お世話になりました…そして…

2010年03月31日 00:00

yukiyanagi3.jpg
[ 続きを読む ]

夢…

2010年03月30日 00:00

image5352481[1]
[ 続きを読む ]

いい勉強…

2010年03月29日 00:00

  少し前…、男の子と女の子達が仲良くビオトープ池を覗き込んでいました。

真剣な眼差しで何かをじっと見つめています。

…そして、枝を使って拾い上げたのは…、ザリガニの抜け殻でした。

子ども達…、ホントにいい勉強をしています

紅…

2010年03月28日 00:00

  秋には、景色のあちらこちらで目に入る紅色ですが、

よく見ると、春にも素敵な紅があります。

もしかしたら、この紅…、美しいだけでなく美味しいのかも…。

いくつもの葉先が囓られています。<写真・上>

さらに、もっともっと小さく可愛い紅も…。見逃したくない紅です。<写真・下> 

クロカン…

2010年03月27日 00:01

  とても小さいビオトープではあります。

…しかし、子ども達はこの場所を活かして存分に遊んでいます。

この2人は、いったい何周走っているでしょうか。

クロスカントリーのレースでデッドヒートを演じていました。

こんなことって大事…

2010年03月26日 00:03

  ビオトープの川辺で、1年生の子ども達が石渡りをしています。

この石は乗っても大丈夫かな? どの石からどの石に渡ったらいいだろう?

…などと考え、渡り始めると、不安定な石の上でバランスを取りながら、

水に落ちないように気をつけて川を渡っています。

小さい頃のこんなことって大事な体験だと思います。

どちらが…

2010年03月25日 00:00

  昨日は雨の日のサクラ…、そして今日は青空の下のサクラ…。

みなさんはどちらがお好みですか? 

そして、当のサクラ達はどちらがお好みなのでしょうか。

雫を抱えて…

2010年03月24日 00:00

  雨の日のサクラは、いくつもの雫を抱えていました。

まるで夜のような空の下で、何とも艶やかな姿です。

青空の下で咲き誇るサクラも素敵ですが、

雫を抱えた雨の日もサクラにも惹かれてしまいます。

金賞受賞祝賀会…

2010年03月23日 00:00

  20日は、毎月恒例の前任校での「にじいろデンボ倶楽部」の日でした。

ビオトープに行ってみると、懐かしいあの子やこの子が待っていてくれました。

小鳥が植物を啄んでいるように見えるこの姿に見入り<写真・1>、

大地から拳を突き上げているようなこの姿に見入り<写真・2>、

いつものように作業に取り掛かりました。…そしてこの日は、作業終了後、

「ビオトープコンクール金賞受賞祝賀会」が行われました。

こんなにたくさんの人達が支えているからこその受賞です。

現任校でも、このような人の輪をつくっていかなければ…と、

思いを新たにしました。

花なら蕾…

2010年03月22日 00:00

  小学生といつも向かい合っているからか、

花もついつい蕾を見てしまいます。そして、「花なら蕾」…と思えてしまいます。

たしかに、今が盛りと咲き誇る満開の花々も素敵ではありますが、

「今から、どんな花を咲かせるのだろう」

…と想像を膨らませることができる、こんな頃の花に魅力を感じます。

菜の花…

2010年03月21日 00:00

  ビオトープの近くにある2年生の畑では、

採り残したカブが花を咲かせていました。

野菜を育てたときには、ぜんぶを収穫するのではなく、

こうして残しておくと、「菜の花」を楽しむことが出来ます。

それぞれの野菜によって、ちょっとずつ違いがある「菜の花」です。

ジャンプ2(祝・卒業③)…

2010年03月20日 00:00

  巣立っていった子ども達…、失敗を恐れず挑み続けて欲しい、

跳び続けて欲しいと思っています。

ほんのちょっぴりだけ背伸びして挑めば、

きっとそのうちにそれが身の丈になるのです。

子ども達…、さあ挑もう! さあ跳ぼう!

ジャンプ!(祝・卒業②)…

2010年03月19日 00:00

  昨日、6年生達が本校を巣立って行きました。

写真は、数日前の6年生達の様子です。

空が映るビオトープ池は、何だか青い地球のようです。

小学校を巣立った子ども達は、

新たなことに向かって「跳び出す勇気」が必要でしょう。

そして、「正確な着地点」を見いだすことも必要でしょう。

子ども達は、こんな遊びをしながら、

いいイメージ・トレーニングをしているのだと思います。

サクラ咲く(祝・卒業)…

2010年03月18日 00:00

  ここ福岡では、高知に続いて14日、

全国で2番目にサクラの開花が宣言されました。

本校では、今日が卒業式です。ほとんどが下の写真のような蕾でしたが、

たった1輪、卒業生を祝うように見事に花開きました。

「卒業おめでとう」…サクラからのメッセージが聞こえてくるようです。

(…当ブログも今日、お陰様で5周年を迎えることが出来ました。)

卒業式イヴ…

2010年03月17日 00:00

  いよいよ明日は卒業式です。

6年生は、1年生が入学したときからペアを組んでお世話をしてきました。

ビオトープでも1年生と6年生がいっしょに遊ぶ姿がよく見られました。

このような光景も、今日の「卒業式イヴ」が最後かな

…と思うと寂しくなります。

どんな未来予想図を…

2010年03月16日 00:00

  昼休み…、5年生の女の子達が集まって、

何かの作戦を立てているようでした。

私は少し離れたアメリカデイゴの下に腰掛けて、様子を見守っていました。

子ども達は、石に何かの文字を書いているようでした。

…そして出来上がったのが、写真のようなメッセージ・ストーンでした。

…子ども達は、ビオトープのどんな未来予想図を描いているのだろう…と、

とても楽しみになります。

話は尽きない…

2010年03月15日 00:00

  しっかりと雨が降った日…、

水漏れビオトープ池も満水の状態になっています。

こんなとき、ここを眺めながら、子ども達と話します。

「水の中の生き物が喜んでいるかな。」

「いつもこんなに水があったら、お魚だって安心して住めるのにね。」

「あの辺りの堤防を少し高くした方がいいかな。」

「水を流すとしたら、あそこへがいいかな?」などなど…、話は尽きません。

春はそこまで…③

2010年03月14日 14:26

  寒々しい景色だった水辺もいつしか緑がちらほら…、

水の中もよく見ると、ハイイロゲンゴロウがお散歩を始めていたり、

ザリガニが服を脱ぎ捨てていたりしています。

水も温んできたのでしょうね。もう、春はそこまで来ているのです。

春はそこまで…②

2010年03月13日 00:12

  足元に目を落とすと、

徐々に花びらを開こうとしているこの子に出逢うことができました。

おや、あなたは白花さんですねぇ~。

黄色と比べて、全く目立たないので、みんな通り過ぎるけど、

この辺りでは貴重な存在なんですよね。

あなたも「春はそこまで…」と教えてくれているんですね。

春はそこまで…

2010年03月12日 00:00

  春吹雪に荒れた今週でしたが、今日からは温かくなるそうです。

…と、天気予報頼りの私達人間ですが、

ふとサクラの木を見上げると、

「春はそこまで来ていますよ。」と静かに教えてくれていました。

寒さに負けず…

2010年03月11日 00:01

  茎を伸ばさず、低く身構えてこの子は花開いていました。

まだ吹く風は冷たかろうに、その寒さに負けず、

工夫しながら春の到来をいち早く伝えようと頑張っているのでしょう。

ありがとう、…そう…、もう春なんですね。

ごひいきに…

2010年03月10日 00:00

  この日、ビオトープを散歩していたのはムクドリさん達でしょうか…。

何かを見つけて咥えていました。

まだまだたいした場所にはなっていませんが、どうぞごひいきに…。

少しずついい場所にしていきますから、

お友達を連れて、またいらしてくださいよ。

空をめざす…

2010年03月09日 00:10

  この花には、空をめざす意志を感じます。

凛とした白い炎は、今にも降り出しそうな空を背景にすると、

ますます意志の強さを表しているようです。  

妄想…?

2010年03月08日 00:30

  ホトケノザの花を上から覗いてみました。

普通にハート型も見えますが、

ハート型の中の模様が顔に見えるなぁ~と思って見ていたら、

ハートの下側の丸い部分も、ハートにキスを迫る顔に見えてきました。

…楽しいなぁ~。

花遊び…

2010年03月07日 00:04

  自称「ホシノヒトミ普及委員会」としては、

この花があちらこちらで咲き始めると、どうしてもしゃがんでしまいます。

…それで、「この並びは…」なんて思いながら眺めているのですが、

このときは、「んっ、ト?」「いや、レ?」

「トレ? 採れ?(んなわけないか…)撮れ?(あぁ~、そうか!はいはい)」

…と自問自答しながら、この写真のシャッターを切りました。

飽きないひとときです。

リカバリー…

2010年03月06日 00:01

  1日にたった15分間の昼掃除…、

3年生のこの子達は、本当に時間を無駄にせずに働きます。

ビオトープのために土を採ったこの場所<写真・上>も、

低学年の子ども達が足を取られてはいけないと、

フラットにリカバリーする作業まで行っています。

普通に遊んでいれば、まだあどけない3年生達ですが、

作業をする姿は実に頼もしいものです。

泉の…

2010年03月05日 00:08

  ビオトープ池に水を補充するための入水口…、この日、

誰がつくったのかはわかりませんが、

泉をイメージしたのか、周りに石が寄せてありました。

入水口からは、塩ビ管が覗いています。何とかしたかったのかもしれません。

環境委員会の子ども達は、これを見てどうしたいと思うのか、

近いうちに、話し合ってみようと思います。

楽しみ…

2010年03月04日 00:00

  十分な流れがあるわけではないけれど、

水を切らさないように気をつけるようになって、

何とか清流のように見えるこの辺りです。

今は、まだ魚が泳いでいないけれど、

もう少し温かくなったら、近くの川から引っ越してきてもらうつもりです。

ここに魚が泳ぐようになったら、どんな景色になるだろう…。

そして、子ども達がどんな顔をするのだろう…ととても楽しみです。

2000のハート…

2010年03月03日 00:00

  「夢のふるさと~ビオトープ日記~」も、

お陰様でまもなく5周年を迎えますが、

それに先立って、今日ついに記事数が2000の大台に乗りました。

「2000のハート(命であり、思いであり…)」です。

読者の皆様に励まされ、元気をいただき、

こうして毎日更新をしながら、続けてくることができました。

昨夏に受検していた「ビオトープ管理士」の認証書も昨日送ってきましたし、

節目の3月です。どうぞ、今後ともよろしくお願いいたします。

鳥さん おいで…

2010年03月02日 00:01

  下から見上げると、こんな風に見えますが、

空から見下ろしたら、この木はどんな風に見えるんでしょう。

空から見えやすいように、

葉っぱよりも高いところに真っ赤な実をたくさん準備して、

「鳥さん、ここにおいで…。」と招いているようです。

お気に入り…

2010年03月01日 00:00

  これであなたに逢ったのは何度目かな…? 

写真で捉えたのは2度目だけど、よくここに来ているよね。

水の底に足跡だけを残していることもあったね。

あなたがここをお気に入りにしてくれたのなら、嬉しいな…。

また、おいでよ。待っているからね…。



最新記事