見~っけっ…

2009年01月31日 00:00

  今年もそろそろ彼らは大挙して訪れるはず…、そう思って観察していたら、

あっ、見~っけっ!並んで2羽が止まっていました。…そう、メジロさん達です。

よく見ると、葉っぱに隠れながら、ビワの花もつついていました。

あっ、ピラカンサの実をくわえて飛んでいった子もいた…。

ビオトープには、あなた達の食べ物はたくさんあるはず…、

ゆっくりしておいきよ…。

逆さの景色…

2009年01月30日 00:00

  冬場になると、水中の生き物があまり動かないことや、

ザリガニハンター達もあまり水に手を入れないこともあり、

ご覧のように、水が澄み切っていることが多いビオトープ池です。

澄み切った水には、ビオトープの逆さの景色や空と雲が写り込み、

とても綺麗です。水に写り込んだ空を見つめながら、

「メダカはまだ泳ぎださないかな…。」

…なんて思うのもちょっと面白い感じです。

寒い朝…

2009年01月29日 00:00

  昨朝は、南国九州でもとても厳しい冷え込みでした。

温度計は氷点下を指していました。

ビオトープの木のオブジェも菜の花の小さな葉っぱも凍りついていました。

それでも子ども達はやはりビオトープを訪れていました。

走り回る子ども達からは白い吐息…、機関車のようでした。

雪の後に…

2009年01月28日 00:00

  雪に見舞われ、南国とは思えないほどの寒さだったこの地方でしたが、

その中でもこのようにしっかりと生き、

しっかりと自己主張している植物もあります。

「雪を被ったぐらいでは負けないよ!」という強い意志さえ感じます。

かえる君は…さすがに、まだですよね…。

 

  「春の歌」     草野 心平

かえるは、冬のあいだは土のなかにいて、

春になると地上に出てきます。
そのはじめての日のうた。

 

   ほっ まぶしいな。
   ほっ うれしいな。
   みずはつるつる。
   かぜはそよそよ。
   ケルルン クック。
   ああいいにおいだ。
   ケルルン クック。
   ほっ いぬのふぐりがさいている。
   ほっ おおきなくもがうごいてくる。
   ケルルン クック。
   ケルルン クック。

 

この詩…、懐かしいなぁ~と思う方…、いらっしゃいませんか?

雪の華…

2009年01月27日 00:00

  雪の週末、ビオトープのあちらこちらも雪景色…。
ビオトープの中央付近にあるモミジの木には、
おもしろい感じに雪が乗っかっていました。
ぽわんぽわんと丸まって、素敵な「雪の華」になっていました。
あちらこちらの木々にも雪は乗っていましたが、
こんな乗り方をしていたのはここだけでした。
不思議だなぁ~、面白いなぁ~…と思いながら、しばらく見上げていました。

先客あり…

2009年01月26日 00:00

  土曜日曜と、今季最大の寒波に襲われた北部九州地方…、

ビオトープも雪で覆われました。ビオトープを訪れると、先客あり…。

友達同士や親子で雪合戦に興じていました。

雪の日の静かなビオトープに楽しそうな声が響き、

こちらまで楽しい気分になることができました。

 

 インターネットや携帯メールへの匿名での嫌がらせなど、

陰湿な寒々とした心が見えるようなことが問題になっている現代ですが、

寒い雪の日に笑顔を見せて遊ぶ子ども達の心の中は

ホカホカしているのだろうな…と思えます。

子ども達がみんなそうだといいのになぁ…。

登って…

2009年01月25日 00:00

  ビオトープにできた新名所と新々名所…、休み時間や休日には、

ビオトープで子ども達の成長を見守ることになった木々達には、

子ども達があちらこちらに登って遊んでいます。

様々な形をした木々の背中を歩く子ども達は、どんな思いなんだろう…、

子ども達を背中に乗せた木々達は、どう思っているんだろう…、

カメラのレンズ越しに見つめながら

そんなことを考えて思わず微笑んでしまいます。

自分達で…

2009年01月24日 00:00

  昨年春、近所の方から田んぼを貸していただけることになり、

5年生の子ども達は餅米をつくりました。そして今日…、

子ども達は、自分達でつくった餅米を使って、餅つきをしました。

餅つきの会場は中庭からビオトープへの入口付近です。

新名所のオブジェやビオトープの看板が見守る前で、

子ども達は一生懸命に餅をつきました。

今は、地域でも餅つきをするところが減ってきたようで、

「初めてお餅つきをした。」と言う子も多かったようです。

自分達が精魂込めて育てたお米でつくったお餅は、

きっと子ども達にとって格別の味だったことでしょう。

モチの木の…

2009年01月23日 00:00

  ビオトープに来たモチの木の…、

伐採される原因になった朽ち始めた場所では、

本体のモチの木の中に潜り込んで冬越しをしていたのであろう虫達が、

見つかりました。この子達は前の住居だった神社からついてきたのでしょうが、

これからビオトープで、徐々に朽ちながら、

ビオトープ生まれの虫達に住み処を提供するのだと思います。

(虫さん…、とくに一番下の虫さんが苦手な方…、すみませんでした。)

集合写真~

2009年01月22日 00:00

  この厳寒の時季にも関わらず、

今回の「にじいろデンボ倶楽部」には、約60名もの参加者がありました。

遠く熊本からの参加もあり、また初めて参加してくださった方々もありました。

本当に有り難いことです。

今回は、いつもの通り、集合写真を撮影した後、

お母さん方がつくってくださった豚汁をいただきました。

気持ちよく作業を終え、おいしい豚汁をいただき、

お腹の中から心までポカポカと温かくなりました。

皆さん、本当にお疲れ様でした。

恒例の…

2009年01月21日 00:00

  「にじいろデンボ倶楽部」で恒例の「ウッドチップ敷き」の作業…。

毎回、みんなでチップを運び、山を低くしていくのに、

また注文して次の山が…。「また、山がある!」の声も上がりますが、

ビオトープをビオトープらしく保つには、この活動は欠かせません。

今度のウッドチップ山は湯気を上げ、火山のようです。

今回、一輪車での運搬は、ちびっ子ちゃん達が大活躍でした。

たぶん参加者中最年少のこの子は、

扱いが難しい浅型の一輪車を上手に操って運んでいました。

何と頼もしい!(写真・下)

川土手づくり…

2009年01月20日 00:00

  持久走旬間に子ども達が走り抜けて壊してしまった川土手を、

先月から補修を始めましたが、今月もその続きを行いました。

先月のところは川までの高さがあったので、丸太を使った補修を、

今月のところは高さがなく、石垣にすることにしました。

今月のこの場所でのメインの作業担当者は、何と熊本県からの参加でした。

遠くからの参加…、ありがたいことです。

丸太とはまた一味違う川土手ができました。

年輪…

2009年01月19日 00:00

  1月15日のブログ「新々名所…」で紹介した、

神社の改修に伴い伐採され、業者よりいただいたモチの木ですが、

計画通り、「にじいろデンボ倶楽部」での活動の一つとして、

年輪を数えてみました。すると、この木…、

予想していた100年以上は…どころではなく、

何と234年もの年輪を数えることができました。

それも数えたこの部分は、一番太い幹ではなく、太い枝といった場所なので、

幹であればさらに…ということも考えられます。

…ともあれ、すごいことです。この木が生まれた頃というのは、

江戸時代、10代将軍、徳川家治の時代…。

杉田玄白が解体新書を刊行した頃…。

世界に目を向けると、アメリカで独立戦争が起こった頃のようです。

そんな途方もない昔に生まれたこの木が、

こうして生まれて6年のビオトープに横たわり、

子ども達の成長を見守っていくことになりました。

とっても素敵なことだと思います。

看板設置完了…

2009年01月18日 00:00

  ずいぶん前から準備していた、

「ドコモ」さんからの支援を受けたことを示す看板ですが、

掘っ立て柱にどうやって取り付けようかと

思案しているうちに月日が流れてしまっていました。改めて考えてみると、

意外とシンプルにビス止めした方がかっちりと付くのではないか…と思い、

ついに取り付けを終えました。

そして、昨日の「にじいろデンボ倶楽部」では、

そのドコモさんから来てくださっている企業ボランティアの方々といっしょに

記念撮影をさせていただきました。

改めて…、ドコモさん、本校ビオトープへのご支援、ありがとうございました。

予感…

2009年01月17日 00:00

  一昨日、空模様を見ながら、サギに会える予感がしたので、

本校の絶好のバードウオッチングポイントである2階図書館の司書先生に、

「こんな日はサギが飛んで来そうだから、ときどきビオトープを覗いてみて…。」

と頼んでおきました。すると、予感は的中…。午後3時頃にコサギが現れ、

上の2枚の撮影に成功したという知らせが届きました。

 さらに昨日、もう一つの予感…。ポンプ池の改修をするために、

流れを堰き止め、水を汲み出しましたが、

「こんな干潟のような場所ができれば、やはりサギはやって来るかも…。」

と思って、しばらく経った後、図書館から覗くと、案の定…、

コサギはその干潟で餌探しを始めていました。

このサギにとって、ビオトープは縄張りなのでしょう。

変化をすばやくキャッチし、飛来…。何だか、嬉しくなりました。

立派に…

2009年01月16日 00:00

  子ども達が、日々のお世話をして育ててきたブロッコリーが、

こんなに立派に育ちました。

比較のため写し込んでいる私の拳はけっこう大きい方だと思いますが、

それと比べてもこんな大きいのです。

3株育てているのですが、そのうち1つだけがこうして先行して育っています。

後の2つは、まだ赤ちゃんサイズ…、

同じところに育っているのに、この差は…。

新々名所…

2009年01月15日 00:00

  ビオトープのことでは何かとお世話になっている業者さんから、

「神社の改修で、伐採されることになったモチの木があるけれど、

  ビオトープにどうですか?」と声を掛けていただきました。

「もう、助成金も使い切り、公費もないので…。」とお断りモードでお答えすると、

何と現物を含め、運搬~設置まで全部を無料で…とのこと。

ありがたいことです。

ビオトープの裏手の方に、また、「新々名所」ができました。

大人が上に乗っても大丈夫な大きさ、一番下の写真のような太さがあります。

(大きさ比較の携帯は、最新のものからすると大きめの物なんです。)

きっと100年以上は経っているのではないでしょうか。

今度、子ども達といっしょに、年輪を数えてみようと思います。

もくもく…

2009年01月14日 00:00

  昨日の朝は、雪がちらつくとても冷え込んでいました。

その朝、ビオトープにウッドチップの搬入がありました。

ダンプカーから下ろされるウッドチップ…、白いもくもくは埃ではありません。

チップを微生物が分解・発酵していてとても温かく、湯気が出ているのです。

こんなに寒いと、

この中に潜ったら、気持ちいいだろうなぁ~と思うほどの温かさなのです。

燃えているような…

2009年01月13日 00:00

  南国九州でも、とんでもない冷え込みの中、

燃えているような姿を見せているのは、サニーレタスです。

少し前に、ブロッコリーのような蕾の紹介をしましたが(12/31「てっぺんで」)、

その後、こんな姿に生長しています。蕾は先端のあちらこちらに見られ、

先日のコメントで意見が分かれた

「見守って花を見る」か「食べてみる」の

どちらも試してみるのも可能な感じになりました。

黄金色に…

2009年01月12日 00:00

  どんよりとした空が多いこの季節ですが、

時折、差し込む日差しを受けて、黄金色に輝く玉房があります。

そう、これはサオトメカズラの実です。

         (↑ ヘクソカズラとして有名ですが、「夢のふるさと」は、

                      あえてこの美しい別名で呼んでいます。)

ここはこの時季、葉っぱを落としてしまっているヤマブキの枝の中ですが、

ご覧の通り、黄金色の実で飾られていて、とても素敵です。

さて、何羽…?

2009年01月11日 00:07

  植物達が葉を落とし、少々寂しい今の季節のビオトープですが、

木の実は多く、小鳥達にとっては、いい場所なのかもしれません。

いつも、たくさんの鳥達の鳴き声がビオトープ中に響き渡っています。

この日は、ヤナギの木にスズメがたくさん止まっていました。

さて…、この画面では何羽見つけることができますか?

静かに支度を…

2009年01月10日 00:00

  また、寒波がこの地方にも近づいています。

夜が明けたら雪景色なのかもしれません。

そんな寒さの中でも花を咲かせようと、静かに支度をしている花達もいます。

ツバキの蕾は、先の方にほんのちょっとだけ紅を覗かせています。

ムラサキカタバミは、ハートの葉っぱの上に、蕾をもたげています。

開花がとても楽しみです。

クイズ・紅組達…

2009年01月09日 00:00

  昨日に続いて…、今回は紅組達です。

去年も一度UPしましたが、今年もまたこの季節になりました。

写真・上は、とにかく実の数が多く枝が重みで下がるほど…、

実は真っ赤より少し朱色寄りで、形は少し扁平です。

写真・中は、小さな木です。実が葉っぱの下に下がるのが特徴で、

下がって着くことで鳥達に食べられにくいようです。

仲間には葉っぱの上につくタイプや、実の数が少ないタイプもあります。

写真・下は、実としては写真・中と似ていますが、うんと大きな木です。

濃い色の葉っぱとの関係か、一番落ち着いた雰囲気に見えます。

クイズ・白組達…

2009年01月08日 00:00

  花の少ない寂しい景色のこの季節ではありますが、

探せば花も咲いているものです。

写真・上は、人間の目の前くらいの高さ、

場所はビオトープの小道(日陰)です。

写真・中は、手を伸ばしても届かないくらい上の方です。

場所はけっこう日当たりのよいところです。

写真・下は、膝より下の足元です。

場所はここもけっこう日当たりのよいところです。

さて、この白組達の名前…、わかりますか?

冬越しの…

2009年01月07日 00:00

  5日のブログに、お友達の「ばん」さんが、

「意外に冬越しする昆虫はいるもの…」というコメントをくださっていましたが、

その日に見つけたヒメアカタテハです。

「んっ? 私のこと?」…まるで、そう言っているかのような登場でした。

よいお天気の日差しの下でしたが、

きっと寒い日もどこかで、生き抜いているはずですね。

これって…?

2009年01月06日 00:00

  アオギリは、本当に大きく立派な葉っぱを茂らせます。

全盛期には空が全く見えなくなるほどです。

ところが季節が変わると、見事なほどに全ての葉を落としてしまいます。

…そんなイメージだけを持っていましたが、

今日、ふと見ると、この枝々…、それぞれが青空をめざして

前衛芸術のように伸びていることに気がつきました。何と力強い姿!

冬バージョン…?

2009年01月05日 00:00

  少し前の写真ですが…、

クモさんも飛んでいる虫が少ない季節には

「冬バージョン」の巣作りをするのでしょうか…?

ここなら寒くはなさそうですね。 

…でも、食べ物の方はどうしてるのかなぁ~?

雪の華

2009年01月04日 00:00

  元旦の雪…、地面の高さから見るだけではもったいなく思えて、

校舎内(3階音楽室…)からも見下ろしてみました。すると、

ピラカンサの辺りは見事な「雪の華」…、しばし見とれていました。(写真・上)

 地上に降りると、その「雪の華」に接近…。

近くは近くで紅白のおめでたい雰囲気もあり、いい感じでした。(写真・中)

 「紅白と言えば…、あの子は…?」と思って少し歩くと、やはり…。

雪を被っても負けずにモミジがまだ頑張っていました。(写真・下)

雪の日の訪問者…

2009年01月03日 00:00

  去年、今年と2年続きで雪の元旦でした。

さすがに訪れた人はなく、「初足跡」をつけることができましたが、

雪がちらつく上空からは訪問者がありました。きっと彼らは、

「今日は、人間は来ていないはず…。」と思っていたに違いありません。

とくに写真・下のコサギさんは、池に行きたくて、

何度も上空で偵察しながら、畔の私達を発見し、

しかたなく、傍の非常階段で待機することにしたようです。

「ごめんなさいね、お邪魔しちゃって…。

  ウサギさんのお世話が終わったら、退散するのでちょっと待っててね…。」

雪のビオトープ

2009年01月02日 00:02

  今年もまた元旦は雪模様のビオトープです。

お屠蘇を戴く前に、まずはウサギさん達に野菜を持って、新年のご挨拶…。

今年初の足跡をつけました。

上の写真は、1日前の写真とほぼ同じ場所ですが、ご覧の通りです。

温暖化のせいか、あまり何度も見られない雪景色ですから、

今年もこうして元旦から見られて、よいスタートとなりました。

あけましておめでとうございます…

2009年01月01日 00:00

  あけましておめでとうございます。

旧年中は、本ブログをお支えいただきまして、ありがとうございます。

今年は、区切りの年になりそうですが、

新たな気持ちでがんばっていきたいと思いますので、

これまで同様、応援いただきますよう、

よろしくお願い申し上げます。



最新記事