何でもない景色の…

2008年04月30日 00:00

  お友達の「☆彡くるりん」さんが、

「柿の新芽がピカピカ光って好き」とコメントくださっていたいたので、

こんな風に撮れる天候や時間を待っていました。

確かに表面の光沢は若葉ならではの感じですね。

柿の葉も、下のクローバーも、何でもない景色の一つなのかもしれませんが、

その一つ一つの命が本当に素敵です。

菜の花を…

2008年04月29日 00:00

  夏野菜のために畑の準備を始めることにしました。

キャベツが菜の花を咲かせていましたが、

この花が終わるまで待っておくわけにはいかないようです。

そこで、根っこから引き抜き、ウサギさんのところに持って行きました。

葉っぱくらいはまだまだ食べられるだろう…、

そう思ってウサギさんにあげると、この子は、

葉っぱじゃなく、花の方をおいしそうにどんどん食べ始めました。

お花…、おいしいのかな

白組小花のリレー…②

2008年04月28日 00:02

  ビオトープ池で、コデマリからバトンが回ってくるのを待っていたクレソンが、

コデマリの満開を待ち兼ねていたかのように、一斉に開花を始めました。

今のところ本校ビオトープの水の上で咲く花は、

このクレソンとコナギだけですから、この季節のクレソンの花は貴重です。

しばらく目を楽しませてもらいたいと思っています。

空いっぱいに…

2008年04月27日 00:00

  本校の桜花リレーのアンカーを勤めるのは、この八重桜です。

木の傍まで行って、上を見上げると、

空いっぱいにぎっしりと咲く、見事な景色です。

ピンクのグラデーションの花びらが重なり合って、

桜の季節のフィナーレに相応しい景色を見せてくれています。

見上げる子ども達も大喜びです。

県P新聞に…

2008年04月26日 00:05

 

 福岡県の小中学校やく700校、会員数約20万人に配布される

「福岡県PTA新聞」の取材を受け、

4月号で本校のビオトープが紹介されました。

取材のとき、

紙面にどれくらいのスペースを割けるかはわからないとのことだったので、

小さな記事だと思っていたら、けっこう大きな記事で、

しかも外側ページの4面という事で、とっても目立っていました。

また少し、「宇美小夢のふるさとビオトープ」が

多くの方々に知られることとなったことを喜びたいと思います。

白組小花のリレー…

2008年04月25日 00:03

  ユキヤナギが咲き終わる頃、次にバトンを受け取ったのは、コデマリです。

下池に程近いビオトープ山にかわいい連なりを見せています。

白組小花のリレーです。

次の走者はクレソン…、もうすでにスタートのスタンバイOKです。

新一年生…

2008年04月24日 00:00

  少し前の話ですが、新一年生に「ビオトープじいちゃん」の話をしました。

子ども達は、ビオトープに興味津々。しっかりと話を聞き、

あちらこちらを見て回り、あっという間にビオトープ大好きっ子になりました。

一年生の先生からは、

私の本名と芸名(?=ビオトープじいちゃん)の両方が紹介されましたが、

子ども達には、「ビオトープじいちゃん」の方が印象強く刷り込まれたようで、

この日以降、どこで会っても、

呼ばれるときは「ビオトープじいちゃあ~ん」です。

新一年生とまた一つ年齢差が広がった私は、満面の笑みを浮かべながら、

「はぁ~い」…まるで本物の「じいちゃん」です。

出逢い…そして…

2008年04月23日 03:38

  「にじいろデンボ倶楽部」では、出逢いが素敵です。

今回は、新たにPTAの担当になった方々も参加し、人と人とも出逢いました。

そして、新たなメンバーは、ビオトープの自然とも出逢います。

この子は、お花と出逢いました。

そして、人と人との出逢いも楽しんでいるようです。

小さくても…

2008年04月22日 00:03

  大人や大きいお兄ちゃんお姉ちゃんの仕事ぶりを見ていた

小さい子ども達も、小さなシャベルを手にして、作業に参加します。

小さくても、何かが出来る、何かがしたい…、そんなふうに思うのでしょう。

「にじいろデンボ倶楽部」には、こうして小さな子ども達がついてきていますが、

この子達に、その仕事ぶりを見せることで、

ビオトープの活動はつながっていくのだと思います。

予定変更…そして…

2008年04月21日 00:00

  この日の活動は、

「ビオトープの中門づくり」「堆肥ヤードづくり」を予定していました。

活動を始める前に、ビオトープの観察をしていると、

先月つくった川の流れが悪いとの発見…。

そこで、川底を少し掘って流れをよくすることにしました。

…すると、その作業の途中でハプニング発生。

数年前に使っていた排水管を掘り当ててしまって、

川の水がそこから勢いよく流出し始めてしまいました。

そのままにしておくことはできずに、活動は予定変更し、

排水管からの水の流出を止める作業を優先して行うことにしました。

そして…、みんなで知恵を出し合い、力を合わせて、

無事、水の流出を止めることができました。

バトンタッチ…

2008年04月20日 00:00

  昨年まではなかった「にじいろデンボ倶楽部」の4月の会…、

今年から開催していただけるようになりました。

2日前に新年度のPTA環境委員さんも決定しましたので、

この日は、新旧委員さんの引き継ぎの会となりました。

旧委員さん、1年間お疲れ様でした。

新委員さん、これから1年間よろしくお願いいたします。

1年経って…

2008年04月19日 00:00

  今日は、4月の「にじいろデンボ倶楽部」の日です。

今年度からは、4月も開催するようになりました。

昨年度のスタートは5月からでしたが、

そのスタートの作業で植えたフジが初めての花を着けました。

また「夢の門」に十分に枝が伸びていないので、数は多くありませんが、

今までのビオトープにあまりない色合い(フジ色)が素敵です。

負けないぞ…

2008年04月18日 00:00

  ウサギの野原では、今、レンゲが花盛りです。

日差しを浴びて、ミツバチやモンシロチョウを誘っています。

すぐ近くの体育館の陰になっている部分では、

キンポウゲがやはりたくさんの花を咲かせています。

他のところでは、こんなに群落のようにはなっていないのに、

このレンゲ畑近くでは、大群落を形づくっています。

まるで、「レンゲさん達、負けないぞ!」って、

競争意識を燃やしているようです。

その季節に…

2008年04月17日 00:00

  その季節に脚光を浴びていない生き物に目を止めてみると…、

新たな素敵に出逢うことができます。

ビオトープを歩き、主役の菜の花やレンゲの咲き誇る畑の横を過ぎ、

ビオトープの中央付近まで来てみると、

そこには、少し前までほとんど裸の枝だったモミジが、

枝も見えないほどの新緑の若葉に包まれていました。

青空の下、温かい日差しに映える新緑は、とても素敵でした。

リレーのアンカー…

2008年04月16日 00:00

  本校のサクラのリレーは、ミザクラから始まりソメイヨシノへ。

ソメイヨシノの桜吹雪の後には、アンカーのこのサクラが引き継ぎました。

飾りの紙花のようにフワフワと重なった花びらがとってもかわいい…、

アンカーに相応しいサクラです。

楽し「実」…

2008年04月15日 00:00

 ビオトープの東側には、
ザクロ、ミザクラ、イチジク、ビワ、カキと果物がいろいろとあります。
今、イチジクとミザクラとビワは写真のような状態です。
今年は、どちらも昨年よりも実の数が多いようです。
とっても楽し「実」…です。
 

愛の集合体…

2008年04月14日 00:00

  ビオトープの「夢の門」の傍には、子ども達が卒業の記念に残した、

校区内に実在する光正寺古墳の模型がつくられています。

そして、その古墳の周りには、

愛の集合体のように黄色のハート形が集まった花を咲かせている

ヘビイチゴが、今、花盛りです。

古墳をつくり上げた子ども達の思いが形になったような花です。

花散る後も…

2008年04月13日 00:00

  「春に3日の晴れなし」でめまぐるしく天気も移り変わる中、

サクラが咲き誇る時季はとても短く、あっという間に花吹雪…。

それでも昔の人は、花散る後も、花を愛でることを忘れなかったようです。

花びらが地面に落ちれば「花筵」、

水面に落ちれば「花筏」と呼んで、その風情を楽しんだようです。

ところでこの「花筏」…、

ビオトープの池からは校舎を挟んで向こう側にあるサクラが、

こんなにたくさん飛んでくるはずはありません。

…とすると、「花筏」の風情を楽しんだ子がいたということ…、

ビオトープが子ども達に風流を伝えたということなのかもしれません。

春の主役…

2008年04月12日 00:00

  菜の花とモンシロチョウ…、絵に描いたような春の主役達…。

見ているだけで心まで温かくなってきそうな景色です。

隣のレンゲ畑では、(カメラに収め損ねましたが…)

レンゲとミツバチというもう一つの組み合わせもできていました。

いいですね。春の景色…。

レンゲ畑で…③

2008年04月11日 00:00

  ウサギさん達も楽しんだ、ビオトープの「ウサギの野原」(=レンゲ畑)…、

放課後、遊びに来た女の子達は、きれいに咲いたレンゲを見つけて、

「ビオトープじいちゃ~ん、この中に入っちゃダメ?」と尋ねました。

「いいよ~。お入り。ウサギさん達の楽しみは残してあげるんだよ。」…。

それを聴いた子ども達は、喜んでレンゲ畑で花遊びを始めました。

3枚ともに登場しているこの子は、

「お母さんから作り方を教えてもらったんだ~。」と、花をつなげてみせて、

他の子達にも教えてあげていました。

ウサギさん達に負けないような、素敵なひとときでした。

レンゲ畑で…②

2008年04月10日 00:00

  前回に引き続き、レンゲ畑で、

気持ちよさそうに駆け回る(食べ回る?)ウサギさん達を紹介します。

自分の身の丈よりも深いレンゲの中をあっちに行きこっちに行きしながら、

ウサギさん達は存分に楽しんでいました。

やはり本来はjこんな暮らしをするべきなんでしょうね。

レンゲ畑で…

2008年04月09日 00:00

  この日が来るのを想像しながら、種蒔きをした「ウサギの野原」…、

ついにウサギさん達を野原に放ちました。

当たり前のことかもしれませんが、ウサギさん達は、

一番最初に葉っぱや花を次々とモシャモシャ食べ始めました。

そして…、自分の背丈よりも草深いレンゲの中で、辺りを警戒しているのか、

どのウサギさんも立つ、立つ、立つ…、

時折、ひょいと立ち上がる姿がとてもかわいく思えました。

もうすぐ…

2008年04月08日 00:00

  ウサギの野原には、昨秋からレンゲ畑の準備をしていました。

春…、ウサギさん達がここを気持ちよく駆け回ってくれないかな

…と願いながら種を蒔きました。そして…、そろそろ、レンゲの花の季節です。

花の数がずいぶん増えてきました。もう、「開花宣言」をしてもよさそうです。

今週末頃には、ウサギさん達を出してみようかな…と思っています。

喜んでくれるかな? ウサギさん…、待っててね。もうすぐだよ。

命の炎…

2008年04月07日 00:00

  細い枝先…、

注意をしていなければうっかり見逃してしまいそうな景色ですが、

立ち止まって見上げると、

そこには、実りの秋に向けて小さな「命の炎」を燃やしているような、

ザクロの新芽達がいました。

高い空に向けて、上へ上へと伸び上がっているように見えました。

ピカピカと…

2008年04月06日 00:00

  菜の花やタンポポなど、この季節の主役の色は黄色…。

その中でも一際明るく、

そしてピカピカとお日様を反射して輝いた黄色を見せてくれているのは、

キンポウゲの花です。

まるで、プラスティックで出来ているような硬質な光を反射しています。

秋の主役は…②

2008年04月05日 00:00

  3月末日にご紹介したモミジは、

さらに歩みを進めて、花の季節になりました。

様々な向きに開き始めた葉っぱと色濃い蕾…、

まるで楽しくダンスをしているようです。

もうあと数日で、この蕾達は、

写真・上の中央下のようにパチンと弾けたように花開くことでしょう。

はや…

2008年04月04日 00:00

  数日前に、まだ多くの蕾を楽しんでいたのに、はや満開のソメイヨシノです。

学校は、7日に始業式、そして10日に入学式…。

足早にときを進めるソメイヨシノは、

子ども達が帰ってくるのを待っていてくれるのでしょうか。

チョウのように…

2008年04月03日 00:10

  次々と花開く植物達…、

その中で、まるでチョウのように咲いていたダイコンの花を見つけました。

今回の冬野菜達…、行事やいろいろなタイミングのために、

ずいぶん採り残してしまっていたのですが、

それならせめて花を楽しみたいと思っていたら、

白に紫の縁取りの、こんな素敵な花を咲かせました。

かわいい…

2008年04月02日 00:00

  子どもの頃…、クレヨンや絵の具の色で、

あまり好きでなかったのが黄色です。

他の色には惹かれるのに、どうしても好きになれませんでした。

とくに、山吹色…、並ぶ黄色系の色の中でも一番ピンときませんでした。

ところが、ビオトープでヤマブキに出逢ってから、その感覚は一変しました。

春の日に細い枝先に並ぶこのかわいい三角を見て、

いっぺんに山吹色が大好きになりました。

雨に…

2008年04月01日 00:00

  今日から4月です。ソメイヨシノもそろそろ見頃を迎えています。

春の日差しをいっぱいに浴びた花びらもとても素敵ですが、

花の時季に雨が降ると、

ついつい雨に濡れたこの姿が見たくなって、花を見上げに行きます。

雫を抱えた花びらは、少し俯きとってもかわいく、愛おしく感じます。



最新記事