見納め…

2010年10月31日 16:59

amerikadeigo1028.jpg 

  今年は、6月から咲き始め、10月まで4ヵ月間も咲き続けてくれたアメリカデイゴ…、
さすがに、そろそろ今年も見納めのようです。長いこと、ありがとう…。また来年ね。

赤ちゃん…

2010年10月30日 19:20

akatyan1028.jpg 

  昨日紹介した「次世代」がこれ…。水底の落ち葉の下にいた赤ちゃんを捕まえました。
子どもの掌に乗せて、これだけなので、その小ささが想像できると思います。
小さくとも、ちゃんとハサミもあり、おとなと同じ格好はしています。
それでも、やはりあどけなく見えるのは、どの生き物でもやはり同じで可愛いものです。

そろそろ…

2010年10月29日 21:34

zarigani1016-1.jpg

  そろそろ、しばらく会えなくなるのかなぁ~。
この子の次世代達は、水底に沈んだ葉っぱの下にじっとしているようになってきました。
寂しくなるなぁ~…。ここに通う子ども達はきっとそう思っていることでしょう。

zarigani1016-2.jpg

見逃せない…

2010年10月28日 20:25

murasakisagigoke1004.jpg 

  ビオトープ隣の畑の周りを囲むブロック…、こんなところも見逃せません。
ほら、こうして小さな鳥が飛んでいます。
子ども達にも、小さな世界を見逃さない子になってほしいと思っています。  

滑走路がいらない…

2010年10月27日 19:19

itimonjiseseri1004.jpg 

  この子は、はらはらひらひらと…ではなく、すばやく飛ぶことができます。
いかにも…というような理想的な形の羽を持っています。まるで滑走路がいらないジェット機です。

野菜の親戚…

2010年10月26日 20:55

inuhoozuki1004.jpg 

  ナス、トマト、ピーマン、シシトウ、トウガラシ、ジャガイモ…、ナス科の野菜はたくさんあります。
そしてこの花もナス科、けっこうあちらこちらで見かける草でイヌホオズキといいますが、
野菜の花達と比べると、花も実も小さくてアルカロイドという毒を持っているそうです。

雨の日の楽しみ…

2010年10月25日 22:19

mizutama1004.jpg 

  雨は「命の水」です。お天気続きで埃っぽくなった体を綺麗に洗い流してもらい、渇きを潤し、
宝石のような水玉を乗せて身を飾っている植物達を眺めると、つくづくそう思えてきます。
そんな喜びに満ちた植物達を見ることは、雨の日の楽しみの一つです。

そろそろ見納め…?

2010年10月24日 18:31

akatonbo1004.jpg

akatonbo1004-2.jpg 

  ずいぶん朝夕は風が涼しくなりました。トンボ達もそれをきっと感じていることでしょう。
今年はそろそろ見納めなのかな…? そんな風に思いながら、この子達との出逢いを楽しんでいます。

akatonbo1004-3.jpg

風船パンパン…

2010年10月23日 18:55

huusenkazura1004.jpg 

  フウセンカズラを眺めていたら、パンパンに膨らんだ二つを発見しました。
日向にあったからかなぁ? でも他の日向のがパンパンというわけではないなぁ…。
これだけに種がたくさん入っているわけでもないと思うし…。不思議だなぁ~。

かくれんぼ…?

2010年10月22日 20:49

asagao1004-1.jpg 

  ベンチの陰に隠れるようにアサガオが咲いていました。
どんないきさつで、ここに顔を出したのでしょう?
かくれんぼをしているように見えましたが、誰かが種を蒔いたのでしょうか?


asagao1004-2.jpg

日向ぼっこ…?

2010年10月21日 20:09

itotonbo1004.jpg 

  ずいぶん風が涼しくなり、水辺でイトトンボの姿を見かけないな…と思っていたら、
ビオトープ山の陽当たりのよい辺りに止まっていました。日向ぼっこだったのかな…?

粘り勝ち…

2010年10月20日 18:58

kityou1004.jpg 

  ハラハラとあちらこちらを飛び回り、なかなか止まろうとしないキチョウ…、
今度こそ、今度こそ…と思っても、止まってくれません。
それでも、とことん粘っていると、ついに…。粘り勝ちです。

ステキな三態…

2010年10月19日 21:42

yamatosijimi1004.jpg 

yamatosijimi1004-2.jpg 

yamatosijimi1004-3.jpg 

  小さくて目立たないこの子達ですが、その動きを見ていると飽きることがありません。
閉じていたり、半開きだったり、左右の両羽を擦り合わせるような動きをしていたり、
あるいは全開にしていたり…。それぞれに表情が異なり、目が離せなくなります。

輝くとき…

2010年10月18日 20:24

kagayakuhane1004.jpg 

  とても小さく、シックな羽を持ったチョウです。ですからなかなか目立ちません。
しかし、朝日が差し始めるこの時間帯は別…、周りの生き物達がまだ光を反射しない頃、
こうしてほんの少しの間、羽が輝き、束の間の主人公になるのです。

  

朝の出逢い…

2010年10月17日 20:03

kasasagi1004.jpg 

  早朝のビオトープで、仲良く過ごす一つがいのカップルに出逢いました。
これは…、もしかすると牽牛と織女のために天の川に橋を架けたというあのカササギ?
ビオトープにもこうして野鳥が訪れてくれるようになったと思うと、とても嬉しく思います。

kasasagi1004-2.jpg

にじいろデンボ倶楽部…

2010年10月16日 16:31

denbo1016.jpg 

  今日は、毎月恒例の前任校「にじいろデンボ倶楽部」の日でした。
今日は、地元の氏神様、宇美八幡宮(あの神功皇后が応神天皇をお「産み」なされたので、
この地名がついたと言われています。)のお祭り(放生会)の日でしたので、
この会への出席は少々少なめで寂しかったですが、作業はたっぷりとあり、
参加者は汗しながら、作業を行いました。
前の担当者としては、いろいろと心配も出てきたこのビオトープですが、
この月1回の会くらいは顔を出しながら、支えていかないといけないかな…と思っています。

仲良く…

2010年10月15日 19:53

kamakiri1004.jpg 

  ビオトープに集う子ども達にとって、カマキリは恐い虫ではありません。
人間に対して、何も悪さをしないことを知っています。こうして、仲良く遊べる友達です。

足元…

2010年10月14日 21:26

katabami1004.jpg 

  ビオトープに通っていると、ついつい下を向いてしまうのです。
いえ、気分が塞いでいるわけではないんです。
足元のあちらこちらにステキがたくさんあって、下を向いている時間が長くなるんです。

一休み一休み…

2010年10月13日 20:41

tonbo1004.jpg 

  ビオトープ上空、低い空をあっちに行ったりこっちに来たり…。
忙しく飛び回っているトンボ達…、ときどきは細い枝先に止まって一休み一休み…。
トンボさん、ゆっくりしておいきよ…。そんなに先を急がなくてもいいでしょう?

ステキなオブジェ…

2010年10月12日 17:55

hu-senkazura1004.jpg 

  控え目な白い花…、三つの面を持つ提灯のような風船のような袋…。
フウセンカズラの佇まいは、とてもステキなオブジェです。
そして、このオブジェが秋色に変わる頃…、この中にはとってもさらにステキな宝物が…。

移住…

2010年10月11日 20:31

ijuu1004.jpg 

  本来のビオトープの目的からすると、この子達が相応しいとは言えないかもしれませんが、
以前は、畑の間の狭い通路で暮らしていたんです。
さすがに花が咲いているときは大丈夫ですが、葉っぱだけのときには抜かれるし、踏まれるし…。
見かねて、ここ、ビオトープの端っこに移住させることにしました。
本来の目的ではなくても、命としっかりと向かい合うのが「学校ビオトープ」だと思います。

*ところで、これからしばらくこのブログも…、「時間帯移住(?)」をしてみようと思います。

未来を見つめて…

2010年10月11日 00:00

yago1004.jpg 

  ヤゴという生き物…、お世辞にも可愛いとは言えない姿をしています。
それでも子ども達が、こんなに大切そうに手に乗せ、可愛がっているのは、
この子達がやがて大空に舞い立つ未来を見つめているからだと思うのです。
そんな風に考えて、この子達が暮らすビオトープそのものも大切にする子が増えてきました。

仲良く遊んで…

2010年10月10日 00:00

tuyukusa917.jpg 

  ツユクサを見ると、いつも何となくミッキーマウスに似ている…と思います。
しかも、こうして二段重ねになっていると、
双子のミッキーがおんぶして、仲良く遊んでいるように見えてきます。

共に生きる…

2010年10月09日 00:00

mizutama917.jpg

  復活したナンキンハゼの赤ちゃんに水玉が乗っています。
その葉っぱに囲まれた真ん中にはサオトメカズラの可愛い花…。 
支え合い、守り合い、仲良く共に生きている生き物達です。 

kyousei917.jpg

ここなら安全…?

2010年10月08日 00:00

itotonbo917.jpg 

  小さなイトトンボが「止まりやすい太さ」…と感じているのか…。
細い茎の林立に細い体…、「ここなら安全」…と感じているのか…。
ビオトープでイトトンボが止まっているのは、イグサが多いようです。

朝日に向かって咲く星…

2010年10月07日 00:00

asahi ni mukau hosi 

  赤色のルコウソウからずいぶん遅れて白色のルコウソウが咲きました。
日が差し始める直前の東の空に向かって元気よく花開いていました。
ビオトープはこの花の西側なので、顔を見られないのは残念ですが、
「朝日に向かって咲く星」の後ろ姿をしばし眺めました。

愛の形…

2010年10月06日 00:00

ha-to917.jpg 

  池の中からメダカを捕まえた子ども達の手…。
その小さな命を大切に思い、一緒にすくった命の水を漏らすまいと、しっかりと閉じた指は、
なぜだかいつもハートの形をしています。これこそ「愛の形」だと思ってしまうのです。

止まりにくくはないのかなぁ~?

2010年10月05日 00:00

usubakitonbo914-1.jpg

  ビオトープで羽休めをしているトンボがいました。
それにしても、たくさん止まる場所がありそうなのに、何でこんなところに…?
止まりにくくはないのかなぁ~? 
上のトンボは立った葉っぱを捉まえて…。下なんか、葉っぱの下側からぶら下がるように…。

usubakitonbo914-2.jpg

日向ぼっこ…

2010年10月04日 00:00

siokara914.jpg 

  夏のトンボっていう感じの彼らからすると、最近のビオトープの気温は
もう、少し寒く感じているのでしょうか。温かそうな地面に降り立ち、しばらくじっとしていました。
こんな姿からも、やはり季節は移り変わっているんだなぁ~と感じることができます。

緑の花…?

2010年10月03日 00:00

kunugi914.jpg 

  ビオトープを吹き抜ける風が徐々に優しくなってきました。
クヌギの木を見上げると、緑の花…? 
まだ殻斗にすっぽりと包まれ守られているドングリの赤ちゃんです。可愛い顔を出す日が楽しみです。

あら、捕まっちゃった…

2010年10月02日 00:00

koorogi914-2.jpg 

  声はすれども姿は見えず…。いい声は草むらのあちらこちらから聞こえてくるのに、
なかなか姿は見ることができない秋の主役達…。
このときは、草取りで隠れ場所をなくしたこの子は捕まっちゃいました。


最新記事