おやっ、渇水…?②

2013年01月31日 22:03

kassui0128-2.jpg 

  水鏡の風景を楽しみつつも、水の減りはやはり気になって、池の周辺を眺めていると、
やはり、渇水です。ビオトープ池の真ん中に架かっている橋を見てみると、
つい少し前までの喫水線が、橋の材木の中程に、くっきりと残っていました。

kassui0128-3.jpg

おやっ、渇水…?

2013年01月30日 21:51

kassui0128.jpg 

  風のない日には水鏡が楽しめる…、そんな風に思いながら池を覗いてみると、
おやっ、渇水? 池が小さくなっています。なにしろ、水漏れをしている池なので、
供給量を間違えると、すぐにこんなことになってしまいます。貴重なクロメダカを日干しにするわけにはいきません。

磨りガラス…

2013年01月29日 21:09

koori0128-1.jpg 

  早朝のビオトープを訪れると、何となく白っぽい景色、それに何となく磨りガラスのような水面…。
出勤のために乗り込んだ車の外気温度計は0℃を表示していました。
そう…、南国九州の景色も凍てついていたのでした。
早めに登校した子ども達も、この景色に気づき、薄氷の感触をを楽しんでいました。

koori0128-2.jpg

骨…

2013年01月28日 21:36

kaikouzu0128.jpg 

  この季節のカイコウズの木は、全ての葉っぱが落ちてしまっていて、骨だけの傘のようです。
冬のささやかな日差しを求めている足下の生き物達にはとても優しい姿です。
子ども達も、休み時間に日向ぼっこをしながら、この木に登っています。

野菜が見えない…

2013年01月27日 18:45

usagi0101-2.jpg 

  ビオトープのお隣さん、ウサギさん達に野菜を届けに行くと、
あっと言う間にウサギ団子ができ、おしくらまんじゅうの状態です。
持って行った野菜は相当な量あるのですが、ウサギ団子に隠れて見えなくなってしまいました。

「幸せ」咲いた…

2013年01月27日 00:43

suisen0123.jpg 

  吹く風はまだまだ「辛い」けれど…、「幸せ」へのカウントダウン…
http://yumenohurusato.blog88.fc2.com/blog-entry-3075.html…を経て、
この花は「幸せ」を形づくりました。

次の季節を見据えて…

2013年01月25日 21:18

sagyou0116.jpg 

  寂しい厳寒の季節に、何をして次の季節を迎えるのか…、子ども達はそれぞれに考えて行動しています。
子ども達それぞれの頭の中に、それぞれの春の景色があるのでしょう。
私が描くそれとは多少違うものもあるのは確かですが、子ども達の動きを見守っています。

離陸の刹那…

2013年01月24日 21:28

ririku0116.jpg 

  離陸の刹那…、
この子のつま先は、切り株から自分の体の重さが解き放たれようとする一瞬を味わっています。
この子の手の指先は、自分の体が向かう先の空を指しています。
そして、この子の眼は、自分が数秒後に立つはずの未来の地面を見つめています。

高く遠く…

2013年01月23日 19:05

takakutooku0116.jpg 

  大きな切り株を転がしているだけで、ここは子ども達のすてきな遊び場になっています。
切り株に登っては跳ぶ、跳んではまた登るの繰り返し…。
その繰り返しで、少しずつ高く遠く跳ぶことができるようになっていくのです。

お気に入りの場所…

2013年01月22日 21:51

okiniiri0116.jpg 

  ビオトープのシンボルツリー、カイコウズの大きな幹に抱かれるようなこの場所は、
多くの子ども達がお気に入りの場所にしています。この場所に陣取った子どもは、ご覧の通りの笑顔です。

お昼寝…

2013年01月21日 23:14

ohirune0116.jpg 

  この子達…、本当にお昼寝しているわけではありません。
しかし…、日差しの元でのビオトープは、
きっとお昼寝のまねごとをしたくなるほど、とっても気持ちのよいものだと思います。

凍てつく…

2013年01月20日 21:24

koori0116.jpg 

  寒い朝、早朝のビオトープに行ってみると、池の水面が何となく艶消しになっています。
南国九州でも、こんな朝には池の水面に薄氷が張ることがあるのです。
子ども達が登校してくる頃まで残っていれば、興味津々の子ども達の顔を見ることができます。

鮮やかな…

2013年01月19日 20:53

aka0109-2.jpg 

  今の季節でも、風が止み日差しがあると、温かさと少しずつ少しずつの春の足音を感じることができます。
そんな中で、ベニカナメモチの木は、鮮やかな新芽を着けていました。
生き物達が元気に活動を始める春が来るのがとても待ち遠しく感じます。

雪の朝…

2013年01月18日 21:25

yuki0118-1.jpg 

  南国九州に今年2度目の積雪です。ここより少し山手にある私の自宅付近には10㎝ほどの積雪…。
これくらいの雪でも困難になる南国九州の脆弱な交通状況を考えて早めに出勤しました。
この写真は、本日7時頃の様子です。時間は少々違いますが、元旦より若干多めに積雪していました。

「元旦の朝」http://yumenohurusato.blog88.fc2.com/blog-entry-3061.html

気温は氷点下で、やはり池の水面には薄氷が張っていました。

yuki0118-2.jpg

元気を…

2013年01月17日 21:01

aka0109.jpg 

  景色の中に色が少なくなるように感じるこの季節…。よく探すとこんな景色が目に入ります。
そなお鮮やかな色に元気をもらいます。ここを訪れる鳥達もやはり同じ気持ちなのでしょうか…。

うまく隠れて…

2013年01月16日 21:15

sarunokosikake 0109 

  ビオトープに横たわっている切り株に生えてきたサルノコシカケ…、
前回は、子ども達の目に付きやすい位置に生えてきて、触られているうちに取れてしまいましたが、
今回は、地面ぎりぎりのところに落ち葉にうまく隠れるようにして生えています。
ここなら安全に暮らしていけるでしょうか…。

「幸せ」へのカウントダウン…

2013年01月15日 21:24

suisen0109.jpg 

   12月16日の「『幸せ』の蕾」
http://yumenohurusato.blog88.fc2.com/blog-entry-3044.htmlから約1ヵ月、
12月30日の「愛に応えて」
http://yumenohurusato.blog88.fc2.com/blog-entry-3059.htmlから約半月、
蕾を徐々に前傾させて、スイセンは「幸せ」へのカウントダウンを始めたようです。

優しい木…

2013年01月14日 18:16

kaikouzu0109.jpg 

  厳しい日差しの季節には空いっぱいに葉っぱを広げて、
子ども達に涼しい影を届けてくれているビオトープのシンボルツリーのカイコウズ…。
北風吹く寒いこの季節には、幹に登ったり足元を歩いたりしている子ども達に、
葉を落として温かい日差しを届けてくれています。子ども達は、この優しい木が大好きです。

空に向かって…②

2013年01月13日 21:10

sora ni mukatte0109-2 

  思わず身を縮めてしまいそうな北風の中で、
ぐいっと空に向かっているこの姿には、強い意志を感じます。
こんな小さな目が力強く頑張っているのだから、人間だって、寒さに負けてなんかいられません。

空に向かって…

2013年01月12日 18:28

sora ni mukatte0109 

  葉っぱが落ちてほとんど裸ん坊の木々ですが、青空に向かって伸びる枝々を見ると、
小さな新芽がびっしりと着いています。北風の中でも春への準備は確実に進んでいるのです。

どうなる…?

2013年01月11日 22:16

itijiku0109.jpg 

  真冬になり、大きく立派な葉っぱが落ちた後に、とっても小さな実が着いています。
この実はこの先どうなるのでしょうか。育つのか、育たずに落ちてしまうのか…。
寂しいこの季節の景色で、興味深いポイントです。

おおらか…?②

2013年01月10日 20:52

tori0105-5.jpg 

  昨日の続きです。海きらら水族館のおおらか?…な展示に感心しながらさらに見入っていると、
新たな来客がやって来ました。先客と同様、水槽内のお魚を狙っているのは間違いありません。
この子は先客を追っ払って、このポジションをゲットしました。…いいなあ、何かこの感じ…。

tori0105-6.jpg

おおらか…?

2013年01月09日 18:57

tori0105-3.jpg 

  長崎県佐世保市にある海きららという水族館に行きました。
この水族館の大水槽の水面は屋外になるようにつくられていました。
その水面を見ることができるところまで出てみると、なんと野鳥が水槽に住む魚を狙っているのです。
わざとではないのでしょうが、このおおらかなつくりが何ともステキに感じました。
水族館で野鳥まで見ることができ、得した気分になりました。

tori0105-4.jpg

足長くんの思い…

2013年01月08日 21:57

asinaga0101.jpg 

  今日から学校再開です。(二学期制の本校では、第四ステージと呼んでいます。)
寒い真冬でも、子ども達がここを訪れ、元気に遊んでほしい…
昼の日差しを背中に浴びながら、足長くんは願っています。

風の悪戯…

2013年01月07日 22:34

muri0101.jpg 

  ビオトープの池を覗くと、カイコウズに掛けてあった札が落ち込んでいました。
池の水面に映り込んだ木に結ばれたように、「ここから上にはのぼりません」…って、そりゃ無理だ…。
ちょっとした偶然がおもしろかった風の悪戯でした。


  

青空の模様…

2013年01月06日 20:00

haname0101.jpg 

  青空を見上げると、とんがり帽子の模様ができていました。とっても楽しみな模様です。
自然の中では、前を向いているばかりでなく、後ろを振り返ったり、俯いたり、上を向いたり…。
様々な方向で、ステキなものと出逢うことができます。

お待ち兼ね…

2013年01月05日 20:00

usagi0101.jpg 

  ウサギさん達への野菜のお届けは、冬休みの間は、決まった時間に…とはいきません。
夕方近くまで待たせてしまうこともあります。そんなときは、野菜をあげるとこんな感じになります。
お待ち兼ねのウサギさん達は、あげた野菜が見えないほどぎっしりと集まって来ます。

ここが好き…

2013年01月04日 20:40

asobi0101.jpg 

  寒くなっても、冬休みになっても、やはりここが好き!…そんな子ども達がたくさんいます。
この日も、ウサギさんに野菜を持って行くと、こうして子ども達が遊んでいました。
かえってこんな子ども達の方が、体調を崩して学校を休むことが少ないのも頷けます。

元旦の朝…③

2013年01月03日 21:20

mizutama0101-1.jpg 

  元旦の朝の話題3回目です。雪景色を眺めた後は、少し目を落として別の見方をしてみようと思いました。
すると、足下の雪から顔を出したホトケノザがいくつもあり、
その中の一つはてっぺんに大きな水玉を抱えていました。お日様に照らされてとってもステキに輝いていました。

mizutama0101-2.jpg

元旦の朝…②

2013年01月02日 23:23

gantan0101-3.jpg 

  元旦の朝の景色の続編です。雪化粧に注目しながらシャッターを切っていましたが、
池に目を凝らして見ると、何となく水面がつや消しな感じになっていました。
…そう、薄氷が張っていたのです。南国九州ではあまり見られない景色です。

gantan0101-4.jpg

元旦の朝…

2013年01月01日 23:06

gantan0101-1.jpg 

  元旦の朝、目が覚めると外は雪…。南国九州では珍しい景色です。
お屠蘇を口にする前に、ウサギさんのための野菜を持って学校へ…。ビオトープはこんな景色でした。
雪化粧程度ではありましたが、2013年がどんな色にでもなりそうな白からのスタートはステキだと思います。

gantan0101-2.jpg


最新記事