どんな心持ち…?

2009年11月30日 00:00

  んっ?こんなところに木が…。いつもの通り、ビオトープを見て回っていると、

ないはずのところに葉っぱのない木が立っていました。よく見ると、

少し前に剪定されて落ちていた枝をフェンスに沿わせ立てかけたものでした。

本当に生えているようです。きっと子ども達の誰かがしたことだと思います。

どんな心持ちだったのだろう…、

そんなことを考えながら、しばらくこの景色を眺めていました。

すると…、ここに木があったらいいだろうな…、そう思えてきました。

貴重な一員…

2009年11月29日 00:00

  水漏れが原因で、今のところ魚が住んでいない本校のビオトープ…、

主に、ザリガニ、タニシ、カエル、ヤゴが暮らしています。

…そして、この子も貴重な一員です。金ぴかに輝くボディの水中特急…、

それでも一休みしていたところを子どもに捕まっていました。

何を見つけられるかな…?

2009年11月28日 00:00

  生活科の学習でビオトープを訪れた1年生…、何を見つけられるかな? 

よぉ~く探してご覧…。寒くなってきたけれど、見つかると思うよ。

ほぉ~ら、見つかったね。こんな子も、こんな子も…。

石をどうする…?

2009年11月27日 00:00

  昨日は月に一度の委員会活動の日でした。環境委員の6年生は、

校内で見つけた石をビオトープにどう利用しようかと考えていました。

私は、「君達がいいと思うようにしてご覧…。」と伝えました。

子ども達は、山の近くに置こうか、平地がいいか…とあれこれ考え、

出した結論は、池の中に置いてみようということでした。

…なかなかのいい考えです。池の中には、あまりアクセントがなかったので、

いい雰囲気ができました。子ども達…、ナイス・アイデアでした。

今度はベールに…

2009年11月26日 00:00

  「かがやきの朝」かと思えば、

今度はこの地方では珍しく霧のベールに包まれた景色になりました。

子ども達が登校する頃はこの写真の程度でしたが、

1時間目の学習の頃にはさらに濃くなり、

数メートル先しか見えないほどでした。

そして、その1時間ほど後には、快晴の空になりました。

かがやき…

2009年11月25日 00:00

  季節が進み、なかなか虫達に逢えなくなってきましたが、

そんな中でも植物達が時間ごとに移り変わるステキな景色を見せてくれます。

これは朝の風景です。セイタカアワダチソウの群生や落ち葉の小山…、

そしてサオトメカズラの実が、それぞれのかがやきを見せてくれていました。

春を待つ…

2009年11月24日 00:02

  週末に前任校のビオトープ活動に参加してきました。

(…もう活動の様子や風景は掲載しませんが…)

活動前に、ここの生き物達にご機嫌伺いを…と思って一巡りしていると、

ザクロの葉っぱの下にひっそりとウラギンシジミが止まっていました。

♀は成虫のまま越冬し、葉の裏で春を待つんだそうです。…春まで元気でね。

白い花達…

2009年11月23日 00:02

  昨日の「黄色い花達」よりもさらに目立たない存在ですが、

「白い花達」にも出逢うことができます。

寒風吹く中、懸命に花開いています。

「黄色い花達」から、目立たない「白い花達」の応援に回っている子もいます。

黄色い花達…

2009年11月22日 00:00

  よくよく気をつけてみると、黄色い花火ばかりでなく、

もう少し小さな黄色い花達も健在です。

そして、さらに目を凝らしてみると、

その花びらのお布団に入って北風を避けているような子にも出逢えましたよ。

黄色い花火も…

2009年11月21日 00:00

  花が少なくなってきたビオトープで、

虫達を喜ばせてくれた黄色い花火もまもなく終わりの季節を迎えそうです。

高い位置で上向きに弾けていた黄色い花火も、

今は下の方に曲がって倒れてきました。

それでも最後のときが来るまで、虫達を喜ばせ続けているようです。

何かすることは…

2009年11月20日 00:00

  天気のよい昼休み…、6年生の環境委員の子ども達が、

「何かすることはないかなぁ~。」とビオトープの周りを見回していました。

…やがて、壊れて体育館傍に放置されていた木製ベンチを

ビオトープに据えてみようということになり、作業を始めました。

フェンスの外からは、興味を持って見守っている子達もいました。

昼休みの終わりには据え付けが終わり、木製ベンチのリユースができました。

飴色の…

2009年11月19日 00:05

  「何かいないかなぁ~」…雨が上がって晴れ間が見えていた昼休み…、

子ども達は、草の間や池の中を眺めています。寒くなって、

遊び相手の生き物達になかなか逢えなくなって、子ども達は寂しそうです。

同じように寂しく思っている私も、あちらこちらを眺め回していました。

すると…、葉っぱを落としつつあるサオトメカズラが巻き付いたフェンスに

飴色した体のこの子を発見しました。あなたはだぁれ? 寒くはないの?

水玉とアリ…

2009年11月18日 00:04

  冷たい雨が降りました。

天気予報は12月下旬から1月上旬の気温と報じていました。

地面や池水と同化したくなかった水玉達が葉っぱにしがみついていました。

よく見ると、水玉だけでなく、アリさんも1匹、葉っぱに乗って漂流していました。

この後、アリさんは乗っていた葉っぱと繋がった岸から伸びた植物を伝って、

無事上陸していきました。

風が冷たくなったのに…

2009年11月17日 00:00

  ヘビさん…、最近、寒くなってきましたね。

こんなに風が冷たくなったのに、今頃お洋服脱いじゃって大丈夫ですか?

風邪、ひきませんか?

色づいた景色の中でも…

2009年11月16日 00:00

  色づいた景色の中でも「幸せさがし」に夢中になっている女の子がいました。

「あるかなぁ、あるかなぁ~。」

「あったぁ~、じいちゃん、あったよ、あったよっ! ほらっ!」

「ほぅ! それはよかったね。きっと幸せになれるよ。」

…差し出して見せてくれた背面光を受けた四つ葉は、

その子の瞳と同じように輝いていました。

天然色の落ち葉とモノクロの木…

2009年11月15日 00:08

  南国九州にも少しずつ冬が近づいているようです。

今日の最低気温は一桁になるそうです。

しばらくは虫達に逢えない季節になるのでしょう。…そう思いながら、

季節の移り変わりを写すような水辺を飾る天然色の落ち葉と、

水面に映るモノクロの木をしばらく眺めていました。

目立つ…

2009年11月14日 00:00

  風が冷たくなってくるこの季節では、なかなか会えなくなるバッタさん…、

周りの草が青々としているときは、体の色が景色に溶け込んで、

どこにいるのかなかなか見つけられませんが、

今の季節、周りの草は枯れ葉色に変わり、

その間には紅葉した落ち葉がたくさん落ちています。

保護色になっていた体の色も、紅葉の葉っぱの上に乗ってしまうと、

くっきりはっきりとても目立ってしまいます。

落ち葉…

2009年11月13日 00:00

  1年生の彼は、

学校の裏庭からビオトープの山に落ち葉を運んできました。(写真・上)

あまり多くの木がないビオトープが、色とりどりの落ち葉に彩られました。

中休みになると、ビオトープ山の変化に気付いた子ども達が早速、

落ち葉滑りをして遊び始めました。(写真・下)

寒くなる前のちょっとした楽しみができる場所になりました。

何に見える…?

2009年11月12日 02:05

  畑のナスを収穫すると、あれっ!? 変わった形をしています。

皆さん、何に見えますか?

季節を逆戻り…

2009年11月11日 00:02

  ビオトープ近くの花壇…、汗ばむような日差しを浴びて、

眺める景色は、ますで季節を逆戻りしたようです。

羽が傷ついているこのチョウも、

ほんの少し安息の時間が得られたのかもしれません。

色づき…

2009年11月10日 00:15

  ビオトープの小さな自然で、小さな色づきが始まりました。

大中小と3本あるナンテンハゼの中で、水辺に生えている「小」の木が、

緑だった葉っぱが黄葉から紅葉へと変化を見せてくれています。

この黄色と紅の葉っぱが照らされると何だか炎のように見えてきます。

プラスイメージ…

2009年11月09日 00:00

  「進化」についての本を読んでいると、次のような記述がありました。

 

今の地球上で最も適応力なあるのは「昆虫」であり、

全生物種の70%を占め、報告されている種類数は約100万種、

その分布は海の中を除くほとんどの環境に生息している。

そして、その秘訣は、昆虫の脳は、失敗した行動パターンは記憶せず、

成功パターンのみを蓄積するようになっているからだとか…。

 

典型的なプラスイメージなわけです。いろんな失敗にくよくよせず、

前向きに生きていかなくては…。昆虫達に改めて教えられました。

調節がたいへん…

2009年11月08日 00:00

  冷たい北風が吹き、朝方は5℃という凍える日があったかと思うと、

昨日は何と25℃を超える半袖でも汗ばむような夏日の一日…。

体も温度調節をするのがたいへんです。

ビオトープでも寒い日には見かけない虫達が

どこからかやって来て、飛び回っています。

虫達はこの季節をどんな風に乗り切っているのでしょうか…。

捕まえた…

2009年11月07日 00:20

  真剣な眼差しで水中を見つめ、

おもむろに差し出した手で捕まえたのは、ザリガニの赤ちゃんでした。

大切そうに生き物を捕まえる子ども達の掌は

なぜだかハートの形をしています。

見納め…?

2009年11月06日 00:00

  冷たい風が吹くようになり、トンボの姿もずいぶん減ってきました。

見かけたこの子も、日当たりのよい石の上でひなたぼっこ中でした。

ちょうど過ごしやすい気候はあっという間に過ぎていくもので、

こんな姿ももう来年まで見納めかもしれません。

らしく…

2009年11月05日 00:00

  地域の自然を形づくるビオトープに、らしくないのが吸水用のホース…。

鮮やかな青色が不自然極まりない景色をつくってしまいます。

ときどき、ホースを振り回して悪戯をし、水を濁らせてしまう子もいますし、

心ある子ども達は何とかしなければ…と思っていました。

そんなとき、倉庫で見つけたちょうどよさそうな塩ビ管を子ども達に見せると、

すぐに「埋設水路」をつくる計画がまとまり、作業を始めました。(写真・上)

簡単そうに見えますが、子ども達は自分の力で水勾配をつくり、

パイプの中を水がちゃんと池の方に流れるようにしました。(写真・中)

作業後、地下パイプを通って水が流れ込む様子を見て、

下級生が「何かいいね。これ…。」と素直な感想を呟いていました。(写真・下)

またちょっぴりビオトープが、「らしく」なりました。

お気に入り…

2009年11月04日 00:47

  ビオトープで、目立たない花盛りの群落を形づくっているミゾソバ…。

ピンクの砂糖菓子のような質感の可愛い花。女の子達もお気に入りのようで、

一つとって嬉しそうに見せてくれたり、名札に挿して帰っていったりしています。

もうそろそろ…

2009年11月03日 00:02

  こちらの地方でも急に寒くなりました。

土曜日には28℃という夏日を記録したのに、週明けた月曜日は15℃…。

体温調節がついていかないような温度差です。

ビオトープの虫達も、急にコオロギの声が減ったり、

アカトンボの姿が減ったり…。

もうそろそろ冬なのかな…、そう思ってしまう日でした。

花盛り…

2009年11月02日 00:00

  今のビオトープ…、あまり目立ちはしないのですが、

実は3種の植物の群落が花盛りの状態なのです。

写真でもご覧いただけるでしょうか?

写真手前正面から右にかけての黄色い花の集まり、

左手前のピンクの花の集まり、そして左奥の黄色い花の集まりです。

寒くなる前の準備に忙しい虫達もたくさん訪れています。

寂しくはない…

2009年11月01日 00:00

  咲く花が減り、見かける虫が少なくなると、

何となく寂しさを感じてしまいますが、

ここを訪れる子ども達は、寂しくはないようです。

何かしら遊び方を見つけ、水の中を覗いては、

ヤゴやオタマジャクシなどを上手に探し出しています。

涼しい風が吹くようになっても、笑顔で元気に遊ぶ子ども達です。



最新記事