子ども達のお楽しみ…

2013年09月30日 21:47

kunugi0917.jpg  

  子ども達の多くはまだ気づいていないようですが、クヌギの木の下で上を見上げてみると、
帽子を目深にかぶったドングリ坊や達が、あちらからこちらから顔を覗かせています。
坊や達が巣立ちを迎える頃には、木の下は子ども達で賑わうことでしょう。

実りを見守る…

2013年09月29日 18:45

ine0917.jpg 

  この子はここがお気に入り…。飛び立ったかと思っても、またここに戻ってきます。
子ども達が育てている稲が少しずつこうべを垂れてきているこの季節…、
この子は、その実りを見守る秋の精なのかもしれません。

優しい気持ちは形に…

2013年09月28日 23:31

kaeru0917.jpg 

  「先生、カエルがいたよ。」…そう言いながら近づいてきた子どもの手には、
カエルが大事そうに載せられていました。カエルを傷つけないように持つ優しい気持ちは、形に表れます。
…ほら、手の形、ハート型に見えませんか?

未来に向けて…

2013年09月27日 22:22

utiawase0917.jpg 

  本校の未来に向けての打ち合わせのために、お客様方が来校されました。
学校の表玄関である正門から、奥座敷のビオトープまでをつなぐ緑の散歩道…。
まだ青写真の段階ではありますが、夢が広がる計画が進行中です。

チャーミング…

2013年09月26日 23:32

itimonji0916-1.jpg 

  数多いチョウチョの中で、でっかいお目目がとってもチャーミングなステキな子…。
シックな羽に粋な一文字ラインもまたステキ…。羽を開くと、まるで超音速機のような高速フォルム…。
あまり目立たないけれど、私の恋する君なんです。

itimonji0916-2.jpg

悩まないかなぁ…

2013年09月25日 21:27

akatonbo0916-3.jpg 

  朝夕が肌寒く、涼しい風が吹いていると思ったら、日差しが厳しく、真夏日の気温…。
せっかくビオトープまでやって来たアカトンボさん達は、
もう一度、山の方に戻らなくてもいいか、悩んでしまわないかと、心配になってしまう最近の気候です。

なぜ…?

2013年09月24日 21:35

akatonbo0916-2.jpg 

  この景色の中で、この赤色はとっても目立ちます。
あなたは、なぜこんなにも赤い色をしているんですか? 確かに今から出逢うお相手さんにも目に付くとは思うけど、
天敵にもやはり目立ってしまいそう…。それでも、あなたは堂々と真っ赤な体を高く持ち上げていますね。

クモの巣…

2013年09月23日 19:46

kumo0911.jpg 

  私達人間は、たとえクモの巣に引っ掛かっても命に関わるわけではないので、油断して歩いていて、
この写真のような状態を見落とし、クモさんがせっかく作った巣に頭を突っ込んで、
「うへぇ!気持ち悪い!」なんて言っているけれど、本当はクモさんに大迷惑を掛けているのです。
一方、この近くで暮らしている虫達は、傍を飛び回っているけれど、
ちゃんとクモの巣の存在を知っているかのように、上手に避けて飛んでいます。

溶け込んで…

2013年09月22日 22:22

batta0911.jpg 

  あなた…、とっても景色に溶け込んでいますねえ。
私は見つけてしまいましたが、捕まえたりしないから心配はいりませんよ。
これからも、捕まったりしないで、上手に生き延びてくださいね。応援していますよ。

懸命に生きて…

2013年09月21日 20:04

ageha0911.jpg 

  ビオトープの葉っぱの上にアゲハチョウが止まっていました。
よく見ると、自慢の羽の後ろの方はボロボロです。
生き物達はこんな風に、命ある限り懸命に生き抜いているのです。私達も見習わなくてはなりません。

名残…

2013年09月20日 19:31

kaikouzu0911.jpg 

  本来、梅雨の初め頃に花時季を迎えるカイコウズ…、今年は九月下旬の今に至るまで二番咲きが元気です。
そろそろ風も涼しくなってきましたが、もう少しこの鮮やかな景色を見ていたい気がします。

伝統…

2013年09月19日 21:15

gakusyuu0911.jpg 

  この日は、本校の卒業生が「職場体験」に来ていました。
担当する6年生は、理科の学習でダンゴムシを探しています。卒業生の先輩は「ここ、いないかな?」…
朽木の裏側からダンゴムシを発見した後輩達はにっこり! これも本校の伝統です。

監督のポジション…

2013年09月18日 19:41

tonbo0911.jpg 

  「先生、トンボさんがお仕事見てるよ。」…畑で作業をしている子どもが言いました。
振り返って、葉っぱの上をよく見ると、トンボさんが1匹、子ども達の方をじっと見ています。
畑に向いたこの葉っぱは、監督のポジションだったのかもしれません。

コビトの傘…

2013年09月17日 21:33

kinoko0910.jpg 

  雨模様の空の下、足元に目を向けると、小さな傘の花が咲いていました。
これはコビトさんの傘かな? 伝統の番傘かなぁ? それとも最近はやりの骨がたくさんあるタイプの傘かな?
白くて少しだけ透けた傘は、ビニール傘よりうんとお洒落です。

秋の使者…

2013年09月16日 19:23

akatonbo0916.jpg 

  台風18号が向かった地方では大きな被害が出ていて、自然を楽しむどころではないのでしょうが、
九州地方は、とても気持ちの良い秋晴れの1日でした。
快晴でも風は優しく爽やかで、その風に乗って、秋の使者がやって来ていました。

んっ…!?

2013年09月15日 17:53

sagyou0910-1.jpg 

  子ども達が堆肥を畑に運ぶ作業をしていると、スコップを持つ手が止まりました。
「んっ!?」…じぃ~っと何やら見つめています。子どもの視線の先にカメラを向けて見ると…なるほど…。
この子は、スコップでそっとすくって端っこに移し、堆肥を優しくかけてあげていました。

youtyuu0910.jpg

プレゼント…

2013年09月14日 18:39

usagi0910-3.jpg 

  ビオトープの傍の畑で大根を育てた子ども達…、
自分の家に持って帰るだけでなく、ウサギさん達にもプレゼントしていました。
おいしそうに食べているウサギさん達を見つめる子どもは、とても優しい眼差しをしています。

本当はこの子達だって…

2013年09月13日 21:32

usagi0910-1.jpg 

  全校草取りで取った草をウサギさん達にプレゼントしました。
うさぎさん達は、その中を跳んだり跳ねたり齧ったり…。嬉しくてたまらない様子です。
本当は、こんな環境で暮らしたいはず…。ビオトープ隣のウサギ小屋だから、
できるだけ自然に近づけた工夫をしてやらなければ…、そう思うのです。

usagi0910-2.jpg

技の伝承…②

2013年09月12日 20:20

waza0911-1.jpg 

  技を伝承し、後輩達を成功へと導いた先輩は、さらに伝承の種を蒔いています。
幹と幹の間に手と足を突っ張って体を支える技を後輩に見せています。
後輩の反応を見ていると、「ぼくもこれがしたい!」と言い出しました。先輩の目論見は当たりました。
後輩達は、まだ手に力を入れて、背中を離すには至りませんでしたが、懸命に技を受け継ごうとしています。

waza0911-2.jpg

技の伝承…

2013年09月11日 20:39

kinobori0911.jpg 

  「木に登ろう!」…先輩達が声を掛けると、二の足を踏みながらも木に向かい始める後輩達…。
自分も以前は怖がりだった先輩が「ここに手を着くといいよ。」と的確な指示を出し、ついには後輩達も木の上へ…。
登ったら必ず降りなければなりません。でも、木は降りる方が難しいのです。
この日は、前の日が全校草取りだったので、この木の足元には草山が出来ていて、
まるで羽毛布団のようにフワフワだったので、先輩達は「飛び降り」ルートを選択…。
初心者の後輩達にとっては、1mそこそこの高さでも相当な高さに思えていることでしょう。
逃げ腰になっていると、先輩達は事も無げに飛び降りています。
繰り返しその様を見ていた後輩達は、意を決して「飛び降り」チャレンジ…。
こうして、先輩から後輩へと技は伝承されていくのです。
最近、こんな姿が減ってきた子ども達だから、大切にしていきたいと思っています。

tobu0911-1.jpg

どこに…?

2013年09月10日 20:52

kumo0906.jpg 

  お母さん、お船に乗ってどこに行くんですか?
ここはビオトープだけど、子ども達と暮らすのにいい場所が旅の向こうにあるといいですね。応援していますよ。

新名所…

2013年09月09日 22:11

kome0906.jpg 

  今年度のビオトープでの新名所…、それはこの初めての水田です。
活動の主役である5年生はもちろんのこと、他の学年の子ども達もよくここに集まって来ています。
こんな状態なら、今年は仮に米づくりはうまくいかなかったとしても、啓発活動としては大成功と言えそうです。

お友達…

2013年09月08日 21:33

kaeru0906-1.jpg 

  ビオトープを好んで訪れる子ども達にとって、小さな生き物達はお友達です。
こうして見ていると、子ども達の傍では、心なしか生き物達も寛いでいるようにさえ見えてきます。
そして、子ども達が生き物を乗せている手の形にも、何となく愛情を感じます。

kaeru0906-2.jpg

結実…

2013年09月07日 21:40

ine0906-2.jpg 

  今年、初めて試しているビオトープでの米づくり…、このくらいの日当たりで、農薬も肥料もなし、
タニシがお散歩している中で、本当に育っていくのか…、そんな心配をしながら日々見守っている稲ですが、
こんな風に 、ちょっぴりではあっても、実を結んでいます。何とか育ってくれないかと祈っています。

ine0906-1.jpg

トラブル…

2013年09月06日 23:09

hebi0906.jpg 

  本校のビオトープも自然として豊かになってきたのか、野鳥もよく訪れているし、
今回はヘビも出没していたようです。ただ、この子は子ども達とトラブルを起こしたようで、
しばらく留置されていました。…生き物とのトラブルの多くは、人間側に問題があるのだけれど、
それがきちんと理解されているわけではないので、できるだけトラブルは避けたいものです。
君もびっくりしたのだろうけれど、「おいた」はダメだよ…。

メタルな感じ…

2013年09月05日 20:18

tonbo0830.jpg 

  じぃっと見ていると、体だけでなくその透明の羽まで何となくメタルな色合いを感じてきます。
しばらく見入っていると、だんだんロボットかのようにも見えてきますが、
やがてそんな私の感覚を断ち切るように、目の前からしなやかに舞いたって行きました。

急に季節が…

2013年09月04日 22:49

semi0830.jpg 

  つい数日前まで連日の猛暑日だったこの辺り…、昨日の最高気温は21℃、急に季節が変わったみたい。
昨夜は、タオルケットで寝ていたら、風邪を引いてしまいそうだったけど、
君達は大丈夫なのかな? 何となく、元気な鳴き声が聞こえてこないので、心配しているよ。

誰のお腹の中に…?

2013年09月03日 21:41

itijiku0830.jpg 

  ビオトープに行ってみると、一つのイチジクの前半分がなくなっていました。
誰のお腹の中に入ったのかな? 何で半分だったんでしょう…?
でも、半分だったおかげで、小さなお腹を満たしに来た子達も喜んでいました。

時間切れ…

2013年09月02日 21:33

ai no katati0830-2 

  パートナーと出逢い、このような「愛の形」のとき…、もし危険なことが起こったら、どんな風に回避するんだろう?
そんな疑問は湧くけれど、それでもわざとその時をつくるような、そんな無粋な真似はできません。
しばらく待っていれば、そんなことも起こるかもしれないと、辛抱強くカメラを向けていましたが、
残念ながら、私の方が動かなければならない時間がやって来てしまいました。

愛の形…

2013年09月01日 19:35

ai no katati0830 

  このビオトープで巡り逢ったカップル…。この子達にとっては、これが愛の形。
人間の恋人同士ならば、正対して目と目で見つめ合って…というところでしょうが、
この状態でも相手は見えているのかなあ?それとも、信頼して決めたパートナーだから見えなくても大丈夫?


最新記事