違う生き物に見えてきた…

2010年06月30日 00:00

ikimono.jpg 

  落ちていたアメリカデイゴの花びらを、子どもがあまりにも大切そうに両手を添えて抱えてきたから、
その手元をじっと見ていたら、何だか花びらではなく、別の生き物に見えてきてしまいました。

再生…

2010年06月29日 00:00

yousyuyamagobou621.jpg

  ビオトープの概念はちょっとわかりにくいのかもしれません。
庭造りが好きな人から見ると、もう少し草刈りすればいのに…、と思われるのかもしれません。
虫が逃げ込めるようにちょっと丈の高い草を残していた場所がありましたが、
少し前、用務員さんが気を利かせて、草刈りをしてくださいました。
その藪の中にこのヨウシュヤマゴボウもあり、1.5mほどの背丈になっていましたが、
30cmほどに刈り取られてしまっていました。あちゃ~っ…と思いましたが、もう後の祭りでした。
…それでも、しばらくすると、ヨウシュヤマゴボウは、
ご覧の通り、見事に再生していました。自然の生き物の逞しさですね。

追っかけ…

2010年06月28日 00:00

batta621.jpg 

  ビオトープの原っぱで、子どもに追われて飛び立ったバッタを、さらに追っかけてシャッターをパチリ…。
せっかく出逢ったのだから、その姿を何とかカメラに収めておこうと、
ビオトープじいちゃんは、日々カメラを抱えて、追っかけ続けています。

夏の装い…

2010年06月27日 00:00

benisijimi.jpg 

  このチョウは、春は鮮やかにオレンジっぽく、夏になると黒っぽくなるそうです。
…ということは、これは夏の装いということになりますね。
この小さな体のどこで、何を感じて装いを決めているんでしょうね。ホントに不思議です。

幸せのかたち…

2010年06月26日 00:00

siawase no katati 621 

  私事で恐縮ですが…、昨日、「赤ちゃんバランス」というお題で投稿させていただいたら、
娘が月満ちて無事出産…、めでたく「ビオトープじいちゃん」は本物の「じいちゃん」になりました。
赤ん坊の握りしめた拳には幸せがしっかりと握られているそうです。「幸せのかたち」ですね。

赤ちゃんバランス…

2010年06月25日 00:00

akatyanbaransu.jpg

  ビオトープのあちらこちらで虫達を見かける季節になりました。
この日は、ほら…、こんなおチビちゃんバッタに出逢いました。
足が短く、頭が大きい体の比率…、赤ちゃんバランスの体がとても可愛い子でした。

地上の花火…

2010年06月24日 00:00

tiisana hanabi 

  どこでも見かける景色なのかもしれません。…でも、やはりしゃがんでしまうんです。
緑を背景に花開くこの花…、花びらは線のように細く、
夜空に光の帯を開く花火のように見えてくるのです。

あれっ?こんなところに…

2010年06月23日 00:00

jaga618.jpg 

jaga618-2.jpg 

  ビオトープの景色は、けっこうくまなく見ているはずだったのに、
あれっ?こんなところに…花が咲いた…。おわかりですか? 上の写真の花…。
見落としていました。こんなところからジャガイモが…。

仲良し…③

2010年06月22日 00:00

nakayosi612-3.jpg 

  他のところで咲くこの花はどうなんでしょう?
ビオトープで咲いているこの花は、いつもこうして2つ並んで咲いているんです。
とっても仲良しに見えるこの子達です。

仲良し…②

2010年06月21日 00:00

nakayosi612-2.jpg 

  仲良しのこの2人…、
理科の学習でつくったソーラー&乾電池カーをビオトープに持って来ました。
平らな運動場を走らせるよりも、ビオトープでのダート走行の方がおもしろいと思ったのでしょう。
とてもいい表情で愛車を走らせています。きっと心に残る学習ができたことでしょう。

仲良し…

2010年06月20日 00:00

nakayosi612.jpg 

  「お母さんはね…、小学校の頃、木に登るようなお転婆さんでね…。」
この子達がお母さんになった頃、そんな話を我が子に聞かせてくれたら、
仲良しだったこのアメリカデイゴの木もきっと喜ぶことでしょうね。

貴重なひと色…

2010年06月19日 00:00

niwazekisyou614.jpg 

  目立たないけれど、いいんですよね、これが…。 
アヤメ科の花なのに、本家アヤメとは比べようもない小さな花…、
それでも、緑一色に見えそうなところに貴重なひと色だといます。 

人知れず…

2010年06月18日 00:00

yousyuyamagobou612.jpg 

  昨年に続いて、今年もビオトープにヨウシュヤマゴボウが育っています。
今年は去年よりもうんと背が高くなり、高い位置で花を咲かせています。
目を引くアメリカデイゴの花と同じ時季に、大きさも色合いも全く目立たぬ花…、
子ども達に気づかれずに、人知れず咲いています。
ビオトープの常連さん達には、「あそこにお花が咲いているよ、わかる?」
「あのお花、これからどんな風になるかな? 覚えておくといいよ。」
…子ども達の心に、そうっと種を蒔きました。

絨毯…

2010年06月17日 00:00

juutan.jpg 

  咲き始めたと思ったら、雨に叩かれたアメリカデイゴ…、
あっという間に、足元には真っ赤な絨毯が出現しました。
数え切れないほどたくさんの花が落ちているのに、
木の方にはどこが減ったのか解らないほどたくさんの花が着いています。
この木は、ひとシーズンにいったいいくつ花を咲かせているのでしょうか。

よく見ると、絨毯だけでなく美しい舟も浮かんでいました。

amerikadeigo612-3.jpg

グリーンカーテンを夢見て…

2010年06月16日 00:00

guriinkaaten wo yume mite 

  少し前…、もうすぐ梅雨になりそう…という予報を受けて、
視覚的に邪魔なフェンスをグリーンカーテンで覆うことを夢見て、
ルコウソウの種を蒔きました。ブログ友達の「ひぃ♪」さんから送って頂いたものです。
我が家に咲いていたルコウソウと合わせて、
紅白の星形の花がフェンスに巻き付いて咲いている所を想像するとわくわくしてきます。
雨が降り始めた今日…、フェンス際に行ってみると、早くも25もの芽が出ていました。

rukousou.jpg


  

夏を呼ぶ南国の朱…

2010年06月15日 00:00

amerikadeigo612.jpg 

  南国の花、アメリカデイゴ…。冬は雪を被って枯れ木のようになっていたのに、
ちゃんと春には緑に覆われ、その後には夏を呼ぶ南国の朱(あか)が至る所に現れます。
この様子をしばらく楽しんだ後は、もう真夏です。

amerikadeigo612-2.jpg

友達…

2010年06月14日 00:00

meijin.jpg 

  ザリガニ捕りの名人のこの子…、
朝一番にも、中休みにも昼休みにも放課後にも…、ビオトープにいます。
そして、何匹ものザリガニを捕まえます。でも、あくまでキャッチ&リリース…。
休み時間が終わる頃には、池の…、しかも他の子に見つからないように、
石の陰のところに優しく逃がしてあげています。…いい友達との鬼ごっこのようです。

onigokko612.jpg

こんな子達と…

2010年06月13日 00:00

konna ko ga612 

  アメリカデイゴの木の下に集まる子ども達は、こんな子達との出逢いを求めていたのです。
今までは、気にも留めなかったのに、ビオトープで自然と向き合うようになって、
こんな1cmにも満たない小さな命の存在に気づき、
子ども達は、それらとの出逢いに喜びを感じているようです。本当にステキなことです。

このときを待っていた…

2010年06月12日 00:00

nemoto.jpg 

  フェンスを取り払って一繋がりになったビオトープとアメリカデイゴの木…、
その根元には、刈り草や落ち葉を貯めていますが、
子ども達は、その草の下に虫が集まることを見つけたようです。
こうして連日、この木の根元に子ども達が集まるようになりました。
目論んだ私もこのときを待っていましたし、アメリカデイゴもそうなのかもしれません。

より高く! より遠く!

2010年06月11日 00:00

janpu603.jpg

janpu603-2.jpg 

janpu603-3.jpg 

  川跳びのジャンプを繰り返すうち、子ども達は、より高くより遠く飛ぶことができるようになります。
ご覧ください! この子達、まだ3年生なのに、この跳びっぷり!
このジャンプ、川を跳ぶからこそなんですよね。
不思議と砂場ではこれほどのいいジャンプにはなかなかならないんです。
これが川跳びジャンプのよさなんです。

何てステキ…

2010年06月10日 00:00

hana2.jpg 

  何でもない景色なのかもしれません。それでも、そこに立ち止まり、しゃがんで…、
じっくりと向き合ってみると、「何てステキなんだろう…。」と思えてしまいます。

hana1.jpg

雫…

2010年06月09日 00:00

sizuku602.jpg 

  雨降りの後、アメリカデイゴを見上げていると…、
色づき始めた蕾達が、雫を抱えていました。
その透明に輝く雫の一つ一つには、逆立ちしたビオトープが入っていました。

バトン…

2010年06月08日 00:00

murasakikatabami.jpg 

  ナンキンバゼの赤ちゃんが倒れた後で、その足元に突然…というように花開いた花…、
ムラサキカタバミです。突然に感じた登場で、
まるで、ムラサキカタバミの花が、ナンキンハゼの思いのバトンを引き継いだようでした。

見入ってしまう…

2010年06月07日 00:00

jagabana.jpg 

  その昔…、ヨーロッパの貴族社会では、舞踏会の折、この花をコサージュに使ったとか…。
気品溢れる咲き姿…、いつも思わず見入ってしまいます。

jagabana2.jpg

よく働く…

2010年06月06日 00:00

sagyou602-1.jpg 

  今年度の環境委員会のメンバー…、とてもよく働く子ども達です。
給食後の集合が早い、準備も早い、そして動きも速い…、
その日めざした以上に作業がはかどります。この日は、ウッドチップ敷きの作業を行いました。
作業後もとても爽やかです。本当に気持ちよく頼もしい子ども達です。

いよいよ…

2010年06月05日 00:00

amerikadeigo602.jpg 

  いよいよ夏到来…、南国九州には珍しい雪が積もった冬のあの日…、
寒さにやられて枯れ木のようになっていたアメリカデイゴの木が、
季節が巡り、夏がそこまでやって来た今、しっかりと復活を果たし緑に覆われています。
そして…近づいてよく見ると、木のあちらこちらには南国風の真っ赤な花の蕾が…。

tubomi602.jpg

ごめん…

2010年06月04日 00:00

yahari1.jpg 

  あなたをフェンスの網から解放したとき、これからはゆったり自由に育ってほしいと思っていた…。
あなたはあまりに細く弱々しかったから、支えを立てた…。
しかし、昔に戻すようで結束帯で縛ることができなかった…。よかれと思ったことが徒になってしまった。
台風のような風が吹いたあの日…、
あなたはフェンスが食い込んでいた傷のところから折れてしまった…。
フェンスに挟まれたままでいた方が、あなたは命を長らえることができたのか…、ごめん…。

yahari2.jpg

宝探し…

2010年06月03日 00:00

mituketa.jpg 

  ビオトープの昼休みは、宝探しをする子ども達が集まります。
水辺に集まる子ども達が探す宝はザリガニです。
そして、野原に集まる子ども達はやはり…、「ほらっ、見ぃつけたっ!」

yotuba601.jpg

遠い故郷から…

2010年06月02日 00:00

amerikahuuro.jpg 

  アメリカフウロ…、北米という遠い故郷から、戦後に牧草と一緒に種子がやって来たそうで、
ビオトープ本来の主旨からすると、好ましくないのかもしれませんが、
少なくとも、かく言う私よりも先にこの日本で暮らす先輩…、
子ども達が学ぶ学校ビオトープでは、「仲間」として見ていいのではないか…そう思います。



  

朝露は…

2010年06月01日 00:00

musi520.jpg 

  朝露は、生き物達にとってシャワーのようなものなのでしょうか?
蕾も葉っぱも虫も、それぞれ朝露を体に乗っけています。
しばらく見ていると、この虫は朝日の方向に飛び立っていきました。活動開始!

musi520-1.jpg


最新記事