秋の主役は…

2008年03月31日 00:00

  秋の主役のモミジは、この季節…、

あまり自己主張せずに活動を始めました。

とても小さな芽が開くとき、やはり小さな紅葉が見られます。

生き物達のこんな小さな表現も見逃したくない…、そんな春です。

次々と…④

2008年03月30日 00:00

  ビオトープ農園で、冬越ししたイチゴが花を着け始めました。

昨年は、あまり数ができなくて、ナメクジさんに先を越されて、

人間達の口には入りませんでしたが、今年はどうでしょう…。

ウサギの野原でも、2番目のレンゲが見つかりました。

ウサギさん達がレンゲ畑を走り回る日も近いようです。

目立たないけれど…

2008年03月29日 00:00

  今やビオトープのシンボルツリーの如く成長をしたヤナギ…、

目立たないけれど、実は静かに花を咲かせていました。

遠景(写真・上)だと分かりませんが、

近づくと(写真・中)…ん?毛虫?

と言いたくなるような花がたくさん連なっています。

小鳥達にとっては、けっこう助かっているのか、近くの木から、

この緑のカーテンの中に飛び込んでは、花を啄んでいるようです。

雪被り…

2008年03月28日 00:00

  本格的な春の真っ直中に差し掛かっているのに、

まるで一面に雪を被ったような一角があります。

枝が全く見えないほどに花が着いたユキヤナギさんが「住む」場所です。

雲一つ無い空の下、仲良しのノゲシさんと共同生活をしています。

春の風景…

2008年03月27日 00:00

  上池には水面を覆うようにクレソンが繁茂しています。

遠景には満開の菜の花畑が見えます。(写真・上)

その菜の花畑に近づくと、とてもいい香りがしてきます。(写真・中)

そして、その花の根本の方には、

ご覧のようについにモンシロチョウの姿を捉えました。(写真・下)

次々と…③

2008年03月26日 00:00

  ビオトープの植物達が次々と花開き、春を告げています。

「私も…」と次に手を挙げたのは、ハクサイです。

育つ中身を支えきれずにパチッと弾けたところから蕾が顔を見せました。

あと数日もすると花を見ることができるでしょう。

ビオトープの入口では、少し先行していたツバキが一つ開いていました。

一輪、二輪、三輪…そして…

2008年03月25日 00:01

  ビオトープのソメイヨシノの一番咲きを確認して3日が経った昨日…、

木の下を通り、枝を見上げてみると、

一輪、二輪、三輪、四輪…、十ぐらいのグループで、

開花を確認することができました。

帰宅途中のラジオからは、

「福岡地方、ソメイヨシノの開花宣言」と聞こえてきましたが、

ビオトープもご覧の通りの「開花宣言」となりました。

種々の…

2008年03月24日 00:00

  ビオトープの畑では、いろいろな菜の花も咲き始めました。

写真・上は、カブの菜の花です。根っこと同様、花もちょっと丸っこく見えます。

写真・中は、ミズナの菜の花です。

こちらは、その葉っぱのように、花びらもちょっぴりスマート…。

そして、写真・下はおなじみアブラナの菜の花です。

ここには、早くもハチさんがやって来ていました。

次々と…②

2008年03月23日 22:15

  ビオトープのあちらこちらで次々と、花々が、我も我もと咲き始めました。

そして、それをいち早く感じ取った虫達も、早速飛び始めました。

この日は、モンシロチョウとモンキチョウに出逢いましたが、

まだ、信頼関係を築けていなかったのか、姿を撮らせては貰えませんでした。

次々と…

2008年03月22日 00:01

  ビオトープでは、植物達が次々と春を告げ始めています。

今日、ついにソメイヨシノの一番桜が咲きました。

福岡の開花予想日は、3月26日ということですが、

5日早い一番桜…、これからしばらく楽しむことができそうです。

そして、池の近くでは、ツクシがご覧の通り、地面から顔を覗かせていました。

ミザクラの下で…

2008年03月21日 00:03

  卒業式の記事が挟まりましたが、もう一度「にじいろデンボ倶楽部」…。

川づくりの作業を終え、今回はいつもの上池の橋の上ではなく、

満開のミザクラの下で記念写真を写すことにしました。

昨年までは3月の活動がなかったので、この写真は撮れませんでしたが、

今年はこうして実現しました。

改めて、開催を引き受けてくださった環境委員のお母さま方に

感謝の気持ちでいっぱいです。

巣立ち…

2008年03月20日 14:41

  満開のミザクラやユキヤナギが咲き誇る春の良き日…、

6年生の子ども達が巣立っていきました。幸い天候にも恵まれ、

ビオトープの花道もとても気持ちの良い見送りになりました。

卒業生といっしょに歩く担任や兄弟もニコニコ顔…、

あっ、赤ちゃんもカメラ目線…。

おめでとう、おめでとう。みんな…、卒業おめでとう。

大きな石も…そして…

2008年03月19日 00:00

  (前回より続く) 導水と少し話が前後しますが、

川を掘っていると、地中から数年前堤防にしていた石が出てきたり、

あるいは、分岐点の堤防に使っている大きな石もあったりと、

作業を阻む存在がありましたが、それらにも負けず作業を進めていきました。

そして、ついに…。新たな川は完成しました。(写真・3枚目)

出来上がった川の土手を見ると、地層が出来ていました。(写真・4枚目)

白っぽい層が更地にしたビオトープ当初の土面で、

その上の焦げ茶の層がウッドチップが土に変わったもの…、

さらに黒っぽい一番上の層が、最近の何回かで敷いた、

まだ土への変化を終えていないウッドチップの重なりです。

30㎝くらいの土手に見られた地層から、

ビオトープの5年間の歩みを読み取ることができました。

川づくり…

2008年03月18日 00:00

  (前回より続く) 話し合いにより川のルートが決まると、

みんなで作業開始…。スコップを使って、描いた川岸を掘り下げ、

土を別の場所に運び出す作業を繰り返すこと約1時間…。

おおよそ川の形になり、最後に今までの川との分岐点の土手を切り、導水…。

鍬を使って水を先導するのは、校長先生…。みんなで、

水が無事に再び元の川に合流するところまで流れるかを見守りました。

(さらに次回に続く)

川幅は…

2008年03月17日 00:00

  この日の活動の一つは、「川づくり」…。

今までの川、丸木橋の辺り(下写真・右手丸木橋の辺り)が少し幅が狭く、

流れが滞りやすいので、川幅を広くするか、もう1本川をつくることにしました。

多くは後者、「もう1本川をつくる」という意見でした。

子ども達の中には、「ぼくがつくった橋を壊したくない。」という子もいて、

もっともだと思いました。

そこで、現場でつくる川幅や形をイメージしながら、意見を出し合いました。

下写真でおおよその形が決まり、今から作業開始です。(次回に続く)

看板づくり…

2008年03月16日 00:00

  本校のビオトープは、昨年度と今年度、

「ドコモMCF」から整備のための助成金を出していただいていました。

今月でその2カ年を終了しますが、そのことに感謝し、

ビオトープに相応しい形で表示しようと、

天然木の一枚板を使って、看板をつくることにしました。

今回の活動では、みんなで交代しながら、サンダーを使って板磨きをしました。

初めて使うサンダーを上手に使う子ども達…、とても頼もしく思いました。

すくすく…?

2008年03月15日 16:33

  ポカポカ陽気の今日、3月の「にじいろデンボ倶楽部」を行いました。

今朝、ご紹介した通り、満開のミザクラに迎えられ、本日の活動を開始…。

ホタル達はどんな様子なのか…、

クレソンの森に隠れて、なかなか様子がわかりませんが、

初夏に向けて、すくすく育ってくれるのをみんなで願いながら観察をしました。

上の写真は現在のホタルの幼虫、

下の写真はカワニナに食らい付いているホタルの幼虫です。

プラスアルファの…

2008年03月15日 00:00

  今日は今年度最後の「にじいろデンボ倶楽部」の日です。

昨年までは、5月から2月までの開催でした。しかし実のところ、

3月・4月のビオトープは、見ないともったいないほど素敵であり、

2ヵ月連続で活動の穴があくのも…と思っていましたが、

今年度は、PTA環境委員会の皆さんのご厚意で

開催することができることになりました。

PTA活動は、もとよりボランティアの活動ですが、

それに加えてプラスアルファの活動…、ありがたいことです。

メンバーをご覧の通り、満開になったミザクラが迎えます。

あっという間に…

2008年03月14日 00:09

  数日前にそれぞれ紹介した花々は…、

あっという間に賑やかな状態になりました。

時々刻々、景色が変わっていくようです。

4日後には卒業式…、卒業生はこの花々の傍らを通って巣立っていきます。

これから4日間で、見送りの数はもっともっと増えていくことと思います。

ごめんね…

2008年03月13日 00:00

  来年度は学級数が増える6年生…、畑の面積を少し増やさなければ…。

そこで、横たえた木を動かすことにしました。

動かしてみると…、あっ、ごめんね。お休み中だったんだね。君たち…。

ちょっと触ったくらいでは全く動かないくらい、

まだぐっすり眠っていた、お二方でした。

こんなにかわいい…

2008年03月12日 00:00

  こんなにかわいいのに…、その名は「オオイヌノフグリ」

…「ふぐり」はご存知の通り、♂だけの持ち物○○のことですね。

果実のつき方が似ているのでついた名前だそうです。

ずいぶん前に「ヘクソカズラ」という可哀想な名前の他に

「サオトメカズラ」という素敵な別名もある…ということを書きましたが、

この花にもありました。お友達が記事にしてくださっていて、

これは是非とも広めなくては…、と思いました。

その別名は、「ホシノヒトミ」…、なんて素敵な名前なんでしょう。

なぜこちらの名前は、あまり広まってないのでしょうね。

皆さん、別名を広めてあげませんか。

休みの日にも…

2008年03月11日 00:00

  休みの日にもビオトープにやって来る子ども達はたくさんいます。

この日は、友達同士で、愛犬のお散歩にやって来た子ども達に逢いました。

ポカポカいいお天気で風も優しいこの日…、

子ども達もワンちゃんも、とても気持ちよさそうでした。

続いて…②

2008年03月10日 00:00

  ミザクラやユキヤナギに続いて、スタートを切ったのは、

「ウサギの野原」に紛れ込んだ菜の花です。

「紛れ込んだ」というのは、実は「ウサギの野原」一面に蒔いたのは、レンゲで、

そのレンゲの中に3~4本、どのようにして紛れ込んだのか、

こうして菜の花が育ち、2年生や4年生の「ビオトープ農園」に

蒔いた菜の花よりうんと早く、咲き始めたのでした。

なぜ、レンゲに囲まれた菜の花の方が育ちがよいのか…、

やはりレンゲの栄養のおかげなのでしょうか…。

続いて…

2008年03月09日 00:00

  温かい風が吹き始めると、花達は次々と開花を始めます。

ビオトープでも、ミザクラの開花を見たと思ったら、

その隣のユキヤナギが咲き始めました。

こちらも第1号(写真・上)が開き、それに続いて第2号(写真・中)、

さらに続くグループが次々にスタンバイ(写真・下)…という感じです。

「春だね。春だねっ。」…花達のささやきが聞こえてきそうです。

春は…

2008年03月08日 00:00

  日差しがぽかぽかと温かい昼休み…、ビオトープは一際賑わっていました。

寒い冬の日でも平気でビオトープに来ている子もけっこういましたが、

やはり温かいと人数が違います。

水の中を覗き込む子、木に登る子…、さまざまです。

子ども達みんなが待ち望む春は、もうすぐそこです。

雪にも負けず…

2008年03月07日 00:00

  曜日の突然の雪にも負けず、スケジュール変更などせずに、

ビオトープのミザクラは、今年の開花を始めました。

1枚目の写真が、今年の一番手です。

2枚目3枚目は、その後に続く二番手グループというところでしょうか。

ソメイヨシノと比べると、おしべが長くて目立ち、

ちょっと華やかなイメージのミザクラ…、

これからしばらく、このかわいい花の姿を楽しむことができそうです。

春だというのに…②

2008年03月06日 00:14

  春だというのに、雪が降りました。

その次の日、ビオトープは、早くから子ども達が集まっていました。

冬景色のようなビオトープでは、「もう春ですからっ!」と自己主張している

緑色レースのカーテンのような新芽に朝日を浴びたヤナギが

子ども達を迎えていました。

久々に遊べる雪との再会を子ども達は喜び、全身でそれを表現していました。

春だというのに…

2008年03月05日 00:00

  3月だというのに、春だというのに、冬よりも寒い日でした。

午前中から雪が降り始め、午後になると、もうこんな状態に…。

夕方過ぎからは車で動きにくくなるという予報もあり、早々に引き上げました。

日暮れの頃には、前も見えないくらいの降雪でした。

夜中から明朝にかけて、もっと降るんだとか…。

まあ、こんなビオトープを見ることができたのでいいのですが…、

それにしても、何だか変な最近の天候です。

石運び…

2008年03月04日 03:47

  ビオトープ掃除の子ども達は、
掃除時間中に少しでもビオトープをよくしようと思ってやって来ます。
この日は、奥の方に置いてあった大きめの石を
ビオトープの中庭からの入口付近に運びました。
子ども達が抱えることができない重さの石…、
男の子達が担当した石は、転がすにもなかなか転がしにくい形でしたが、
向きを工夫しながら、力を合わせて時間内に運び終えた子ども達でした。

いい感じ…

2008年03月03日 00:01

  ビオトープという空間では、

前回のようにアクティブな遊び方もいいのですが、

こんな風景はいかがでしょう? 

掃除を始める直前の、同級生の男の子と女の子です。

ポカポカ日差しの川の畔に並んでしゃがみ込んで、何ともいい感じでした。

ポンプアップされた水が池へと戻るこの小川…、

そこに同じように手を伸ばしている二人…、

どんなことを思い、どんなことを語らっているのでしょう。

最初は…

2008年03月02日 00:00

  「最初はグー! ジャンケン、ポン!」…、

昼休み、ビオトープに集まった子ども達…、

ジャンケンの後は、この場所から八方に向けて駆け去って行きました。

ビオトープには、山あり、川あり、起伏と変化に富んだ地形があって、

鬼ごっこもよりいっそう楽しいものになるようです。



最新記事