おいしい…?

2013年06月30日 23:22

osyokuji0628.jpg 

  ユスラウメの葉っぱの上で輝いているこの子…、よく見ると、お食事中のようでした。
囓り痕で葉っぱの形が変わっています。私は少し前に実は囓ってみたけれど、葉っぱもおいしいのかなぁ…?

雨もまたステキ…

2013年06月29日 21:17

ame0621-1.jpg

  私達人間にとっては、何となく鬱陶しい梅雨の季節ですが、ビオトープの植物達は気持ちよさそうに見えます。
そんな風に考えながら、景色を眺めれば、雨もまたステキです。

ame0621-2.jpg

見てっ、お耳みたい…

2013年06月28日 21:46

futamata0621.jpg 

  「先生っ、見て見てっ!これ、お耳みたいになってる!」「ホントだねえ、可愛いねえ。」…
ビオトープは、これだからステキです。見慣れた景色の中からも見慣れないものを見つけることができるのです。
たったそれだけで、何だか幸せな気分になることもできます。

見ぃつけたっ…

2013年06月27日 21:22

tyou0621.jpg 

  目の前の草むらで、何かが動いた気がしました。サッと視線を流してみてもわかりませんでした。
しかし、確かに何かが動いたはず…。よくよく眺め回してみると、
いましたいました。見ぃつけたっ!チョウチョが日向ぼっこをしていました。

ひょい…

2013年06月26日 21:24

kinoko0621.jpg 

  「ひょい」…そんな感じで、ビオトープのあちらこちらから顔を出すのがキノコ達です。
この日も、子ども達が敷き詰めた藁の間から「ひょい」と顔を出していました。
とてもおいしいものがある反面、似た姿形で猛毒のものもあるキノコ達…、
警戒しながら見ていることが多い存在ですが、この「ひょい」…はとても可愛く思います。

守られて…

2013年06月25日 20:47

tonbo0621-2.jpg 

  水中生活用の殻を脱ぎ捨てたばかりのときは、とても無防備な体をさらしているトンボさん…。
そんなとき、ビオトープの木々は何も言わずに、トンボさん達を外敵から守っています。
植物達の優しさに守られて、トンボさん達はやがて大空に向かって旅立っていくのです。

おいしいんだよね…

2013年06月24日 19:31

yabugarasi0621.jpg 

  可愛いけれど、チョボチョボと目立たないヤブガラシの花…。
でもこの花の蜜はきっとおいしいんだよね。いつもいろんなお客さんが訪れています。

位置について…

2013年06月23日 23:04

tonbo0621.jpg 

  大空への旅立ちの準備…、その「位置について」のポーズは、こんな感じ…。
水辺からここまで辿り着きこのポーズなら、これは意図的なポジションなのでしょう。
人間の私達からすれば、これは持続困難なポーズです。やはり生き物の世界は奥深い…。

この時季だけ…

2013年06月22日 17:23

kaikouzu0621-2.jpg 

  ビオトープのシンボルツリー、カイコウズ(アメリカデイゴ)が、
大きさ以外で、自分のことを強くアピールするのは、この時季くらいだと思います。
今は木の上も、足元もとにかく華々しい!…こんな景色です。

木の精…?

2013年06月21日 22:26

kaikouzu0621.jpg 

  始業まではまだ1時間ほどもあろうという早朝、
ビオトープのシンボルツリー、満開のカイコウズの足元、切り株の上に佇む子どもが一人…、
カイコウズの花色の服を着ています。一瞬、木の精かと思いました。

大空への支度…

2013年06月20日 22:20

tonbo0610-1.jpg 

  子ども達が訪れる前、早朝のビオトープで、
トンボ達は今まで濡れて縮こまっていた羽をピンと伸ばし、大空に向かって飛び立つ支度をしています。
もうすぐ初フライトの時がやって来ます。

tonbo0610-2.jpg   

次世代への努力…

2013年06月19日 18:10

ginyanma0608-1.jpg 

   ビオトープ池にギンヤンマが訪れていました。あちらこちらと飛び回り、産卵を行っています。
尻尾を水の中に差し込んで産み付けていますが、けっこう骨の折れる作業なのかもしれません。
よくよく観察していると、最後の写真のように激しく羽を震わせているのです。やっぱりお母さんは大変!

ginyanma0608-2.jpg 

ginyanma0608-3.jpg

大空への第一歩…

2013年06月18日 20:59

kosiakitonbo0608-1.jpg 

  きっとこのコシアキトンボは羽化したばっかりなのでしょう。まだ丈夫じゃない羽で遠くまで飛べずに、
降り立った場所は私の指…、大空への第一歩、羽休めには仕方がなかったのでしょう。
それでも、私のぶっとい指よりも下がっていたフジの蔓の方が似合いそうなので、そちらに移してあげました。

kosiakitonbo0608-2.jpg

弾ける…

2013年06月17日 22:02

zakuro0605.jpg 

  ビオトープでこの花に逢うことができたら、本当にうれしくなります。
なぜ七裂なんだろう…そんな風に思います。 ビオトープの勲章です。

知恵を絞って…

2013年06月16日 21:28

sagyou0605-3.jpg 

  どうしたらビオトープが生き物達にとって住みよい場所になるのか、
どうしたらビオトープが全校のみんなが自然に親しむことができる場所になるのか…。
環境委員の子ども達一人一人が考え、相談し、協力し、分担しながら作業をすすめていっています。
子ども達に考えさせようと、極力指示を少なくして見守るよう努めています。

sagyou0605-4.jpg

再利用…

2013年06月15日 19:04

sagyou0605-1.jpg 

  ビオトープには校庭の各所から草、落ち葉、時季が終わったプランターの花達などが集まってきます。
本校では、それらを「捨てる」とは言いません。ここに「置く」のです。
なぜなら、それらは「ごみ」ではなく、土に還る「宝物」だからです。
ビオトープのシンボルツリー、カイコウズの足元に集められた「宝物」達は、
子ども達の手でビオトープのあちらこちらに運ばれ再利用されるのです。

sagyou0605-2.jpg

なにゆえの…

2013年06月14日 22:27

tyou0605.jpg 

  鮮やかな色を見せながら飛んできたこの子…。葉の上に止まった姿は何とも地味…。
しばらく見つめ、シャッターを切りながら思うことは、
あなたは、なにゆえ羽の内側をそんなにも鮮やかに飾っているの?
あなたは、なにゆえ羽の外側をそんなにも控えめな色で装っているの?

なるほど木耳…

2013年06月13日 22:41

kikurage0605.jpg 

  「先生、キノコが生えてるよ。」…子ども達はそう言いながら嬉しそうですし、
ひょっとしたら、上に乗っかったり傍を歩いたりしている虫達も嬉しいのかな?
ところで、見た感じの質感はやっぱりクラゲっぽいし、何となくやっぱり耳のようでもありますね。

入浴…

2013年06月12日 22:38

suzume0605-1.jpg 

  一瞬心配になる写真です。このスズメは死んでいるのでは…?
否…。上のコマでも、よく見ると、尻尾を震わせていることがわかります。
下のコマならよりはっきりします。…そう、これは「砂浴び」…入浴シーンなのです。

suzume0605-2.jpg

あっと言う間に…

2013年06月11日 21:28

kaikouzu0608.jpg 

  一昨日の話で、カイコウズの最盛期には…という紹介をしていましたが、
この連日の暑さで、あっと言う間にその景色を見ることになっています。
樹上も緑より赤が勝っているのでは?と思うほど…、早くも足元には絨毯ができつつあります。

幸せ…

2013年06月10日 21:40

biwa0610.jpg 

  自然再生のビオトープで育った果物は完全無農薬…、消毒もしなければ化学肥料もなし。
世界中に分け隔てなく降り注ぐ陽光とビオトープの水とで育ったビワの実は、間違いなく自然からの恵みです。
子ども達は、お日様が味付けしたビワの実を試食してみました。
おかわりのリクエストもありましたが、ここはビオトープ、自然のためにも残してやらねばなりません。

話は変わって…。本校の校長先生によれば、お知り合いの方が、本ブログをご愛読いただいているとのこと…。
どなたかが毎日、このブログを見守ってくださっているということは本当に嬉しく、そして有り難く思いました。
毎日欠かさずにUPし続け、3200ページ余にも及ぶ本ブログ…、
そうして毎日ご覧頂いていることに、心から感謝したいと思いました。

水鳥のように…

2013年06月09日 20:20

kaikouzu0605-1.jpg 

  ビオトープで上を見上げると、シンボルツリーのカイコウズの開花が始まりました。
最盛期になると、木全体が真っ赤に見えるほどにたくさんの花が着きます。
花が散り始めると、足元にはレッドカーペットが現れます。
水の上に上手に着水した花は、まるで水鳥のように見えます。

kaikouzu0605-2.jpg

連日、わたしゃぁ木…?

2013年06月08日 19:30

tonbo0608-1.jpg 

  出勤した早朝のことです。私がビオトープ池の畔で環境チェックをしていると、
トンボが飛んで来たと思ったら、私の服に止まりました。
驚かさないように、右ズボンのポケットからカメラを取り出して起動、逆さに持ってシャッターを切りました。

次の日の朝、昨日同様にビオトープ池の畔で環境チェック…。
すると、今度は足にトンボが…。カメラは右ポケットなので、そうっとそうっと…。
何とかシャッターは切りましたが、両日ともピントはトンボにはヒットせず…でした。
たぶん、羽化してまもない子達だったのでしょうが、わたしゃぁ木か…。

tonbo0608-2.jpg

気遣い…

2013年06月07日 21:49

tonbo0605.jpg 

  簡単に捕まってしまったトンボを、この子は気遣っていました。
「元気なのかなあ~」…この子にとって、トンボはすばしっこく、なかなか捕まえられない存在だったようです。
それなのに、簡単に捕まったので、身柄を拘束することなく、掌に乗せて見守っていたのです。

雨上がり…

2013年06月06日 20:20

biwa0605-2.jpg 

  雨上がり…。ビオトープの生き物達は、葉を茂らせたり、実を実らせたりして張り切っています。
この時季の生き物達は、とても生き生きしています。

biwa0605-3.jpg

食べてみました…

2013年06月05日 23:11

biwa0605-1.jpg 

  作業を終えた後、子ども達といっしょにビオトープのビワを食べてみました。
甘くそしてみずみずしく、作業後の渇きをとても心地よく癒してくれました。

足元の赤…

2013年06月04日 22:39

aka0529.jpg 

  カイコウズの花の季節…、「頭上の赤」が気になるところですが、
「足元の赤」も見逃せません。ビオトープのあちらこちらで、可愛い赤を見せてくれています。

勲章見~ぃっけ…

2013年06月03日 23:46

zakuro0529-1.jpg 

  ビオトープのザクロの木に花が着きました。花が咲いた後は、まるで勲章のようになります。
子ども達がその存在に気づき、「先生、咲いたね!咲いたねっ!! 」…。特徴的な声掛けに、理由を訊ねてみると、
昨年、ザクロの実を食べたらしく、今年の花着きの遅さを心配していたらしいのです。何だか嬉しくなりました。

zakuro0529-2.jpg

今、こんな状態です…②

2013年06月02日 21:45

kaikouzu0529.jpg 

  ビオトープのシンボルツリーのカイコウズ(アメリカデイゴ)は今、こんな状態です。
梅雨の時期、何となく暗くなりがちの景色を真っ赤な花でパッと華やかにしてくれる木です。
今は蕾の先端が少し赤くなったくらいですが、梅雨の最盛期頃をお楽しみに…。

今、こんな状態です…

2013年06月01日 20:13

biwa0529.jpg 

  5月26日に紹介したビワの木は、今、こんな感じです。
もう、食べてもよさそうな実があちらこちらにたくさん実っています。
さあ、何人の子ども達の口に入るのでしょうか。



  


最新記事