命に抱かれて…③

2012年03月31日 19:08

inoti ni dakarete0319-3 
  木登りは、男の子だけの遊びではありません。この木と仲良しの女の子達もたくさんいます。
木の命に抱かれて、とてもいい表情の子ども達…、ステキです。  

別れの朝…

2012年03月30日 09:00

sakura0330-1-1.jpg 
  今日は異動発令の日…。今日で本年度のチームスタッフとのお別れです。
そんな別れの日の朝…、ご覧の通りサクラが開花を始めていました。別れを惜しむように…。
ご退職される先生、転勤される先生方、たいへんお世話になりました。どうぞ、お元気で…。

sakura0330-2-2.jpg

命に抱かれて…②

2012年03月29日 19:47

inoti ni dakarete0319-2 

  カイコウズの少し高いところに上がった子を下から見上げると、
太い幹と小さな枝々が重なり合って、絡み合って、子どもは命に抱かれている感じがします。
この子も、きっとこのカイコウズのことを大切に思っていることでしょう。
命と命…、こうして繋がり合い守り合っているのです。

遅いなら…

2012年03月28日 19:17

sakura0327.jpg 
  今年はサクラの開花が遅いようです。蕾もまだご覧の通り…、先端にほんのちょっとピンクが覗いているだけです。
どうせ遅いのなら、いっそのこと入学式にちょうどいいくらいが見頃になってくれれば…と思います。
そうすれば、きっとピカピカの1年生も喜んでくれることでしょう。
…そして、1年生達もビオトープのことを気に入ってくれるのではないか…と思います。

下見に…?

2012年03月27日 21:09

okyakusan0327-1.jpg 
  今日は、春の日射しがとても気持ちのよい日でした。午後のビオトープには、可愛いお客様がやってきました。
学校のお隣の保育園の子ども達です。後何日かすると1年生のこの子達…。下見に来たのかな?

okyakusan0327-2.jpg 

okyakusan0327-3.jpg

命に抱かれて…

2012年03月26日 21:54

inoti ni dakarete0319-1 
  ビオトープのシンボルツリー、カイコウズ…、子ども達は、この大きな命に抱かれて遊びます。
木登りは男の子の遊び…というわけではありません。こうして女の子達も平気に登っています。
女の子達は、なかなか大きくなると、木登りの機会などなくなるでしょうから、今の内に楽しんで欲しいと思います。

溢れる愛…

2012年03月25日 17:15

ha-to ga ippai0319 
  寂しかった寒い季節のビオトープの地面も、少しずつ色合いが豊かになってきました。
ここでは、カタバミが元気に暮らしています。カタバミは、その鮮やかな黄色にも目が留まりますが、
このハートが繋がったような葉っぱがまたステキです。溢れる愛の景色です。

凛とした…

2012年03月24日 22:56

rin to sita0329 
  「おっ! 花が咲いたぞっ!」…そう思って、ノゲシの花を上から覗き込んで見ると、
開いたばかりの花びらの根元には飾りのように蕾があり、葉っぱは左右にピンと張っていて、
何だか凛とした立ち姿に見えてきます。

来訪者…

2012年03月23日 18:11

tori0319.jpg 
  少しずつ植物の数が増えてきたビオトープは、来訪者の数も徐々に増えてきています。
春休みになり、子ども達の来訪が減ってくると、ますます鳥達の来訪は増えていくことでしょう。
どんな子達が訪ねて来てくれるのか…とても楽しみです。

満開…

2012年03月22日 00:00

sakuranbo0319-1.jpg 
  このサクランボの木は、まだ植樹して初めての開花なので、木もか細くて、
満開と言えどもそれほど花の数があるわけではありませんが、
それでも、精一杯がんばって花を咲かせています。
これで、どのくらいの実を結んでくれるのか…、今後がとても楽しみです。

sakuranbo0319-2.jpg

新たな命…②

2012年03月21日 00:00

usagi0320-1.jpg 
   年度末はとかく忙しい日々が続きますが、休日でもビオトープには足を運ばずにはいられません。
ましてや、こんな可愛い姿を見つけてしまってはなおさらです。
野菜をあげると、おとな達に混じって、この子も野菜を囓り始めました。
他のウサギ達がその場を離れても、寄り添うように傍にいるのはお母さんなのかな…?

usagi0320-2.jpg 

usagi0320-3.jpg 

usagi0320-4.jpg

新たな命…

2012年03月20日 00:00

usagi0319-2.jpg 
  ビオトープ隣のウサギ舎で、安全になるまで巣穴で育ったウサギの赤ちゃんが、
初めて子ども達の前に姿を現しました。このくらいの大きさのときに、とても警戒心の強かった親世代と違い、
この子にはあまり警戒心はなさそうの気がします。ちょっぴり複雑な心境ですが…でも可愛い…。
子ども達も、この可愛さに目がハートになっていました。

usagi0319-1.jpg

春見つけ…

2012年03月19日 18:14

harumituke0315-1.jpg 
  春一番が吹き、ようやく本格的な春がやって来そうなこの地方…、
休み時間のビオトープも、子ども達で賑わうようになってきました。
1年生の女の子4人組は、川の石をめくって、なにやら覗いています。春見つけ…かな。

harumituke0315-2.jpg

メダカの学校は…

2012年03月18日 22:19

medaka0315-1.jpg 
  風も優しく、そして日射しも柔らかくなってきました。きっと水の中も温かくなってきたのでしょう。
きっと1000を上回るだろう…という数のクロメダカ達が群れなして元気に泳ぎ始めています。
子ども達は、懐かしい友達に久しぶりに会ったようにして水の中を覗き込んでいました。

medaka0315-2.jpg

巣立ち…②

2012年03月17日 21:58

kinobori0315.jpg 
  昨日の卒業式で巣立っていった子ども達…、この子もその一人です。
六年生になるとき、ジャンケンに負けて環境委員会になれなかったこの子…、
それでも、「ボランティア環境委員」と自らを呼び、たびたび作業にやって来ていました。
この日は、シンボルツリーのカイコウズの高い枝で、ビオトープの景色を目に焼き付けているようでした。
ありがとう。中学になっても、ときどきここを眺めにおいでよ…。

巣立ち…

2012年03月16日 19:20

sotugyou0316.jpg 
   四年生の頃から声を掛ければ、快く応じ進んで働いてくれた子ども達…、
今年度は、環境委員として初のビオトープコンクールへの挑戦に向けて、昼休み返上でも活動しました。
今日は、ついに巣立ちの日です。この子達の意志は、きっと後輩達に続いていくことと思います。
ありがとう、子ども達。元気でね…。 辛いことがあったら、ここを眺めにおいでよ…。

カウントダウン…②

2012年03月15日 20:09

sakuranbo0215-1.jpg 
  明日は、本校の卒業式です。
ビオトープをよりよくしていくために力を尽くした環境委員会の6年生達も巣立っていきます。
卒業に合わせるようにカウントダウンしていたサクランボもついに開花…、卒業に間に合いました。

sakuranbo0315-2.jpg

アイドルみたい…

2012年03月14日 18:06

hosinohitomi0312.jpg 
  こんなに可愛い姿だから、よく女の子達から「このお花の名前はなあに?」…と聞かれます。
もし、「オオイヌノフグリ」と覚えて、将来「フグリ=陰嚢」だと知ったら、
この可憐な姿と名前とのギャップに、大きなショックを受けるだろうと思い、
私は必ず、「このお花の名前はホシノヒトミって言うんだよ。」…と答えることにしています。
「へぇ~、何だかアイドルみたいな名前~。」…そう、だからこのお花はホシノヒトミです。

カウントダウン…

2012年03月13日 19:44

tubomi0312-2.jpg 
  ここ数日、真冬に逆戻りのようなこの地方ですが、
ビオトープのサクランボは開花へのカウントダウンを始めているようです。
卒業式まで後3日…、もしかするとジャストタイミングかも…。

春ですよね…

2012年03月12日 20:54

hukinotou0312.jpg 
  今朝の気温は0℃でした。…もう春ですよね。今週末は卒業式です。
冷たい風が吹く中、ビオトープに春を探しに出掛けました。
ほら…、やはり春の使者はそこに立っていました。…きっと、もうすぐ本当に春が来るのでしょう。

huki0312.jpg

遊びのリレー…

2012年03月11日 19:16

asobi no rire-0307 
  前に遊んでいった子が残した葉っぱが、ビオトープ池の水面に残っていました。
すると、後から来た子が、その葉っぱを水面で1ヵ所に集め始めました。
水に浮かぶクローバーもステキですが、この遊びのリレーがステキだと思いました。

目を凝らしてみると、…

2012年03月10日 17:24

hana0307-2.jpg 
  地面に目を落としてみると、「やあ、お花が咲き始めたか。」…なんて嬉しくなる季節です。
しかし、さらに目を凝らしてみると、そう呑気に笑ってはいられないことも見つけることができます。
画面の中に、細い糸のような青いものがご覧になれるでしょうか。これはブルーシートが風化したものです。
風に飛ばされ、あちらこちらに落ちていますが、きちんと回収しないと自然と土に還るということはありません。
とかく、人間が創り出したものは自然にとっては、迷惑なものです。

友達…②

2012年03月09日 18:00

tomodati0307.jpg 
  ビオトープのシンボルツリー、カイコウズは子ども達の友達です。
昼休みに友達同士で、この友達のところに出掛けて来た子ども達は、こうして友達とともにひとときを過ごします。
ゆったりと自然と過ごす子ども達はとてもいい表情をしています。

あと幾日…

2012年03月08日 18:33

tubomi0307.jpg 
  ビオトープのサクランボの花…、蕾の先がピンクに見えてきました。
開花まではあと幾日くらいでしょうか? この子達のために働いてくれた6年生達が卒業するまであと8日です。
美しい花を咲かせて、子ども達を送り出してくれるのでしょうか?

技と力…

2012年03月07日 18:19

tobu0229-1.jpg 
  
  登ったら降りる…、当たり前のことです。登らないなら降りる必要もありません。
登るには登るための技と力が必要で、降りるのにも降りるための技と力が必要です。
それを、身につけるかつけないかはとても大きなことのような気がします。
できれば、男の子だって女の子だって、子ども達の全てが身につけてくれたら…そう私は思っています。

tobu0229-2.jpg

友達…

2012年03月06日 22:03

tomodati0229.jpg 

  雨が多い最近の天候ですが、雨が降り出す前はやはり友達に会いたいらしい…。
ビオトープのシンボルツリー、カイコウズの周りには子ども達がいっぱいです。
周りを駆け回ったり、上に登ったり飛び降りたり…。友達はいいものです。


啓蟄…

2012年03月05日 21:23

sagyou0229-2.jpg 
  今日は「啓蟄」です。今日はあいにくの天気だったので、これは今日の写真ではありませんが、
冬籠もりをする虫達ばかりでなく、子ども達だって柔らかい春の日射しを受けると、積極的に動き出すのです。
この日は、前日までに降った雨で、何となく観察デッキがずれていると感じた子ども達は、
靴や靴下を脱ぎ捨て、ズボンの裾をたくし上げて、水の中にズンズン入って行きました。
自分達の手でビオトープを守る子ども達の表情…、本当にステキです。

sagyou0229-1.jpg

啓蟄イヴ…

2012年03月04日 17:27

ketitu ibu0229 
  明日は「啓蟄」です。こうして、身を寄せ合って寒さを凌いでいる虫達もいよいよ活動開始の季節です。
まあ、活動開始する前でも、ビオトープによく訪れる子ども達からは、こうして見つかってしまいますけどね。
「もう少しだけ、寒くないように元のところに戻しておいてあげようね。もうすく逢えるようになるからね。」

活動開始…

2012年03月03日 21:20

medaka0224-2.jpg 
   今年の「啓蟄」は明後日(3月5日)だそうです。冬籠もりしていた生き物達も活動開始です。
水の中も日射しを受けると、動きやすい温度に温まるのでしょう。クロメダカ達が元気に泳いでいました。
数百匹もいそうなクロメダカの群れ…、ご覧になれますか?(画面上部中央)

幸せ探し…

2012年03月02日 19:20

siawasesagasi0224.jpg 
  「あるかな、あるかな?四つ葉のクローバー…。」
春を感じさせる温かい日差しの下で、ビオトープにしゃがんで幸せ探しをしています。
この見つかる前のワクワクがステキ…。そして見つかったときの「幸せ」を感じる一瞬がまたステキです。

育む…

2012年03月01日 19:29

kinobori0224-2.jpg 
  子ども達は、スケールの大きい命と直に触れ合うことで、心も体も健全に育まれている…。
そんな風に考えて、それを薦めるように行動しにくい現代です。何とも残念なことです。
木に腰掛けているこの子の穏やかな表情から、改めてそのことに立ち止まってほしい…、そう思う一コマでした。


最新記事