かくれんぼ…

2011年07月31日 17:31

kakurenbo0722.jpg 

  その場所で一生を過ごす、静的な存在として捉えられがちな植物ですが、
その命の息吹を感じ取り、動的な感性で捉えてみてはどうでしょう。
ほら…このお花、かくれんぼをしているように見えませんか?

雨後の…

2011年07月30日 19:25

kinoko0722.jpg 

  夜明け前に一雨降って、まだ葉っぱの上にも水滴が見えるような朝…、
地面をよく見ると、こびと達が傘を差しているような列がありました。
突然現れて、あっという間に姿を消してしまうこの子達…、出逢うことができて幸運な朝でした。

どんな姿に…

2011年07月29日 20:48

youtyuu0722.jpg 

  とってもでっかい幼虫を発見しました。見た目では7~8cmくらいでしょうか。
あなたはなぜここにいるのでしょう。何を食べているのでしょう。
この後、成長してどんな姿になるのでしょう? 無事に育ってくれるのでしょうか。

空への想い…

2011年07月28日 18:18

nukegara0722-1.jpg 

  一生の仕上げの一週間…、
空への想いを胸に、旅立ちの枝に向かって長年住み慣れた穴を後にするセミ達…。
この限られた日々で、パートナーと出逢い、次世代に命を繋がなければなりません。
きっと忙しいけれど、輝かしい一週間になることでしょう。

うまいもの…

2011年07月27日 19:24

semi0722-2.jpg 

  こうして間近まで寄れば、そこにセミの存在があることには気づくことができます。
…が、ちょっと離れると、樹皮の色合いに溶け込んでしまって、どこにいるのかわからなくなってしまいます。
ボディや羽をこのような色合いにすることを、いったい誰に教わったのでしょうね。うまいものです。

過密…

2011年07月26日 18:47

semi0722-1.jpg 

  もう他の音がかき消されてしまうほどの蝉時雨…、大きな木ではセミ達の大合唱です。
あまりの過密で弾き出されたのか、止まりにくそうな細い木に止まっているセミ君に出逢いました。
無理に混み合うところに行こうとしない姿に、共感してしまう私でした…。

緑の風景…

2011年07月25日 18:58

biotop0722.jpg 

  いろいろなところからの支援を受けながらめざしてきたビオトープの緑化…。
今の季節はずいぶん進んできたように感じます。
正面奥には、隣接したスーパーが大きく景色に映り込んでいたのですが、今はほとんど見えません。
本校敷地内にあるプールやプール機械室はまだ覗いていますが、
蔓性の植物の力を借りて、今後さらなる緑の風景に…と考えています。

明日に向かって…

2011年07月24日 17:48

zakuro0713-2.jpg

  真っ赤な花を咲かせた後のザクロは、明日に向かってエネルギーを充填しています。
夏の日差しを浴びながら、花の根元を少しずつ膨らませています。 
この膨らみがさらに丸みを増し、弾ける季節が今から楽しみです。   

zakuro0713-1.jpg

寄り添うように…

2011年07月23日 18:40

tuyukusa0713.jpg 

  子ども達が活発に動き回るビオトープでは、「獣道」ならぬ「子ども道」ができていきます。
すると、木々と草達は必然的に寄り添うような形になっていきます。そういうところがまたステキです。
ここで子ども達と話すとき、「木と草…仲良しさんだね。」って言っています。

おとなし…②

2011年07月22日 21:02

kanabun0713.jpg 

  蝉時雨が降り注ぐ木の足元で、静かに過ごしているこの子…、
どうしてこの子は、せっかく「おとなし」なのに、ピカピカボディなんでしょう?
目立ちたいのか、目立ちたくないのか…、生き方の戦略を聞いてみたい気がします。

おとなし…

2011年07月21日 20:05

tonbo0713.jpg 

  「おとなし」…「大人し」「音無し」。
気をつけてビオトープのあちらこちらに視線を巡らせないとこの子達に出逢うことはできません。
「おとなし」のこの子達に出逢うために、抜き足差し足…、そしてパチリ!

明日から夏休み…

2011年07月20日 18:27

hiruyasumi0713.jpg 

  子ども達の声でにぎわったビオトープも、明日からは夏休み…。
これからしばらくの間は、ここの主役はクマゼミ達でしょうか。
それでも学童の子ども達や遊びに来る子ども達も多いので、虫達も油断をするわけにはいきません。

学習の風景…

2011年07月19日 19:22

gakusyuu no huukei0713-2 

  理科の時間…、ここにくれば何かに会える…そんな風に思って、
今日は4年生がビオトープにやって来ていました。
今日はどんなステキな出逢いがあるんだろうね…。楽しみだね、みんな…。

影もかっこいい!…

2011年07月18日 18:01

kamakiri0713.jpg 

  「先生…、カマキリってかっこいいよねぇ~。影もかっこいい!大好きっ!」
こんな声を聞くとホントに嬉しくなります。ビオトープを整備してよかった!心からそう思う瞬間です。
子ども達と虫達…、こんなステキな友達になってくれるといいなぁ~。

水に映る風景…

2011年07月17日 17:40

mizuni uturu huukei0713-1 

  よく晴れ渡り、風のない日の水面はステキな「水鏡」になっています。 
どちらが本物の景色かわからなくなるほど、とても美しい逆さの景色が映り込んでいます。 
時折、逆立ちしながら通り過ぎていく鳥やトンボをしばらく見つめていました。

mizuni uturu huukei0713-2

ステキな色…

2011年07月16日 19:22

aosujiageha0713.jpg 

  ビオトープ池の畔に、アオスジアゲハが喉を潤しにやって来ていました。
このチョウは、羽の模様にどうしてこんなステキな色を選んだのでしょう。
しかも、一本の線ではなく、点線のようになっていてさらにステキ…。しばし見とれていました。

aosujiageha0713-2.jpg

赤の主張…

2011年07月15日 21:28

zakuro0705.jpg 

  植物の色は、きっとそれぞれに意味を持っているのでしょう。
この「赤」は、空から眺めれば、緑色や土色の上に乗っているので、とっても目立つことでしょう。
こうして下から仰ぎ見ても、空の色の下にあって、やはりとっても目立つことだと思います。
「きっと目立つはず」…、植物はどこでどうやってそれを考えているのでしょう。

ふるさと…

2011年07月14日 22:57

siokara0705.jpg 

  真夏を迎えたビオトープ…、ここをふるさととする生き物達が次々と大空へ巣立っていきます。
この空で、パートナーと出逢い、この池をふるさととする次世代の命達につながってくれれば…
そう願ってやみません。いいお相手さんを見つけてね…。いってらっしゃい。

光と影…②

2011年07月13日 18:46

nankinhaze0705-2.jpg 

  あっという間に入道雲がわき上がったかと思ったら、大粒の雨が木々を叩く…。
そして、しばらくすると、何事もなかったかのように、真夏の日差しが戻ります。
そんな初夏の天候の下、木々の緑も、光と影のコントラストもとてもステキです。

光と影…

2011年07月12日 19:56

nankinhaze0705-1.jpg 

  真夏の日差しが降り注ぐビオトープ…、
雫を乗せた葉っぱ達は、光とそれに伴う影を映してくっきりとしています。
真夏ならではの景色…、生き生きと暮らしている生き物達の勢いを感じることができます。

夏に向けて…

2011年07月11日 21:42

amerikadeigo0705.jpg 

  梅雨が明けると同時に、連日の真夏日・猛暑日続きの北部九州地方です。
ビオトープのシンボルツリーのアメリカデイゴは、一咲きし終えて、今、二番咲きの準備をしているところです。
子ども達もまもなく夏休みです。ステキな夏になれば…と願っています。

梅雨明け…

2011年07月10日 19:56

itijiku0705.jpg 

  今週末、北部九州地方では梅雨が明けました。例年より10日ほど早いのでしょうか…。
…と思ったら、今度は猛暑。いきなり「真夏日」の気温を通り越して「猛暑日」を記録。
今年も暑さが厳しそうです。…しかし、植物達は何だか嬉しそうにも見えます。

ここで学ぶ…②

2011年07月09日 18:31

jikken0705-2.jpg 

  子ども達には、ビオトープでじっくりと自然と向き合ってほしいと思います。
人間の好きなように使う…という傲慢な態度でなく、
母なる地球を心から愛して、上手に、そして大切に付き合っていってほしい…、そう思います。

ここで学ぶ…

2011年07月08日 21:24

jikken0705-1.jpg 

  ビオトープに6年生達がやって来ました。理科の実験をするんだそうです。
ビオトープは、「生き物達が幸せに暮らす場所」ではあると思いますが、
一方で、「子ども達が自然とともに学ぶ場」でもあると思うのです。
「学校」という場所にあるビオトープは、そういう役割を担っていると考えていくべきだと思います。

全面池化…

2011年07月07日 18:35

ooame0707.jpg 

  昨日から引き続いての大雨…、ときどきはバケツをひっくり返したような降り方をしました。
渇くと水位が減ってしまう水漏れビオトープ池も、このような雨ではとても排水しきれず、
水が溢れ、全面池と化していました。石積みより向こう側が本来の池ですから、
面積は何倍にもなっています。観察デッキも浮島のようになっています。

大雨…心配…それは…

2011年07月06日 19:51

ooame0706.jpg 

  今日の九州北部地方は梅雨末期の大雨(九州南部は梅雨が明けたはずなのに大雨)でした。
ビオトープ池はご覧の通り、通路の方まで水が溢れています。
(画面中央付近に見える石積みの左までが本来の池です。)
心配は体長5㎜ほどのクロメダカの赤ちゃん達のこと…、本来通路の方まで探検に出て来ているのです。
水が引くまでには、ちゃんと池に戻れるのかなぁ~。心配です。

ウサギベビー…

2011年07月05日 18:37

usagi0705.jpg 

  中間休みの時間、ビオトープ隣りのウサギハウスで子ども達が騒いでいました。
そこには、ウサギベビーが4羽…。それにしてもまぁ、露天掘りのような穴の中に出産。
雨が降れば直撃、大雨ならば水没の危険も…。夕方には西日が直に当たっていました。
こんなところで無事に育つのか? ここはビオトープではないので、手を出すことに…。
穴の周りに溝を切り、雨水の流入を防ぎ、西日と雨を防ぐために、穴の上空に傘を差し掛けました。
何とか無事に育ってくれないかなぁ~。

宝物…

2011年07月04日 19:48

iinkai sagyou0701-2 

  今や、ビオトープは我が校の宝物です。どのくらいすばらしい宝物になっているのか、
今年度、「全国学校・園庭ビオトープコンクール2011」に初挑戦です。
そのことを知った子ども達は、作業にもさらに力が入っています。

進んで働く…

2011年07月03日 17:35

iinkai sagyou0701 

  ゴミが捨てられているところには、またゴミが捨てられる。
石が投げ込まれているところには、また石が投げ込まれる。
だから、ぼく達私達は、進んで働き、ビオトープでそんなことが起こらないようにする!
そんな気持ちで、環境委員会の子ども達はいつもがんばっています。

ビオトープ管理士会総会…

2011年07月02日 22:05

fit biotop0702 

  今日の午後は、所属している「ビオトープ管理士会」の総会が行われました。
各方面からの貴重な報告がありましたし、本校ビオトープについても紹介させて頂くことができました。
会の後は、総会の会場である福岡工業大学のビオトープの見学もしました。
母なる自然の懐に抱かれたごくごく自然に近い状態で見守られているビオトープでした。
見学後は、懇親会へと繰り出し、グラスを傾けながら、いろいろなお話をすることができました。
ビオトープ管理士会の皆様、本日はお疲れ様でした。

池が大きくなってる…

2011年07月01日 23:09

ike ahureru0701 

  水漏れし、水を入れてやらないとすぐに水位が下がってしまうビオトープも、
さすがに、こんなにしっかりと雨が降ると、水が溢れてしまいます。
遠目に見ると、池が大きくなっているように見えます。


最新記事