デッキが旅に…!?

2012年06月30日 18:00

manman0625.jpg 
  梅雨末期の強い雨の後、ビオトープに行ってみると、水かさが増し、池の面積も割り増しになっています。
池に張り出した観察デッキは、満々の水で浮力を持ち、沖(?)に向かって旅に出ようとしています。
環境委員会の子ども達に見せて、何とか工夫させてみようと思っています。…さて、どうするかな?

さて、今年は…

2012年06月29日 22:11

kaikouzu0625.jpg 
  6月に花盛りを迎えるアメリカデイゴ(カイコウズ)…、木が真っ赤に見えるほどの花を咲かせますが、
その花は、見事な絨毯をつくり、花盛りを過ぎていくのですが、それでもその後に、
二番咲き、三番咲きを見せながら、けっこう息の長い花時季を楽しませてくれるのです。
一昨年の猛暑のときには、この辺りではなかなか見られない豆の房を見ることができましたが、
(カイコウズは、海紅豆←豆なんです。) …さて、今年はどうでしょうか。

共存…

2012年06月28日 21:13

saru3.jpg 

  私の自宅は、本校ビオトープから約4㎞山手に行ったところにあります。
その自宅近辺で、ちょっとした事件が起こりました。写真のようにお猿さんが歩いていたのです。
20年近くここに住んでいますが、このようなことは初めてです。
…ということは、お猿さん達が住んでいる山の中の、住み心地が悪くなっているのかもしれません。
何とか共存する手だてはないものでしょうか。

虫達にとっては…

2012年06月27日 19:56

hati0625.jpg 
  ヤブカラシ…、別名は貧乏葛(びんぼうかずら)というそうです。
人間にとっては、あんまり縁起のよくない植物の扱いですが、虫達はとっても気に入っているようです。
とっても小さな花なのに、よくいろんな虫達がやって来ています。

頭上にも注目…

2012年06月26日 19:03

hana0625.jpg 
  ただ漠然と緑を眺めていると見落としてしまいそうな景色ですが、見落とさないようにしたいものです。
…ほら、穂になったお花が見えています。さらによく見ると、穂になった雄花の根元に雌花も見えます。

ミクロのビオトープ観察…

2012年06月25日 21:11

kansatu0625-1.jpg 
  5年生の子ども達がビーカーを手に、ビオトープにやって来ました。
聞いてみると、水の中の微生物を調べるのだとか…。
ミクロのビオトープの世界を除き見ることができれば、とてもステキです。

kansatu0625-2.jpg 

kansatu0625-3.jpg

ちゃんと育って…

2012年06月24日 19:54

itijiku0619.jpg 
  小さなイチジクの木のてっぺんに、小さな実が2つできました。
まだ指先ほどの大きさしかない小さな実です。ちゃんと育って…、そう願いながら見守っています。

クールダウン…

2012年06月23日 21:28

hati0615.jpg 

  暑い日射しの下、羽を高速回転させてすばやく飛んでいる虫達は、
相当に体に熱を持つのではないでしょうか…。ビオトープに飛んで来たハチをよく見ていたら、
池に浮かんだ葉っぱの上で、池の水にお尻をちょこんちょこんと浸けていました。

足元の満開…

2012年06月22日 21:44

murasakikatabami0607.jpg 
  普段の暮らしでは、前を向いて堂々としていたいと思いますが、
ここビオトープに来たときは、はるか頭上を見上げたり、俯いて足元を見つめたりしています。
このようにステキな足元の満開を見逃したくはありませんから…。

見逃さないように…

2012年06月21日 21:45

kosiakitonbo0607.jpg 
  少しずつ夏らしくなってきた日射しを避けるように、木陰で休むコシアキトンボに出逢いました。
シックなボディに加えて、あまり派手に動き回らない性質のようで、
うっかりすると逢いそびれてしまいます。見逃さないように、木陰に目を走らせることを忘れません。

台風が残した…②

2012年06月20日 19:02

usagi0619.jpg 

  台風4号が通り過ぎた後…、ビオトープ隣のウサギさん達のお家でも何らかの被害があったのかもしれません。
いつもはあまり姿を見せない赤ちゃん達が、甲羅干しをするように土管の上に並んでいました。
柔らかそうな毛もうまく乾いたでしょうか…。巣穴の中も快適な環境に戻るといいですね。
これもまた、台風4号が残したステキな景色です。

台風が残した…

2012年06月19日 20:58

kaikouzu0619-2.jpg 

  九州の東を通り過ぎて行った台風4号…、今、中部地方ではたいへんな状況のようですが、
福岡では、子ども達の下校時刻をずらす必要もないほどの影響でしたが、
ビオトープではご覧の通り、花盛りのシンボルツリー、カイコウズは、木の下に真っ赤な絨毯を広げています。
その向こう側の池は氾濫し、面積が倍加しています。台風4号が残した足跡です。

コントラスト…

2012年06月18日 21:19

zakuro0607.jpg 
  緑と紅のコントラストと言えば、ザクロの木と花も鮮やかです。
勲章のような花の周りで、ご覧のようにコサージュか勲章か…と言うような景色が目に飛び込んで来ます。
…ところで、この花は、どうして七つのとんがりを選んだのかなあ? これってかっこいいですよねぇ。

特徴的な…

2012年06月17日 18:00

kaikouzu0615.jpg 
  この季節…、本校ビオトープの特徴的な景色が現れます。
梅雨空の下、埃を洗い流した景色には、木々の緑と真っ赤な花が、鮮やかなコントラストをつくっています。
ビオトープのシンボルツリー、アメリカデイゴ(和名=カイコウズ<海紅豆>)です。
しばらくすると、地面に無数の花びらを散らし、真っ赤な絨毯もできます。

不思議な景色…

2012年06月16日 23:11

tonbo0601.jpg 
  ビオトープ池の中に暮らしているイグサ…、
根元の水面が歪んだ景色がおもしろくて、しばし見入っていました。
その景色を歪めるのを手伝っているトンボさんも発見! ほら…、いるでしょう?

お目々パッチリ…

2012年06月15日 21:35

pattiri0530.jpg 

  梅雨の時季…、まっすぐに空に向かって咲くこの花を見ていると、
お目々パッチリで、空を見つめているように見えてきます。天から届く、雨粒目薬をキャッチしているのかな?

跳べ…ダイナミックに!

2012年06月14日 21:29

tobe0530-6.jpg 
  切り株に登って、そして飛び降りるという動作も、子どもによってそのスケールの大きさが違います。
体は小さいこの子の跳び方は…。ただ、重力に任せて飛び降りるのではなく、引力に逆らって跳び上がり、
手足を目一杯使ってダイナミックに跳んでいます。これこそ外遊び!ナイスな体の使い方です。

tobe0530-5.jpg

跳べ…②

2012年06月13日 23:10

tobe0530-2.jpg 
  女の子だって跳ぶのが大好き! 列をつくって次々に、跳ぶ!跳ぶ!!  跳ぶ!!!
体中で跳ぶことを楽しんでいるのがよくわかります。
この子達の遊びを支えている切り株も、きっと喜んでいることでしょう。

tobe0530-3.jpg  

跳べ!…

2012年06月12日 21:15

tobe0530.jpg 

  ビオトープを訪れる子ども達は、体を思いっきり使って自分の可能性を試します。
切り株に登ったこの子達は、ただ飛び降りるのではなく、
少しでも高く、少しでも遠くに跳ぼうと試みています。この繰り返しで、子ども達は成長していくのです。
跳べ! 子ども達!

今度は大丈夫…?

2012年06月11日 17:59

sarunokosikake0530.jpg 
  この切り株が本校に来たとき、とてもステキなおまけがついていました。それは、サルノコシカケです。
ところが、切り株の上の方についていたため、みんなが触り、そのうちに折れてしまいました。
とても残念に思っていましたが、最近また顔を見せてくれました。切り株が地面に接する辺りです。
ちょっと屈んで覗き込まないと見えにくい場所です。今度は大丈夫でしょうか…。

そっと覗いて…

2012年06月10日 23:29

soutto nozoite0530 
  ♪めだかの学校は川の中 そっと覗いて見てご覧 そっと覗いて見てご覧 みんなでお遊戯しているよ♪

群れなして泳ぐメダカ達を見つめる子ども達の目は、優しく澄み切っています。

秘密?基地…

2012年06月09日 19:53

ki no sita0530 
  「秘密基地」と呼ぶには、誰でも知っていそうな木の下ですが、
子ども達が大好きな場所です。ここに入って遊んでいる子ども達は、みんなにこにこ顔です。
この日はいいお天気ですが、ここはちょっとした雨なら濡れずに済みます。とってもステキな遊び場です。

青…

2012年06月08日 23:35

siokaratonbo0607.jpg 
  昨日に続いて、今日は青色ボディのトンボ君…、ビオトープ池の周りをあちらこちらと飛び回っていました。
きっと、このビオトープを自分の縄張りだと決めたのでしょう。
ちょっと前には、金色ボディの可愛い子も来ていましたよ…。出逢えるといいねぇ~。

金…

2012年06月07日 18:17

tonbo0525.jpg 

  そろそろトンボを多く見かける季節になりました。
昨日は、水面すれすれを行き来しているギンヤンマと出逢いましたし(撮影はできませんでした)、
今日は、こうして金色に輝くボディの子が現れました。空色ボディのステキな彼氏と出逢えるかな?

新築中…

2012年06月06日 18:48

hati0525.jpg 

  これは、剪定後の枝です。このハチは只今新築中です。
建築を始めたのは、剪定より前だったのか後だったのか…。
いずれにしてもすでに宙ぶらりんの枝、ここでの建築継続はちょっとまずい気もします。
心配だなあ。気になるなあ…。

濡れたいの?濡れたくないの?…

2012年06月05日 23:08

kaeru0525.jpg

  雨の日、ドングリの木の葉陰を覗いてみると…。
葉っぱの下に頭を突っ込んでいるアマガエルを発見!
体は雨水で潤っています。あなたは、濡れたいの?それとも濡れたくないの?   

石榴…

2012年06月04日 21:58

zakuro0525-1.jpg 

  今日は6月の全校朝会の日…、校長先生が「石榴」の字を子ども達に示しながら話を始められました。
近年の子ども達に馴染み深い生き物ではないザクロ…、それでも本校ではビオトープを訪ねれば、
こうして出逢うことができます。今年は、去年に比べてとてもたくさん花を着けています。
ビオトープのお隣のウサギ小屋を受け持つ飼育委員会の子ども達と勉強したパーマカルチャーの考え方…、
ウサギの糞の掃除をするときにザクロの根元の方に掃き出してみたら、こんなに花が咲いた今年…、
もしかしたら、うまくいって豊作になるのかも…。

zakuro0525-2.jpg

力を合わせて…

2012年06月03日 19:25

sagyou0601-3.jpg 
  通常の委員会活動の時間は1ヵ月に一度45分間だけです。
その他は、子ども達は昼休みを削って、作業に取り組みます。
それでも、子ども達は嫌な顔もせず、ステキなビオトープにしようと、力を合わせて頑張っています。

sagyou0601-4.jpg

技の伝承…

2012年06月02日 19:28

waza0601-2.jpg 

  軽いウッドチップは、子ども達でも運びやすいものでもあります。
しかし、運んだ先でスコップを使って下ろしていたら、けっこう時間がかかってしまいます。
一輪車を前に進めて一気に引くように動かすと、ウッドチップは空中を飛び、都合良く地面に広がります。
先輩から後輩へ、こんなビオトープ作業の技を伝承していくのです。

waza0601-1.jpg

委員会活動…

2012年06月01日 21:40

sagyou0601-1.jpg 
  子ども達の活動で、落ち葉の絨毯が剥がれてしまったビオトープの地面に、
環境委員会の子ども達の作業で、ウッドチップの敷設作業が行いました。
地面を乾燥から防ぐ効果もあり、かつ子ども達が歩く通り道の草の生長を抑制する効果もあり、
フィトンチッドによる森林浴効果もあり、山道を歩いたときのようなふわふわ安らぎ効果もあり…と、
一石何鳥もの効果があるウッドチップ…。子ども達は、ビオトープをさらによいものにしていきます。

sagyou0601-2.jpg


最新記事