今年も「共生」の姿を…

2007年01月31日 07:00

  ビオトープの畑で、

大きな葉を広げて日の光をたっぷり浴びて、ぐんぐん育つキャベツは、

その一番外側の葉っぱをアオムシに提供しています。

アオムシはこの葉っぱの上でこの葉っぱを食べながら大きくなります。

そして、

そのアオムシが開けた葉っぱの穴からはホトケノザがくぐって出て来ています。

今年もこうした「共生」の姿に出会うことができました。

虫を待ちわびて…

2007年01月30日 07:01

  いくら暖冬とは言っても、

虫達が私達の目につくところに現れることはほとんどありません。

しかし、子ども達は虫の登場を待ちわびているようです。

この子は、冬の生き物を調べるためにビオトープにやって来ましたが、

「虫がいないねえ~。」と寂しそうでした。

そこで、「その石(20~30㎏くらいありそうなもの)をひっくり返してご覧。」

と声を掛けました。その子は、すぐに石をひっくり返し、

そこにいたのがこのクモでした。

その子は、まるで恋人にでもあったかのように、

愛おしそうに掌に乗せて、とても嬉しそうでした。

まるで…

2007年01月29日 06:51

  まるで花びら1枚1枚が動いているような花を見つけました。

こうしてみると、

満開の位置まで花びらが開くのにはその速さに差があるのでしょうか。

一つの花としてではなく、

薄紫の花びら1枚1枚にエールを送りたくなりました。

蕾が…

2007年01月28日 07:50

  子ども達は、雨でさえなければ毎日、畑へと出かけていきます。

毎日、水やりお世話を受けて、野菜達は青々と元気に育っています。

ブロッコリーの葉っぱの間を覗くと、

蕾がだんだん大きくなってきているのが見えます。

昨冬はブロッコリーと思って楽しみにしていたら

カリフラワーで残念に思ったのですが、

今年は間違いなくブロッコリーのようです。

小屋の中も…

2007年01月27日 09:40

  できれば外を自由に駆け回ってほしい…。

ただ、今のビオトープの環境では、少々無理があるのかも…。

ならば小屋の中の環境を少しでもこの子達が望むようにしてあげたい…。

そこで、子ども達といっしょに、小屋の中に1tの土を入れました。

すると、その明くる日には早くも深い横穴ができていました。

ここなら、安心して子育てができるのではないか…と、静かに応援しています。

わくわく…

2007年01月26日 06:56

  蕾を見つけると、わくわくします。

洋々たる未来を感じさせてくれるからです。

子ども達も「人間の蕾」…

「この蕾はどんな花が咲くのかな。」とやはりわくわくします。

その子ども達が、

ビオトープで小さな蕾を見つけて優しい眼差しを向けてくれているのを見ると、

とても幸せな気分になるビオトープじいちゃんです。

いよいよ…

2007年01月25日 06:54

  今、ビオトープの入口近くに、菜の花(かつおな)が咲いています。

ビオトープにも、日に日に花の色が増えてきているように感じます。

この冬…、大きな寒気が来ないまま、

いよいよまっすぐ春に向かうのでしょうか? 

やはり一冬に1~2度は、雪化粧のビオトープもみたいものです。

花咲じいさんのお話…

2007年01月24日 05:41

  「この畑にね、ビオトープじいちゃんが花咲じいちゃんになって、

        みんなへのプレゼントの花の種を蒔いているよ。見てご覧。」

「あ、ホントだ~。小さな芽がたくさん出てる~!」

「そうだね。でもこのときが一番弱いんだよ。

  種のときなら、少し踏まれたくらいでは大丈夫だけど、

  今は踏まれたら潰れて死んじゃうよ。

  だから、みんなで踏まないように見守ってあげてね。

  入っているお友達を見つけたら、『お花が潰れちゃうよ』と教えてあげてね。」

「は~い!」

「何が咲くかは内緒だよ。みんながしっかりと守ってくれたら、

                          春に素敵な花畑ができるよ。」

「え~、内緒~!?  でも、楽しみだな~。」

ふれあい②…

2007年01月23日 06:51

  小ちゃいこの子は、井戸のポンプに初めて触ってみて何を感じたのでしょう。

約2時間ほどの「にじいろデンボ倶楽部」の活動の中で、

あっちに歩きこっちに歩き、

お花を見つけたりウサギさんに会ったり、

自然と、お家の方と、多くの人達と…、

たくさんのふれあいができたのではないかと思います。

「また今度、来てくださいね。」

ふれあう…

2007年01月22日 06:39

  「にじいろデンボ倶楽部」では、

ビオトープを守り育てる作業を行っていますが、

ここでは自然とのふれあいができるばかりでなく、

人と人とのふれあいもたくさんできています。

ビオトープのあちらこちらで、

何だか心温まる風景をよく見かけることができます。

みんなで守る・つくる…

2007年01月21日 08:08

  昨日は、毎月1度の「にじいろデンボ倶楽部」の日でした。

3日くらい前までは雨の予報で、開催が危ぶまれていましたが、

前線が北上せず、とてもいい天気でした。快適に作業をすることができました。

最近は、参加メンバーが作業に慣れ、

それぞれが「自分の作業」として役割をこなしているように感じます。

役割分担などないのに、各自がその場で自分の役割を見つけ、

「このビオトープを、みんなで守る・つくる」という感じになっています。

ご参加の皆さん、お疲れ様でした。

地上すれすれに…

2007年01月20日 07:25

  タンポポもまた、今の季節は花茎を伸ばさずに、

地上すれすれに咲いています。

この高さだと温かいのか…それとも強い北風から身を守るためなのか…、

いずれにしてもかわいい咲き姿です。

タンポポの花って、改めてよく見ると、

花びらが何重にもなっているのに、

下の花びらを隠さないように上の花びらがついているんですねえ。

ここでも…

2007年01月19日 06:44

  昨日のオオイヌノフグリもそうでしたが、

この季節…地上5cmの世界が楽しみです。

ここでもまたムラサキカタバミがかわいい花を咲かせていました。

本格的な春を前に、

しばらくこんな「小さな春」を探しながらビオトープを歩こうと思っています。

あちらこちらで…

2007年01月18日 06:45

  この地方では、このところ最高気温が10℃くらいの毎日です。

やはり少々温かめなのかな…という感じです。

そんなこの冬の気候を敏感に感じて、

ビオトープのあちらこちらでは、こうして春が始まっているようです。

ぼくらだって…

2007年01月17日 07:42

  「ビオトープじいちゃん、橋つくりよ~と(つくってるの)?」

「だれが?」「ぼくもしたい!」…

1年生の子ども達が矢継ぎ早に質問を投げかけてきました。

何でも、給食の「ごちそうさま」が早くできたらしくて、

一番早くビオトープに来たのです。

昨日紹介した4年生の面々もまだ来ていません。

そこで、少しだけ杭を打たせてみました。

まだまだ彼らの力では、杭はビクともしません。

それで「ツインパワー」を試しているようです。

今はまだ非力の彼らが、

ビオトープの次代を支えてくれることになるのだと思います。

その日のために、今日はいい予行練習になりました。

挑戦…

2007年01月16日 06:59

  ビオトープ担当の掃除の子達…、

ビオトープに落ちているゴミを集める仕事ですが、

ビオトープにゴミが落ちていることはほとんどなく、

点検活動という感じになっています。

先週、「先生、何かすることありませんか?」と尋ねてきましたので、

「うん、それじゃあここの丸木橋を造り替えてご覧。」と応えると、

子ども達は大喜び…。

丸3日間、昼休みと掃除時間を使って、一生懸命につくりました。

慣れない杭打ちには苦労していましたが、

つくり上げた子ども達の顔は晴れ晴れとしていました。

素敵な声で歌っているのは…

2007年01月15日 06:57


  ビオトープに、今まであまり聴いてなかったような、

素敵な声で歌っている鳥が高い枝に止まっていました。

目の回りが白いようですし、チィ~チィ~と長く鳴いていましたが、

これってメジロですかね?

鳥達はたくさんの種類が来ているようですが、

カメラに収めることはなかなかできません。

かなり遠くでも、カメラを構えると警戒して飛び去ってしまうのです。

今回は、一生懸命に歌っていたからか、

辛うじてズームをいっぱいに伸ばして姿を捉えることができました。

ここでは…

2007年01月14日 07:28

  最近の子ども達は、学年の違う子と遊ばない傾向にあります。

昔はガキ大将を中心とした縦割り集団があり、その集団の中で、

ルールや遊びなどいろいろなことが後輩へと伝承されていたようですが、

今の子ども達はそのようなつながりが弱くなっているようです。

そんな中、ビオトープの水辺を囲んで、

複数の学年の子ども達がいっしょに遊んでいました。

笹舟(笹の代わりに柳ですが…)を浮かべてレースをしているようです。

ここでは、昔の様子が復活しているようで、嬉しく思いました。

元気です…

2007年01月13日 07:42

  実は、年末に引き抜かれるという悪戯に遭ったブロッコリー…、

自然のこと、命のこと…、まだまだ学校の外まで伝えきれていないようです。

一歩一歩地道にアピールしていくしかありません。

ブロッコリーだってへこたれてはいません。

このように元気です。もうじき花芽を着け始めることでしょう。

寒くなかった…?

2007年01月12日 06:52

  ビオトープの畑の傍に吹き溜まっていた落ち葉を動かすと、

その中からカタツムリが見つかりました。

しっかりと殻の中に身を隠していますが、

いきなり外界に晒されて、寒くなかったかな?

シャッターを2・3枚切らせてもらったあと、

元のように上から落ち葉のおふとんを掛けてあげました。

これはちょうどいいのか…?

2007年01月11日 06:29

  畑の水やりをしてきた子ども達が、

イチゴに花が咲いているのを見つけました。

これはちょうどいい時季なのか? 

この冬、こうして咲いている花を見つけると、

本当に咲くべき時季に咲いているのか、

暖冬のせいで間違えてしまったのか…と考えてしまいます。

子ども達が帰ってきた…

2007年01月10日 07:02

  昨日は、3学期の始業式…。午前中の3時間しか学習はありませんが、

その間の20分間の中休み…、子ども達がビオトープに帰ってきました。

この冬では1・2の寒い日でしたが、

そんなことは関係なしに走り回る子ども達…。

学校ビオトープは、子ども達がセットで成り立っているんだ

…と改めて感じます。

新鮮野菜を…

2007年01月09日 06:47

  本校のウサギさん達は、新鮮野菜をたっぷりといただいています。

親切なやおやさんからニンジンやキャベツなどを毎日いただいています。

それに加えて、

ビオトープから採ったばかりのクレソンをたっぷりと食べることができます。

クレソンはとくにお気に入りのようで、

小屋に入れてあげるとすぐに食べ始めます。

写真を撮ろうとそばに居座っていると、何だか不満顔でこちらを見ています。

「出て行ってよ。落ち着いて食べられないじゃない…。」

なんて訴えているのかな?

寒さなんかに負けられない!?

2007年01月08日 09:20

  春かと思うような気候が続いていたかと思ったら、

一転、この冬一番の寒さとか…。冷たい北風が吹き荒れています。

が…、温かいから…ではなかったのか、

途中で寒さが来るのも想定済みだったのか、

「寒さなんかにまけられない」から根性で…なのか、

いずれにしても元気に花開いたノゲシでした。

きっと開く…

2007年01月07日 08:19

  今週は少し冬らしくなりそうです。

天気予報では北部九州でも雪が積もると言っています。

今のところ、まだ積もってはいないけれど、

空気の冷たさは冬らしい感じです。

そんな中でスタンバイしているこの蕾…、

大丈夫かな? と心配しているけれど、

きっとまもなく開くのだと思います。

この葉のつくりは…

2007年01月06日 08:15

  朝露を集めて水玉をつくっているブロッコリーの葉っぱ…、

茎にくっついている葉っぱは

このようにスプーンのような変わったかたちをしているのだけれど、

わざわざこんな形になっているのでしょうか…。

ご覧の通り、確かに水を無駄にはしていませんよね。

「赤」を…

2007年01月05日 08:09

  この季節は花が少ないので、どうしても景色の中で赤色が少ないようです。

ビオトープで貴重な「赤」を見せてくれているのは、クロガネモチの実です。

ビオトープのちょうどど真ん中にあり、

ビオトープのシンボルツリーとして植えられたものです。

最近は、成長の早いヤナギの木の方が目立っているのですが、

常緑の葉と赤い実で、

この季節は主役の座を奪還することができているようです。

蕾も花も…

2007年01月04日 08:18

  今はいったいいつの季節なのか…? 

一帯の緑、そして蕾あり花あり…。 

ちょっとした作業をすると汗ばむほどで、もちろん上着などはいらない。

例年だと、この時季の朝のビオトープ池では、

15℃の地下水の出口では温泉のように湯気が見えているのに、

今年はそんな景色が見られません。 

我が息子はしもやけに悩まされることはないようだけど、

はたしてこれでいいのか…。

やっぱり咲いた…

2007年01月03日 13:37

  やはり今冬は季節感が狂ってしまいそう…、

車を走らせているとコスモスがびっしりと咲いている花畑がありました。

ビオトープの畑でもこのように蕾をつけたスナックエンドウが、

今日はやっぱり咲いていました。

霜にやられたジャガイモと違って、

スナックエンドウは寒さに強いようですが、

それにしても、「今ごろ花!?」と思ってしまいます。

葛藤…

2007年01月02日 07:39

  冬休み…、野菜を持って毎日ウサギさんのところに通っていますが、

この子達…小屋のドアを開けると、大急ぎで巣穴に隠れてしまいます。

野菜を真ん中に置き、写真でも撮ろうと少し離れたところにしゃがんでいると、そろりそろりと巣穴から這い出してきて、

迂回しながら野菜のところに辿り着き、

目でこちらを警戒しつつ、むしゃむしゃと食べ始めます。

  こんな様子を見ながら、私の心には葛藤が…。

「毎日、餌を持って来ているのだから、敵じゃないのはわかるだろ? 

  そろそろなついてくれよ。」とも、正直なところ思いますし、

「いやいや、他の生き物を警戒するその野生の本能をけっして失わないで。」

とも思うのです。

あけましておめでとうございます…

2007年01月01日 00:33

  あけましておめでとうございます。

   昨年はたくさんの応援ありがとうございました。

    今年も、しっかりと自然と向き合いながら、

    かけがえのない命を見つめることができる子ども達を

    育てていきたいと思います。

    今年も、どうぞよろしくお願いいたします。



最新記事