来年の準備…

2007年12月31日 00:10

  今年最後のウッドチップ搬入です。

来年、さらに豊かなビオトープになるための準備です。

このでっかいトラック一杯(運送費込み)で¥10,000-です。

ホームセンターで売っているものは、

一袋で何千円もしますから、相当に安いと言えます。

しかし、これを敷き詰めたビオトープは、子ども達が気持ちよく上を歩き、

地中にはカブトムシなどがたくさん育ちますし、

ヒノキを中心としたとてもよい香りを放っているのですから、

こうして運び込んだウッドチップは、「宝の山」です。

来年がまた楽しみです。

  皆さん、今年もたくさん訪問&コメントいただき、ありがとうございました。

よいお年をお迎えください。

黄一点…

2007年12月30日 00:27

  ビオトープの「ドングリの森」…、一面の茶色の景色の中…、

紅一点ならぬ黄一点という感じで黄葉が残る枝先に目がとまりました。

とても綺麗な黄色は、素敵な花びらのようです。

寂しい冬の景色もこうしてみると、いろんな「素敵」があるものです。

ビオトープで…

2007年12月29日 01:16

 冬休み…、さすがにビオトープの人影も少なくなりますが、

今日は嬉しい姿に出逢いました。この子達は、本校の卒業生…、

ブラスの自己練習の場所としてビオトープを選んだんだそうです。

静かなビオトープに3つの楽器の素敵な音色が響いていました。

冬の花火…

2007年12月28日 00:11

  パァンパァン…パンパンパンパン…パチパチパチパチ…

冬休み…、ビオトープの小道の日陰で、ヤツデの花火が弾けています。

色も目立たず、場所も場所だけに、きっと気づく人もほとんどいないのでしょう。

それでも、こうして元気よく弾けています。

葉っぱの下に…

2007年12月27日 00:37

  今月の「にじいろデンボ倶楽部」で、

子ども達と、落ち葉で虫の住み処をつくりました。

どんな虫が住むか、とても楽しみですが、

そこから少し離れた場所で写真のようなものを発見しました。

これは、木と木の間をアオギリの落ち葉で塞いだ、

子ども達の「秘密基地」です。

中を覗いてみると、子ども達が2人くらいしゃがめそうな空間があります。

つまり葉っぱを隠れ家にしようとしたのは、

虫ばかりでなく、子ども達もそう考えたということです。

山盛り…

2007年12月26日 01:12

  ウサギさん…、ごめんなさい。前夜にちょっと飲み過ぎて、

何だかお酒が残っている気がして餌を運んであげられなかった…。

次の日、2日分貯まっていた野菜を届けると、

待ってましたとばかりに、山盛りの野菜の周りに集まるウサギさん達…。

ショリショリショリショリショリショリショリショリ…、

おいしそうに食べているウサギさん達をしばし眺めていました。

名残…

2007年12月25日 00:04

  すっかり寂しくなったこの季節の景色の中で、

踏ん張っているコスモスの花…、そしてサクラの葉っぱ…。

一昨日は、まるで台風のような風が吹いたというのに、

その強風にも飛ばされることなく、頑張っていました。

季節はすっかり冬だけど、秋の名残をもう少し見ていたい…、

そんな気がします。また明日、会えるかな…?

いいなあ~

2007年12月24日 07:53

  ビオトープに楽しそうな笑い声が響いていました。下池の方からです。

行ってみると、男の子1人と女の子3人が観察デッキに寝転んで、

水の中を覗き込んでいます。

水面から反射した日の光で、4人の笑顔は輝いていました。

自然を愛でる気持ちに男の子も女の子もありません。

仲良く遊ぶ姿…、いいなあ~と思いました。

秋色…

2007年12月23日 00:43

  秋色と言えばやっぱり茶色ではないでしょうか…。

ドングリはその代表…、実も落ち葉も茶色がとっても素敵です。

実をよく見ると縦縞の濃淡が…、葉っぱもやはり色の濃淡が…、

加えて地面のチップも手伝って、いい感じです。

見~っけ!…②

2007年12月22日 08:22

  昨日のカタツムリに続いて、さらにビオトープを探していると、

テントウムシに出逢いました。

ここは花咲く日溜まり…。ここだけはまるで春のような景色です。

冬籠もりをしていても、温かい日には、ちょっと住み処から出て来て、

食事でもしているのでしょうか…。

見~っけ!

2007年12月21日 00:05

  虫達の姿がめっきり減ってきたこの季節のビオトープ…、

それでもどこかで出逢えないかと探していたら…。あっ、見~っけ! 

アオギリの葉っぱの上を散歩しているカタツムリ…。 

君は寒くはないのかな? 何を食べて暮らしているのかな? 

いっしょに過ごす友達はいるのかな?

収穫…、そして…

2007年12月20日 01:04

    9月から育ててきた野菜達…、ついに収穫するときがきました。

地面の上で育っているハクサイはずいぶん大きくなっていたのは、

子ども達も知ってはいましたが、採って抱えてみると、ずっしりと重く、

ますます大きく感じたようです。

地面の中に隠れていたダイコンやカブ,ニンジンもけっこう大きく育っていて、

子ども達は大満足でした。

この後、家庭科室に移動し、豚汁をつくり、おいしくいただきました。

この季節を楽しむ…

2007年12月19日 00:09

  今月の「にじいろデンボ倶楽部」は、

虫達が少なくなったこの季節を楽しむことができました。

落ち葉や古い材木を使って、虫達の住み処をつくり、

シーズンオフの畑には、別の場所で芽吹いた菜の花を移植し、

春のビオトープを想いました。

活動後は、おやつのためのジャンケン大会…、そして恒例の記念写真…、

今月も充実した活動になりました。

テーマは…

2007年12月18日 07:15

  今回の「にじいろデンボ倶楽部」…、テーマは「再利用」です。

捨てればゴミになってしまうもの…、例えば落ち葉や古い材木も、

使えば自然の役に立ちます。ここでは、10月に退役した橋を解体しています。

大人達が太い釘を抜き橋桁から板を外し、子ども達がその板の釘を抜く…、

釘抜きを初めて体験した子もいました。部材は分別し、

そのまま再利用できる板は倉庫内に保管…、

朽ちかけた板は、杭の囲いの中に積んで虫達の住まいに…、

橋桁部分もウッドチップに埋めて、虫達の住まいやご馳走になります。

生き物の住み処…

2007年12月17日 00:21

  今回の「にじいろデンボ倶楽部」では、

これからビオトープをつくろうとする、南当仁小の方々に、

できるだけお金をかけずに簡単に取り組むことができる

ビオトープづくりを提案しようと考えました。

この写真の中で子ども達が取り組んでいるのは、

「生き物の住み処づくり」です。

上は、たくさん落ちているアオギリの落ち葉を集めて、

下は、掛け替えた後の古い橋の材料を積んで、つくりました。

人が踏みつけたりしないように、

杭で囲んだところに落ち葉や朽ちかけた板材を積んで置くだけで、

そこは生き物達の隠れ家にもあるいはご馳走にもなるのです。

ビオトープをつくる…

2007年12月16日 00:32

 昨日は「にじいろデンボ倶楽部」の日…。今回は、

これからビオトープをつくる熱い仲間が、本校の活動に参加されました。

お客様は「(福岡市)南当仁小おやじの会」の方々です。1週間前、

学校にお邪魔し、本校の取り組みを紹介させていただいたのですが、

1週間後には、こうして本校のビオトープそのものを視察され、

ビオトープの活動も体験されました。

きっと南当仁小にも、この「おやじパワー」で、

素敵なビオトープができていくことでしょう。

本校も負けないように頑張り続けなければなりません。

(実は、本年度のビオトープ・コンクール…、全国大会行きの一歩手前の

                             銀賞という結果でした。まだまだ頑張りが必要です。)

落葉の後に…

2007年12月15日 07:25

  今、落葉の真っ盛りです。

日に日に落葉樹は冬スタイルに変身していきます。

このモミジの木も半分以上が落葉しました。すると…、

その落葉が終わった高い枝に見えたのはアシナガバチの巣、

すでに空き家のようですが、

こんなところにけっこうな大きさの巣をつくっていたのです。

上手な場所につくったものです。

実はもっと暖かい時季にアシナガバチを多く見かけて、

この木に巣がないか探したことがあったのです。

アシナガバチの勝ちですね。  

掌に…

2007年12月14日 06:56

  アオギリの大きな葉っぱがどんどん落ちてくるこの頃…、

ふと見ると、掌に地球が載ったイメージの「夢の門」…、

その掌にアオギリの葉っぱがいっしょに載っていました。

誰かがここに乗せたのか…、それとも風のいたずらなのか…、

いずれにしてもちょっぴり素敵な一コマになりました。

耳でも楽しむ…

2007年12月13日 00:18

  この季節の楽しみの一つは落ち葉…、
素敵な落ち葉がないかと子ども達はよく探しています。
そうして見て楽しむ方法は当然あるのですが、耳でも楽しむことができます。
アオギリの葉っぱはとても大きく、落ち葉は道を覆い尽くすほどです。
そんなアオギリの落ち葉を踏み踏み歩くと、シャリッシャリッといい音がして、
耳でも楽しむことができるのです。  

どんなふうに冬を…

2007年12月12日 18:01

  枯れ葉色が目立つようになったビオトープで、

それでも生き物に会いたくて、あちらこちらを歩いていると、

漫画のようにひょうきんな目をした虫に出逢いました。

そのおどけた表情を見ていると、まるで寒さが辛くないように見えましたが、

本当はどうなのでしょう。

ドングリの枝の高さ1m50㎝くらいのところにはカマキリのタマゴが…。

南国九州ではここまで雪が積もることはありませんが、

北国ではカマキリのタマゴの生み付け位置を見ると、

その年の降雪量の予測がつくのだとか…。

あまり姿が見えなくなった虫達…、

どんなふうにこの冬を過ごそうとしているのか…、

自然は本当に奥深いものです。

青空が…

2007年12月11日 07:01

  先週金曜日に、

あいにくの雨で延期になった3年生以外の5つの学年の持久走記録会が

青空に応援されながら無事行われました。

かわいく一生懸命にビオトープを駆け抜けていく1年生達…、

経験を重ねて、カーブが続くコースを上手に体を傾けながら

スピードをキープして走るお兄ちゃんお姉ちゃんの学年の子ども達…、

みんな、よくがんばったね。

自らで…

2007年12月10日 01:03

  委員会活動の日…、ビオトープを点検しながら、

「ここ、両方の水で浸食されて、道が狭くなったよね。どうしようか…。」

子ども達は、現場で話し合いを始めました。

「丸太で護岸をつくろうか。」…こんな作業に手慣れてきた子ども達は、

その方法まで自らで考え、どんどん作業を進め、

上手に護岸をつくり上げました。お見事、環境委員会のみんな!

それぞれの秋…

2007年12月09日 00:16

  昼休み…、女の子達は、落ち葉を踏む音を楽しみながら、

ビオトープの小道を歩いていました。

男の達は、池を覗き込んでザリガニハンティング…。

北風が冷たくなってきた最近でも、こうしてそれぞれの秋を楽しんでいます。

持久走記録会…

2007年12月08日 07:15

  今日は持久走記録会の日…、

ところがこの1週間でたった1日だけ、朝から小雨模様です。

応援にいらっしゃるお家の方々には、

「出走の時間の天候で実施を判断します」とお知らせしていたので、

最初に走る予定だった4年生は延期を決断。

何とか雨が一時上がった3年生だけがこうして実施することができましたが、

後の学年はその後、雨が強くなったため、月曜日に延期となってしまいました。

雨の間を縫ってレースをした3年生達…、

ビオトープ・コースを元気に駆け抜けて行きました。

この季節に…

2007年12月07日 06:58

  北風が冷たく、南国九州でも一桁の気温の日も見られるようになりました。

しかし、そんなこの季節に咲く花もあります。

草は本格的な冬を迎える前に実を熟させようと、

木は来るべき春の結実に向けての花を咲かせています。

一方は小道の日溜まりで、他方は木の枝の上の方で、

なかなか気づきにくいところで控え目な花を咲かせています。

それでもこの花達の存在に気づくことができる子ども達も増えて来ました。

嬉しいことです。

紅葉を見つめて…

2007年12月06日 00:45

  モミジの木の下に集まり、紅葉を見つめる子ども達…、その感性をいっぱいに使って言の葉を放ちます。「見て見て、この葉っぱの中で火が燃えているみたい…。」「こっちでは、葉っぱがたくさん泳ぎに来ているよ。」「水に浮かんだ葉っぱを見ていたら、水がゆらゆら光っているよ。」…一つ一つがとても素敵な詩のようです。

素敵な色に…

2007年12月05日 06:59

  ビオトープのモミジが素敵な色になりました。

直接日差しが届く時間になると、順光で眺め、逆光を楽しみ…、

といろんな紅葉を味わっています。木の周りには、

同じようにいろんな形で紅葉を楽しむ子ども達の姿がありました。

(次回、紹介します。)

何と…

2007年12月04日 06:56

  全く葉っぱのついていない枯れ草の枝に止まり、

吹いてくる冷たい北風に耐えていたのは、何とモンシロチョウです。

チャーミングなぱっちりお目々で何を想っているのでしょう。

羽の様子から見ても羽化してまだ時間が経っていないようですが、

上手に餌を見つけられるでしょうか。がんばるんだよ。

食べ物ある?…

2007年12月03日 04:53

  自分達が育てている水菜を見に来た2年生…、

その上にいたカマキリを見つけてお話をしています。

「寒くないと? 食べ物あると?」 

しばらくお話をした後、その子はカマキリを水菜の森の上へ…。

何だか優しく素敵な景色でした。

心の底から…

2007年12月02日 01:10

  休み時間に必ずビオトープを訪れる3年生の女の子達…、

毎日毎日何かと出逢おうと何かを見つけようと、

ビオトープのすみずみまで歩き回り探し回っています。

そして、「こんな綺麗な葉っぱを見つけたよ~。」…と見せてくれたと思ったら、

たまたま教室にいた私をわざわざ呼びに来て、

「卵のようなのと、小さなレンコンのようなのと、

     そしてザリガニのハサミのようなのが地面から出て来ていたよ。」

と教えてくれました。

この子達…、心の底からビオトープを楽しみ、

素敵な自然との付き合いをしているようです。

やはり…

2007年12月01日 07:10

  こうして風が肌寒く感じ始めると、

「温暖化」についての話題が少なくなる感じもしますが、

この季節まで、まだこうしてトンボに出逢うことができるなど、

やはり「温暖化」の影響では? …と思えることはたくさんあるようです。

私達、人間が招いた「温暖化」…、

解決をし終えるまで、忘れてよい季節などあり得ません。

子ども達に、健康な地球を…。弛みなき努力が必要だと思います。



最新記事