって一歩一歩時を進めているようです。

収穫しないでおいたら…

2006年04月17日 20:06

 これはカリフラワーが文字通り「フラワー」になったところです。収穫せずに残しておいたらこんなふうになりました。菜の花と比べると薄い感じの色合いです。

自然のリレー…

2006年04月16日 22:54

 1カ月ほど前に花をつけ、今は実を少しずつ膨らませ色づけ始めているミザクラの横で、その自然のバトンを受け取り、蕾を開き始めたツツジ…、こうして季節を感じながら自然のリレーは続いていきます。



最新記事