一歩先行く…

2013年03月31日 20:36

sakuranbo0325.jpg 

  そろそろこの辺りは、サクラの花吹雪が見られるようになりました。
風が吹いた後の足下は、花莚や花筏のステキな景色が見られます。
ソメイヨシノも、そうしてまもなく葉桜の季節に移っていきますが、サクランボの木は一歩先を行っています。
今、木にはご覧のように、緑色のサクランボが少しずつ膨らんできています。いよいよ明日から新年度です。

同定は難しい…

2013年03月30日 19:40

murasakisagigoke0325.jpg 

  ビオトープの足下に咲いていた花…、これはムラサキサギゴケとトキワハゼのどちら?
図鑑を読み比べてみると、大きさから見ると、ムラサキサギゴケかな?
紫色の後ろのところがウサギの耳のように2つに裂けているのもムラサキサギゴケの特徴とか…。
同じ科(ハエドクソウ科)の多年草と一年草…、本当に同定というのは難しいものです。

ウサクラ…

2013年03月29日 20:20

usakura0329.jpg 

  そろそろ春風に吹かれたサクラが、足下に花莚をつくり始めました。
だた、散った花びらは枯れて、まもなくその美しい色を失います。
とってももったいないので、ウサギさん達に春のプレゼントをすることにしました。
ウサギさん達はとっても気に入ったようで、集まって夢中で春を味わっていました。

花散ら…さず…

2013年03月28日 20:30

sakura0325.jpg 

  昨日は、「花散らしの雨になるか」…と予報されていた雨がふりました。
…が、まだサクラの花は散らずに健在でした。明日は、異動発令の日です。
今年度、ともに子ども達を支えてきた同僚との別れの日…。サクラの花が残っていてくれて幸いでした。

来訪者…③

2013年03月27日 23:31

kosagi0325.jpg 

  早朝と10時半頃に来訪者が訪れていたビオトープに、お昼頃、今度はコサギが1羽やって来ていました。
驚かさないように、遠くからシャッターをパチリ…。今度は、気づかれて逃げていくまでではなく、
数枚撮ったらこちらがその場を離れました。…昼食から戻ると、そこには、まだコサギの姿が…。
ビオトープの方に誰も近寄らなかったのか、寛いでいるようでした。

来訪者…②

2013年03月26日 18:55

tori0325.jpg 

  昨日のビオトープは来訪者ラッシュでした。カルガモペアは朝の話でしたが、この子は10時半頃でした。
ビオトープの木の枝に止まって激しく鳴いていたので、驚かさないように遠目からシャッターを切りました。
鳥類図鑑で見比べてみましたが…、この子は誰でしょう? またいらっしゃいね~。

来訪者…

2013年03月25日 21:50

karugamo0325.jpg 

  朝、ウサギさんへの野菜を抱えてビオトープを訪れると、池面が何だか不自然に波立っていました。
「おやっ!?」…と気をつけながら近づくと、カルガモが2羽水面に浮かんでいました。
カイコウズの後ろから、カメラを差し出してシャッターを…。5回目のシャッター音で気づかれました。

桜前線来る…⑤

2013年03月24日 20:40

sakura0321-4.jpg 

  春休みになって初の週末…。北部九州地方は、春の嵐に吹き上げられるように北上した桜前線が、
近隣の桜並木をみるみる満開にしていっています。
ここ、ビオトープでもご覧の通り、ウサギ小屋の裏通りのサクラも満開です。

桜前線来る…④

2013年03月23日 20:04

sakura0321-3.jpg 

  今日から子ども達は春休みです。…そしてビオトープのサクラは満開です。
池の水も温み、メダカ達も活動を始め、もしかしたら、お花見をしているのかもしれません。

桜前線来る…③

2013年03月22日 22:20

sakura0321-2.jpg 

  卒業式にはまだ蕾で、入学式には散ってしまっている…、これが最近のサクラ事情です。
私が子どもだった頃のことを考えれば、満開のサクラ並木の下を歩くのが入学式のイメージでした。
今の子ども達は、サクラの見頃は春休み…。修了式の今日、ほぼ満開だった今年は、まあまあいい方だったのか…。

桜前線来る…②

2013年03月21日 21:41

sakura0321.jpg 

  桜前線来る…と思ったら、あっと言う間に開花が進み、早満開近い状態になっています。
今日は修了式前日で、子ども達の学習は午前中で終わり…。
…ということで、お昼ご飯は桜の木の下でお弁当を頂きました。

控えめな花…②

2013年03月20日 20:33

gumi0318.jpg 

  この色合いも、この形も、本当に控えめなグミの花…。
あんまり控えめ過ぎて、傍で遊ぶ子ども達もなかなか気づかず、横を行き過ぎてしまいます。
だから、こうしてこの花の傍でカメラを構えて、「先生、何を撮ってるの?」の声を引き出しています。

  

控えめな花…

2013年03月19日 20:09

gumi0315.jpg 

  グミの花は、うっかりしていると見逃してしまいます。それくらい、控えめで目立ちません。
サクラが華々しく咲いている傍で、とっても静かに咲いています。
この奥ゆかしさがすてきで、木の傍でしばし見入ってしまいます。

桜前線来る…

2013年03月18日 22:17

sakura0318.jpg 

  春の嵐が吹く今日…、その強風の下で、桜が花開いています。
何もこんな厳しい日に咲かなくても…、そう思います。それほど、過酷な気象条件でした。
それでも、やはり「この日!」と決めて咲くのでしょう。

いくつの実に…

2013年03月17日 19:13

biwa0311.jpg 

  とてもたくさん咲くビワの花…、この花のいくつが実になるのか、とても楽しみです。
子ども達も楽しみにしています。鳥達も楽しみにしているはず…。
さて…、熟した実を口にするのは誰なのか、それもまた楽しみです。

花盛り…

2013年03月16日 21:21

mokuren0311.jpg 

  これは数日前の写真です。急に温かくなって、突然のように花盛りがやって来ました。
ところが、まもなく吹き荒れた春の嵐は、あっと言う間に見頃の花を吹き落としてしまいました。
もう少し見ていたかったところです。…でも、それが自然というものです。

卒業式…

2013年03月15日 19:01

sotugyousiki0315-1.jpg 

  ビオトープのために、日々頑張り続けてくれた子ども達が、今日、本校を巣立っていきました。
子ども達の委員会活動は、5年生と6年生の2年間行い、1年ずつ所属を決め直すのですが、
今年の6年生は、半分以上が昨年度から2年連続で、環境委員会を希望してくれた精鋭ぞろいでした。
この子達の頑張りのおかげで、本校のビオトープはずいぶんいい場所になりました。
ありがとう、子ども達…。元気でね!

sotugyousiki0315-2.jpg

春ですよ…②

2013年03月14日 21:38

batta0304.jpg 

  見逃してしまいそうな景色…。それでも目を凝らしてみれば、
ほら…、動き始めた生き物達に出逢うことができます。
景色に立ち止まり、季節を感じて生きているこの子達に、ちゃんと出会いたいものですよね。

置き土産…

2013年03月13日 17:53

sotugyoukinen0304.jpg 

  今週末は、本校の卒業式です。がんばってビオトープをつくり、守ってきてくれたこの子達も…。
この子達が置き土産につくってくれた小さな丘も出来上がり、ビオトープの景色の一部になりました。

水鏡…

2013年03月12日 20:33

mizukagami0304.jpg 

  この季節…、北部九州にはよく黄砂が飛来し、かすんだ景色になります。
近年は、黄砂に加えて花粉とPM2.5のトリプル攻撃とあっては、この春の景色を楽しむゆとりもありません。
ビオトープの池が映す水鏡の景色の方が、よほど澄んで見えるのは少し悲しくもあります。

何とか姿を…

2013年03月11日 21:06

kosagi0311-3.jpg 

  ウサギさんのための野菜をぶら下げてビオトープに向かって歩いていると、
遠目に見ると、ビオトープ池には、ウサギさんならぬコサギさんが訪問中でした。
こちらの存在に気づかれたらアウト! カイコウズの木を回り込んで、木の後ろからカメラを差し出しパチリ!
何とか姿を捉えることに成功しました。…しかし、できるだけ気配を消して…と思っていても、
シャッター音に気づいたのか、あっと言う間に飛び去ってしまいました。
…下のコマは慌ててシャッターを切ったのが精一杯でした。

kosagi0311-4.jpg

チーム・ホシノヒトミ…

2013年03月10日 22:36

hosinohitomi0304.jpg 

  春の日差しの下…、コバルトブルーの絨毯をつくっているチーム・ホシノヒトミ…。
明るく温かい日差しがとても気持ちよさそうに並んで微笑んでいました。

春ですよ…

2013年03月09日 18:21

fukinotou0304.jpg 

  いくら身震いするような風が吹いていても、暦は確実に進んでいます。
生き物達の世界には暦も時計もないのに、ちゃんと季節が変わっていくのをつかんでいます。
変わらぬ厚手の上着に身を包んで現れた私に…「春ですよ」と、教えてくれています。

立っち…

2013年03月08日 20:28

usagi0304.jpg 

  ビオトープで摘んだ草を持ってウサギさんのところへやって来た女の子達…。
ウサギ達もそれを知っているのか、駆け寄ってきて、立っち!
フェンスの向こうで残念ですが、とっても可愛いポーズでした。

ささやかな花盛り…②

2013年03月07日 19:30

sakuranbo0304-2.jpg 

  ビオトープのささやかな花盛りではありますが、そのささやかさを楽しみたいと思います。
朝日に向かって開いている花びらを、その背中の方から見ると、
小さなランプシェードのように、光って見えます。その輝きが見たくて、わざと背中の方から見たりします。

ささやかな花盛り…

2013年03月06日 21:04

sakuranbo0304.jpg 

  ビオトープで暮らすようになってまだ3回目の春のサクランボ…。
まだ幼い木なので、花盛りもまだささやかなものです。
この木を植えた子ども達が、大人になる頃には、立派な満開を見せられるようになっていることでしょう。

たびだち…

2013年03月05日 20:45

kosagi0305.jpg 

  今日は「たびだち集会」の日です。
「たびだち集会」とは、卒業していく6年生を在校生や職員が出し物をして祝う会です。
その日の朝、ビオトープを訪れた1羽のコサギ…。まるで「たびだち」を祝いに来たようでした。
卒業おめでとう! 羽ばたけ! 6年生…。

ルーティン…

2013年03月04日 21:25

nitijou0304.jpg 

  朝早く出勤する教頭先生は、毎日、子ども達が登校して来る前に、
校地の内外をぐるりと巡回して、環境美化を行うことがルーティンになっています。
この日は、ビオトープで、毎年ひな祭りの頃に開花するのがルーティンになっているサクランボがお出迎えです。

紅燃える…

2013年03月03日 21:10

benikaname0225.jpg 

  春の足音が聞こえ始めると、寂しかったビオトープの色合いが少しずつ豊かになってきます。
フェンス際に立っているベニカナメモチの木も、その名の通りの紅色を燃やし始めました。

蕾膨らむ…

2013年03月02日 19:48

tubomi0225.jpg 

  寒い時期…、この蕾には固い外皮がありました。今は、ビロードのような手触りの蕾がスタンバイしています。
あの固い外皮は、外れたのか、誰かが外したのか…。
…というのは、この前、外皮を引っ張っているように見えた鳥に出逢ったのです。
ともかく、今の蕾は外皮があったときより、一回り二回り膨らんでいます。

春色覗いた…

2013年03月01日 21:08

sakuranbo0225.jpg 

  まだまだ冷たい風が吹いているビオトープですが、生き物達はちゃんと春を予感しています。
サクランボの木を見てみると、蕾の先端には春色が覗いていました。…開花はまもなくです。


最新記事