子ども達、さあ帰っておいで…

2006年08月31日 07:25


  人が歩くから道ができる…、

人のいない夏のビオトープは通り道にまで草が伸びています。

今の子ども達は、

草を踏み分けてまで自然に入っていこうとしない子が多いようです。

そこで、2学期の始業を前にして、

職員総出でビオトープのメインテナンスを行いました。

明日から2学期…、

子ども達、さあ帰っておいで…。

先生達もビオトープも待ってるよ。

絆…

2006年08月31日 07:07


  秋の終わりの恒例番組…「24時間TV」 

今年のテーマは「絆」だったようですが、それにしても、

人の世は「絆」を疑いたくなるような、

身近な人間による事件が多発していますね。

自然と向き合って、その愚かさに恥じ入ってもらいたい

…そう思ってしまいます。

こちらは今から…

2006年08月30日 07:19

  もう少ししたら、実りの秋です。

これはザクロの実…。秋に向けて実を膨らませ、今から仕上げにかかります。

鳥達に食べてもらう準備ができたら、

「はい、どうぞ。」とばかり、中身を自ら開いて見せてくれます。

今は、「ま~だだよ…。」です。

思い出話…

2006年08月30日 07:12

  アブラゼミが並んでいました。

そろそろ、アブラゼミの声がツクツクボウシに変わってきている季節…。

そんな折りにこの景色…。

何だか、この夏の思い出話でもしているようにも見えてきます。

肩車の…

2006年08月29日 07:04

  朝のビオトープを回っていると、

上下2段で咲いているツユクサを見つけました。

もともと、ツユクサは、斜め方向から見ると、

ミッキーマウスのようだなあ…なんて思っていたのに、

こうして咲いていると、肩車をしている親子のように見えませんか?

 「ほら、お池が見えるかい?」

「うん、見える見える! お魚がたくさん泳いでるよ。」

…なんて声が聞こえてきそうじゃありませんか?

認められた?

2006年08月29日 06:53

  子ども達が実を拾ってきて育てているドングリの木…、4年目になり、高さも2メートルほどになっているものもあり、もう「苗」でなく「木」と呼んでもいいかな…という感じですが、もしかするとセミの世界でも「木」だと認められたのかもしれません。ようやくこうして止まってくれるようになりました。

逆立ち…

2006年08月29日 06:46

  こんな形のチョウが逆立ちするのは、あまり見かけませんが、

いましたいました。

変わった好みの持ち主ななのか、

意外と人知れず日常的にやっているのか…、

もしかしたら、眠る時などは雨や夜露を避けるために、

こんなふうにしているのでしょうか。

自慢の羽が…

2006年08月28日 20:35

  雨上がり…、

イチモンジセセリがお気に入りの花ではないところに止まっていました。

羽を日光に当てたり、広げて風に当てたり…。

自慢の羽が濡れてしまったのでしょうか…。

チョウも日焼け?

2006年08月28日 20:21

  もうじき学校に帰ってくる子ども達も、

きっと真っ黒に日焼けしていることでしょう。

ビオトープで子ども達を迎える生き物の中にも、

子ども達と同じようにまるで日焼けしたようなものがいます。

ベニシジミ…、

夏型のベニシジミは、

黒色の鱗粉が発達していて日焼けしているように見えるのだそうです。

え? なんですって!?

2006年08月28日 06:42

  8月16日の記事でこの生き物を話題にしました。

林檎を切ったところみたいだとか、

かまぼこみたいだとか感想をいただいていました。

ここをクリックして飛んでみてください←

 

 ほかの生き物を調べているとき、偶然、この子の正体がわかりました。

アオバハゴロモ…、

なんと、セミに近い仲間なんだそうです。

え? なんですって!?

ツマグロヨコバイもやはり近い仲間だと言われると頷けますが、

セミに近い仲間とは…。

 

 てっきり、ガやチョウの仲間だと信じて調べていたので、

見つからなかったのですね。

 思い込みはいけない…、改めてこの子に教えてもらいました。

爽やかな朝を…

2006年08月27日 07:34

  可憐さも逞しさも合わせ持ったようなツユクサ…、

畑の空いたスペースなどに、どんどん進出して来て、

いつの間にか勢力拡大していますが、

ビオトープでは爽やかな朝を提供してくれる素敵な存在です。

その名の通り、

他の草花以上に、葉っぱに朝露を乗せている気がするのですが、

これは葉っぱのつくりによるものなのでしょうか…。

夕日を染め付けた…

2006年08月27日 07:22




  ビオトープ農園…、

今年はキュウリもよく採れましたが、

それ以上にこのミニトマトは大豊作でした。

昨年、味のよさが気に入って、今年も買った甘みの強いフルーツトマト…、

皮が少し固くて歯触りがしっかりとしています。

夕日を染め付けたようにとてもきれいな色をしています。

季節のスイッチ…

2006年08月26日 15:55

  ビオトープで、ついにツクツクボウシが今年の初鳴きをしました。

この声を聞くと、「夏休みが終わる」「秋が来る」という感じがします。

たぶん人によっても、地方によっても、感じ方は違うのだと思いますが、

このような「季節のスイッチ」は

誰にでもきっとあるのではないでしょうか。

習作…

2006年08月26日 06:56

  Kさん…、ビオトープに行った時、

ちょうど咲いていたナスの花と朝日の位置がよかったので、

再び、バックライトの撮影練習をしてみました。

花の背面からの強い光で、

今度は和紙というより、クリスタルな感じに見えませんか。

激しい自己主張…

2006年08月26日 06:54

  ツルレイシの実が熟しました。

緑の葉っぱの中に、オレンジ色の外皮から飛び出た真っ赤な種周り…。

私達が食べ物としていただく、

未熟な時期の実も独特の苦みを持っていますが、

それも含めて、何という激しい自己主張なんだろう…と思います。

ど~こだ?

2006年08月25日 06:58

  ビオトープの小道は、

夏休みは子ども達が歩かないので、少し草深くなります。

そこを歩いていると、

突然、キチキチキチキチ…とショウリョウバッタが飛び立ちました。

こちらが不用意に草に踏み込んでしまったので、驚かせてしまったのでしょう。

少し先の草の中に着地しました。

「どこだ?」…今度は驚かせないように、そ~っと近づきます。

いたいた…。

朝日に向かって…

2006年08月25日 06:51



  朝日を浴びて輝く葉っぱの上で、じっとしている虫を発見…。

こちらが接近しても一心不乱に朝日に向かっていました。

影をご覧になるとおわかりでしょうが、

ぴったり正確に朝日の方向を向いているのです。

何だか自然崇拝の宗教的な趣を感じた一コマでした。

季節の感じ方が…

2006年08月24日 06:57

  フヨウ…、前に紹介したムクゲと同じアオイ科の花で、

花期もほぼ重なるようです。

同じ時季に花を着け、一瞬、同じ花? と思うくらいの年もありましたが、

今年は様子が違います。

ムクゲは梅雨末期の頃、花をたくさん咲かせ、目を楽しましてくれましたが、

フヨウは、この花が今年の第1号…、ご覧のように近くに蕾がたくさんあり、

これからこの花を楽しめそうです。

植物によって季節の感じ方が違うのでしょうか…。

全身で…

2006年08月24日 06:42

 アオハナムグリ…、ミントの花に飛んで来ていました。

この虫の食事風景はとてもかわいいものです。

ネコがじゃれつくように、花に頭から擦り寄り、

全身を使って花粉の味を楽しんでいるようです。

嬉しくて仕方がない…というように見えます。

敵? それとも味方?

2006年08月23日 07:09

  ビオトープの小道にあるハチの巣…。

どんな風になったかな…と思って見に行くと、また一回り大きくなっています。

それでは写真を撮らせてもらおうかな…とカメラを構えると、

彼らは彼らで、

今、巣の近くにいるこのでっかいヤツが敵なのか味方なのか、

じっと見守っているようです。

ご覧ください。今いる3匹ともがカメラ目線です。

彼らはけっして好戦的なのではありません。

いただく命を…

2006年08月23日 06:56

 生き物はほかの生き物の命をいただきながら生きています。

こうしてクモを見ていると、

獲物を糸でしっかりぐるぐる巻きにしていますが、

自分がいただく命を粗末にしないように、

とても大切にしてるように見えます。

必要以上に他の生き物の命を手に入れ、

全部大切にいただくことができずにゴミにしたりしている人間は

見習わなくてはいけません。

モデルに牽かれて…4

2006年08月22日 07:07


  ビオトープに戻る前にもう一つだけ…。

モデルさん達の撮影を終えて、ふとランタナの花畑から目を足元に落とすと、

そこには小さく赤い花が…。

今回の撮影フルコースのデザートなのでしょうか…?

モデルに牽かれて…3

2006年08月22日 06:50

  いいことは続くものです。

前のモデルを撮り終えたと思ったら、そのタイミングで次のお客さん…、

ランタナの花畑は素敵な撮影会場になりました。

シオヤアブに牽かれてやって来て、とても素敵な出会いができましたが、

そろそろビオトープに戻らなければ…。

モデルに牽かれて…2

2006年08月21日 06:48

  この場所へ案内してくれたモデルさん…シオヤアブの撮影を終えると、

そこにはチョウチョも食事に来ていました。

これはチャバネセセリ? 羽の模様は一直線…イチモンジセセリ? 

花の間を素速く飛びながらの食事…。

カメラ修行にはもってこいのお相手です。

かわいい新モデルさんとの出会い…。シオヤアブに感謝です。

モデルに牽かれて…1

2006年08月21日 06:42

  ビオトープの小道でシオヤアブに出会いました。

カメラ新機種の修行中の身としては、絶好の被写体との出会い…。

すると、このモデルさん、

カメラマンを牽引して体育館前の花壇まで移動…。

「撮るんなら、ここで…。」とばかり、咲き誇るランタナの上に止まり、ポーズ…。

確かに花とのコントラストでボディも栄えるし…、

季節感も出る。あ、目に★まで入ってる!

見回り?

2006年08月20日 19:02


  オクラの実を見ていると、

その上をあちらこちらに忙しく動き回っているテントウムシが1匹…。

「こっちのはあと3日くらいかな…。こっちは明日には大丈夫…。」

…そんな風につぶやきながら見回りでもしているようでした。

ピーマンの葉の上で…

2006年08月20日 18:53


  ビオトープの畑でナスやピーマンの花を撮っていると、

わざわざ飛んで来たチョウが1匹…、

ピーマンの葉の上でポーズ…。

あまりの美しさにびっくりしました。

カメラの前にすすんで現れるとは、

自分のこの美しさを知ってるのでしょうか…。

暑い日はじっと…

2006年08月19日 06:47


  カマキリ君がアオギリの高い枝までお出かけをした後、

アジサイの葉っぱの陰で、

じっと我慢のお留守番をしているカタツムリ…、

この地方は昨日から丸1日以上、

台風がもたらした雨が降り続いていますが、

今頃きっとカマキリ君と入れ替わって、

大喜びでそこらじゅうを歩き回っていることと思います。

よかったね、よかったね…。

もっと遠くを…

2006年08月19日 06:39


  アオギリの高い木を、上へ上へと登っているカマキリに出会いました。

普段はこの木の足元のアジサイに住んでいるのでしょうが、

この日はもっと遠くの景色を見たくなったのでしょうか。

しばらく見ていると、4mほどの高さの枝まで行っていました。

お目当ての景色とは出会えたでしょうか…。

今日は望むべくもない景色…

2006年08月18日 20:16

  今日のこの地方は、

迷走(いえ…あまりに進みが遅いので、迷歩?)台風のせいで、

終日雨で、このような景色は望むべくもないのですが、

台風が来る前、

新しいカメラを使って撮影の練習をしました。

「う~ん、思うようにいかない…。」

なんてブツブツ独り言を言いながら…。修行です。

修行中の弟子…

2006年08月18日 06:58

  この日は弟子(息子)といっしょにビオトープへ…。

あちらこちら撮って回っているうちに、いい獲物を見つけたようです。

真剣な表情でカメラを構えていました。ちょっと頼もしい弟子の姿でした。

 

このアゲハのカップル…

大きさがずいぶん違って、飛ぶときはちょっと辛そうでした。



最新記事