これがまた…

2010年05月31日 00:00

hikobae.jpg 

  蘖(ひこばえ=根元から出ている細い枝。)は、
「木の勢勢いを弱めるので、適宜切り取る。」と説明してあります。 
そうではあるのですが、これがまたいいんです。
なぜかと言えば、子ども達にとって、木の高いところに生えている葉っぱは、
なかなか目の前で見ることができませんが、蘖なら近づくことも触ることも簡単です。
子ども達の学習にはもってこい…なのです。

見逃せない…

2010年05月30日 00:00

mikuro.jpg 

  マツヨイグサの写真を撮っているとき、そのすぐ傍にはとても小さな仲間が…。
わずか1cmほどしかない小さな体ですが、
この子もやはり見逃せない大切なビオトープの小さな仲間です。

誰と逢う…

2010年05月29日 00:00

kiiroi hana

   あなたは誰と逢うために夜咲くようになったのでしょうか?
こうして朝だと、ぎりぎり子ども達とも出逢うことができるけれど、
夜は、子ども達はもちろん、虫達にもなかなか逢えない気がするのに…。
きっと何かわけがあるんでしょうね…。教えてくれないかなぁ~。

ついに撤去…

2010年05月28日 00:00

tekkyo.jpg 

  昨年度から、「子ども達の安全に撤去を!」…とお願いし続けていた
ビオトープと隣接するプールフェンスの上部に張られていた有刺鉄線でしたが、
年度が変わり、ついに撤去が実現することになりました。
昨日、環境委員会の子ども達が自分達の力で撤去を行いました。ステキな自然への一歩前進です。

iinkai.jpg

背伸びした…

2010年05月27日 00:00

se no takai tanpopo 

  寒い頃は、北風を避けるように身を縮めて花を咲かせていたタンポポが、
今の季節は、心地よい春風を受けようとしているのか、思い切り背伸びをしています。
その差は、5~6倍はあるでしょうか? 植物ってすごいな…心からそう思います。 

気品を…

2010年05月26日 00:00

kihin.jpg 

  クローバーと言えば、どこででも見かける草花ではありますが、
何とも言えない気品を感じてしまう私です。
とくに、こうして朝露を抱いていると、ますますそう感じます。
この日も、しゃがんでしばらく見つめていました。


  

お洒落な…

2010年05月25日 00:00

syareta ribon2 

  1週間ほど前にご紹介したモモイロヒルザキツキミソウですが、
視点を変えて、ちょっと下の方から覗いてみると、
花びらの陰になっていたところにお洒落なリボンをつけていました。とってもステキです。

円らな瞳の…

2010年05月24日 00:00

kaeru519.jpg 

  「じいちゃん…、このカエル、目が大きいよぉ~、見て見てぇ~!」
掌に乗せてきたカエルを見てみると、確かに! 円らな瞳の可愛い子でした。
単に子どものニホンアマガエルなのか、
調べてみたら、何となくシュレーゲルアオガエルのように見えましたが…、いかがでしょう?
どなたか同定できませんか?

倒れた…

2010年05月23日 00:00

taoreta.jpg 

  以前、フェンスの間から救い出した(そのときはそう思っていました…)ナンキンハゼの赤ちゃんです。
低気圧の通過に伴い、強風が吹き荒れた次の日、ビオトープに行ってみると、
ナンキンハゼの赤ちゃんは、フェンスが食い込んでいた傷のところから折れて倒れていました。
もしかしたらこの子は、フェンスと共生していたのではないか…、
それなら私達は余計なことをしたのではないか…、
ビオトープ全体から見ると、フェンスがなくなったのはもちろんいいことですが、
今回の件は、一つの生き物を見つめていく上で、考えさせられた出来事でした。

復活…

2010年05月22日 00:00

hukkatu.jpg 

  昨年、このブログでも紹介した、子ども達の夢をぶち壊しにした剪定作業…、
子ども達が、毎日入り込んで楽しんでいた木の下の秘密基地。
その天井をザクザクに切り刻んだような惨状でした。
しかし…、時が経ち、元通りとはいかないまでも、また子ども達が入りたくなる場所が復活しました。
ここでの子ども達…、いい表情をしています。

ダブルで…

2010年05月21日 00:00

tukamaeta.jpg 

  8時前にも、中休みにも、昼休みにも、そして放課後にも…、
いつでもビオトープで池を覗き込んでいるこの子…、まるでビオトープの住人のようです。
ザリガニ捕りもずいぶん上手になりました。この日もダブルでゲット!
それでも教室に帰る時間になると、もちろんリリース…。
この子とこのザリガニ達…、いったい何回目の出逢いなんでしょうね。
そんな風に考えながら見ると、捕まえられたザリガニ達が嫌がっていないように見えてきますね。

ジャンプ!…

2010年05月20日 00:00

janpu.jpg 

  子ども達は、そこにあるものを何でも遊びにすることができます。
ビオトープのアメリカデイゴの横に積んであるウッドチップの小山…、
これも子ども達の遊び場になっています。
ウッドチップはふわふわしているので、子ども達も思い切ったことに挑戦します。
この子は、ウッドチップの頂を跳び越えるジャンプ!
この後、何人もの子が真似をしたことは言うまでもありません。

楽しみ…

2010年05月19日 00:00

hiruyasumi512.jpg 

  緑が色濃くなり、生き物達が活発に動くようになったビオトープには、
朝早くから訪れている子もいますし、中休み、昼休みにも多くの子ども達が訪れています。
ここでのひとときをとても楽しみにしている子ども達です。

砂糖菓子のような…

2010年05月18日 00:00

mizosoba.jpg 

  昨日ご紹介したモモイロヒルザキツキミソウよりももっと水辺に咲き始めたこの花…、
可愛いピンクで厚みがあり、まるで砂糖菓子のような感じです。
とっても小さな花ではありますが、近づくとこんなに可愛い花です。名前はミゾソバと言います。

パラボラアンテナ…

2010年05月17日 00:00

momoirohiruzakitukimisou.jpg 

  ビオトープの端っこにパラボラアンテナが立っていました。
色がピンクで、昼間に咲いているのに、ツキミソウ…、モモイロヒルザキツキミソウです。
この花は空を見上げて、よく探さないと見つからない薄色のお月様を見ているのかなぁ~。
今、あなたが見ているのは、どうもお日様のような気がするけどなぁ~。

にじいろデンボ倶楽部…

2010年05月16日 00:00

denbo5.15 

  週間天気予報の時点では、雨模様のはずだった土曜日…、
金曜の夜には、「晴れ」の予報に変わり、当日はもう夏を思わせるような陽気の日でした。
前任校の毎月恒例のビオトープ活動「にじいろデンボ倶楽部」には、50人以上の人達が集まりました。
今回からは、PTAの新しい委員さん達のお役目です。
こうして年度を跨いでも続いていく活動、ビオトープコンクール金賞のこの学校の伝統です。

お客さん…

2010年05月15日 00:00

tentoumusi.jpg 

  イグサの花火を見ていたら、その中を散歩しているお客さんに出逢いました。
あちらこちらを忙しく歩き回って何を探しているんでしょうか。
素適なお相手さんかなぁ~? それとも美味しいご飯かなぁ~?

あっという間に…

2010年05月14日 00:00

niwazekisyou.jpg 

  前の日にはなかったのに、次の日には一面の花盛り…、そんな印象です。
本当は違うのでしょうが、蕾までは全く目立たず、一斉に花開き、視界に入るようになったのでしょう。
今、ニワゼキショウの花達がビオトープの原っぱを飾っています。

優しさ育て…

2010年05月13日 00:00

yasasisa.jpg 

  自分の一鉢用の水やりボトルを持って2年生の女の子がやって来ました。
何をするんだろう…、そう思って見守っていると、
あのフェンスの間から助け出されたナンキンハゼの赤ちゃんのところに行き、
水やりを始めました。大きくなってほしいんだそうです。
ビオトープは、子ども達の優しさをしっかりと育てているようです。  

さり気なく…

2010年05月12日 00:00

アメリカフウロ2 

  色合いといい、大きさといい、佇んでいる場所といい、あくまでもさり気なく…、
ビオトープ住まうアメリカフウロ…、よく見ると、けっこう可愛いんです。
葉っぱは、赤い縁取りを纏っていて、さり気なくお洒落なんです。

匂い…

2010年05月11日 00:00

tobera.jpg 

  目立たないくらいの小さな花…、それでも辺りにはとてもよい匂いがします。
トベラ(トビラノキ)です。花の匂いはとってもよいのですが、
枝や葉っぱには独特の臭気があるそうで、
この木を扉にぶら下げて魔除けにしたところからこの名前がついたんだそうです。
今は、この素適な匂いを楽しみたいと思いますが、
そのうちに、魔除けにするほどの臭いの方も勇気を出して嗅いでみようと思います。

緑の炎…

2010年05月10日 00:00

nisibi.jpg 

  汗ばむようだったこの日…、日が傾く頃になっても、とても日差しは強く、
エネルギーを分けてもらおうと、お日様に背を向けて立ってみました。
すると…、花盛りのイグサがまるで緑の炎のよう…。
お日様、ありがとう! たっぷりエネルギーをいただきましたよ。

活動開始…

2010年05月09日 00:00

amerikadeigo.jpg 

  南国原産のアメリカデイゴは寒がりさん…、
真冬にはすっかり葉っぱを落として、まるで枯れ木のよう…、
そんな寒がりさんも、もう大丈夫みたい…、活動開始です。
ようやく、でっかい木のあちらこちらから緑の新芽を出し始めました。
葉っぱが生えそろうと、次は南国風の真っ赤な花…、とても楽しみです。

優しさ…

2010年05月08日 00:00

nagasakiageha.jpg 

  「ビオトープじいちゃん、このチョウ、ケガしてるのかなぁ~。飛べんのよ~。」
子どもが校庭のどこからか、このチョウを両掌で大切そうに抱えて、ビオトープにやって来ました。
どうしたらいいかな…、どうしようかな…と考えた子どもは、
クヌギの木の葉っぱが重なり合った目立たないところに、
そうっと優しく隠すように載せてあげていました。
子どもの純粋な心配の気持ちや優しさが育ってきているようで、嬉しく思いました。

優しい色…

2010年05月07日 00:00

nogesi421.jpg 

  春が来ると、あちらこちらで花が咲き始めます。
いろんな種類の黄色い花が目立ちます。黄色は「元気色」…、見ていると元気が出て来るようです。
「元気色」(4月20日)http://yumenohurusato.blog88.fc2.com/blog-entry-2055.html
そんな中で、この黄色は優しい色をしています。
見ているこちらも、何だか優しい気持ちになれそうです。

ここで…

2010年05月06日 00:00

1nensei.jpg 

  このとき、ビオトープに集まっているのは1年生と2年生の子ども達です。
昨年からビオトープを広く開放し、子ども達が自由に楽しむことができるようになりました。
ここで、卒業までの日々を、命と向かい合いながら過ごすと、
きっと命に対しての見方考え方は違ってくると思います。
そうなっていくように、ここをつくっていかなければならない…そう思っています。

ひっそりと…

2010年05月05日 00:00

siran427.jpg 

  まだここにフェンスがあった頃、フェンスの傍に住んでいた仲間は、
フェンスがなくなると、子ども達の通り道になり、姿を見せませんでした。
ところが、ここは今も残るプールのフェンスと小屋の近くで、子ども達が通らない場所…。
だから、こうして変わらずひっそりと生き続けています。
ビオトープにとって、自然にとって、こんな場所も大事なのです。

らしく…

2010年05月04日 00:00

hiruyasumi428.jpg 

  水が満たされると…、緑に包まれると…、
ビオトープも、ずいぶん自然に親しむ施設らしくなってきました。
子ども達に、かけがえのない命と、しっかりと向き合って欲しいと思います。
そして、自分の命はもとより、生きとし生けるものの命を大切にできる、
そんな人に育って欲しいと思っています。

線香花火…?

2010年05月03日 00:00

i-2.jpg 

  子ども達が集まるビオトープ池にも、緑が目立つようになりました。
青々と背丈を伸ばしているイグサです。近づいてよく見ると、今花盛りです。
同系色で全く目立ちませんが、形はまるで線香花火のパチパチ弾ける火のようです。

i.jpg

捕まえたぁ~③

2010年05月02日 00:00

kaeru.jpg 

  温かくなり、カエル君も動き始めました。そんなカエル君もやはり子ども達に捕まります。
「捕まえたぁ~!」…ほらね、やっぱり捕まった。
でも大丈夫。子ども達は、とても優しく触ります。
小さな生き物を傷つけないように、細心の注意を払っています。
どうですか? 優しい手でしょう?

捕まえたぁ~②

2010年05月01日 00:00

zarigani428.jpg 

  上級生になると、ビオトープに落ちている小枝などを使って上手にザリガニを釣り上げます。
ほら、また捕まえたぁ~! これは大物です。さすがっ!


最新記事