シルエット…

2014年01月31日 21:51

siruetto0127.jpg 

 丸い実だけをぶら下げたセンダンの木のシルエットを見上げていると、
丸くないシルエットを発見! あっ嘴っ!
よくよく見てみると、この2羽だけでなく、あと5~6羽のシルエットがありました。

ウサギ小屋改造…

2014年01月30日 19:27

usagi0127-1.jpg 

 
 本来は飼育委員会の仕事なのかも知れませんが、ビオトープが恩恵にあずかるということもあり、
環境委員会の子ども達で、ウサギ小屋を改造することにしました。
改造の内容は、今まで平だった地面を外側(ビオトープ側)に向かって低くなるようにしたのです。
このことによって、今までは飼育委員がビオトープに掃き出していたウサギのフンが、
自然に転がり出たり、雨によって流し出されたりするようになりました。
掃き出すにしても、今までよりも容易になりました。
小屋の外では、ウサギさんのフンのおかげで、見る見る大きくなったセンダンの木が、
この改造を喜んでいることでしょう。(Vサインをしています。(*^^)v )
ウサギさんの小屋はきれいに、ビオトープは栄養ゆたかに…、助け合って生きていきます。

usagi0127-2.jpg

記念碑…

2014年01月29日 17:47

kinenhi0127.jpg 

 創立40周年記念でできたスクールガーデンが今後10年20年と続いていくためには、
学校内外の、過去・現在・未来の人達としっかりとつながっていかなければなりません。
ここに、現在在籍する子ども達のPTAによる記念碑が完成しました。

凍てつく…②

2014年01月28日 20:55

itetuku0127-2.jpg 

 凍てつく朝…、ビオトープの足元に視線を落とすと、
そこには、顔を出した緑に白い縁取りができていました。
こんな状態で本当に大丈夫なんだろうか…と心配になってしまいます。

凍てつく…

2014年01月27日 21:19

itetuku0127.jpg 

 南国九州では、凍てつく…と言ってもこれくらいのものではあります。
ただ、南国九州でも気温は氷点下にまで下がるし、池の表面は凍り付いている日があるのも確かです。
岸辺の落ち葉も真っ白になっています。子ども達の手先も袖の中に入り込んでいます。

応援団…?

2014年01月26日 16:13

tori0116.jpg 

 5年生の子ども達がスクールガーデンの作業をしているとき、
その作業を見下ろす位置で、この子は、まるで応援団の笛のような声で鳴いていました。
スクールガーデンの自然が豊かになれば、この子達もきっと居心地がよくなることでしょう。
そういう祈りを込めて、子ども達にエールを送っていたのかもしれません。

褐色の道…⑦

2014年01月25日 19:24

sagyou0117-6.jpg 

 雪の話題が割り込みましたが、「褐色の道」の話題に戻ります。
作業をやり遂げ、「褐色の道」の歩き初めをした5年生の子ども達は、
作業のスタート地点の土管山付近に集まり、記念写真を撮りました。
スクールガーデンの次年度を中心になって守ってくれるのは、この頼もしい子ども達です。

すりガラスの景色…

2014年01月24日 21:13

yuki0122-5.jpg 

 ビオトープが雪化粧をした朝…、よく目を凝らしてみると、ビオトープ池の水面の一部がすりガラス。
近づいてみると、やはり薄氷が張っていました。バリバリに凍っているのもいいのですが、
薄氷もまたステキです。パリッと割って持ち上げてみると、景色が透けて見えるんです。

yuki0122-6.jpg

白色の道…

2014年01月23日 21:22

yuki0122-3.jpg 

 雪の朝…、ビオトープの景色を撮影した後、思ったのは…
スクールガーデンの「褐色の道」は、どんな景色になっているかな…ということでした。
そのまま歩みを進めてみると、目に飛び込んで来たのは「白色の道」…、予想以上にステキな景色でした。

yuki0122-4.jpg

雪化粧…

2014年01月22日 21:30

yuki0122-1.jpg 

 「褐色の道」シリーズがまだ完結していないのですが、
突然の雪模様で、話題を割り込むことにします。(雪の話題の後、「褐色…」に戻ります。)

このビオトープより4kmほど山手にある我が家付近では、5cmほど積もっていましたが、
ビオトープでは、うっすらと雪化粧程度でした。
水墨画のような景色がステキなので、仄暗い時間にカメラを構えました。

yuki0122-2.jpg

褐色の道…⑥

2014年01月21日 21:33

sagyou0117-4.jpg 

 5年生の3クラスが2日間にわたって作業をリレーしてきたウッドチップ敷設作業…。
ついにゴールのビオトープに行き着きました。
最後の作業を受け持ったクラスが他の2クラスを呼びに行き、
自分達が作り上げた「褐色の道」の歩き初めを行うことにしました。
責任ある仕事をやり遂げた、誇らしげな子ども達の顔が並んでいます。

sagyou0117-5.jpg

褐色の道…⑤

2014年01月20日 21:39

sagyou0117-1.jpg 

sagyou0117-2.jpg

 「褐色の道」は、5年生達の力で運動場から体育館回りに突入しました。
子ども達のやる気を受けて、5年生の各学級があと1時間ずつの作業時間を設定してくれました。
この日のうちに「褐色の道」をビオトープまで繋げようと、子ども達は、やる気十二分です。

3コマ目の写真…、ビオトープ目の前、ゴール直前の子ども達です。

sagyou0117-3.jpg

褐色の道…④

2014年01月19日 19:04

sagyou0116-7.jpg 

 5年生の各クラスで繋いできたチップ敷設作業のリレー、この時間の担当は5年2組の子ども達です。
作業場所は、スクールガーデンの入口(正門付近)から、運動場の反対側にまで延びました。
全長の半分以上進みましたが、ゴールのビオトープまで繋ぎたくて、
口々に「作業を続けたい!」と訴えていました。
中には、「昼休みに続きをしてもいいですか?」と言い出す子もいて、
子ども達の意欲の高さに感心しました。

sagyou0116-8.jpg

褐色の道…③

2014年01月18日 18:43

sagyou0116-5a.jpg  

 はるか向こうに見える社会体育館の左手にスクールガーデンの入口があります。
そこからずいぶん長く褐色の道が伸びてきました。この時間の担当は5年1組の子ども達です。
上手に役割分担し、協力し合いながら作業する姿がとても頼もしく感じられました。

sagyou0116-6.jpg

褐色の道…②

2014年01月17日 17:17

sagyou0116-3a.jpg  

 「正門から一番奥のビオトープまで、茶色の道でつなごう!」…
そんな合言葉の基に、5年生の子ども達が立ち上がりました。
この時間の担当は5年3組の子ども達です。
スクールガーデンの真ん中付近にあるシンボルツリー、
クヌギの木の足元までウッドチップの敷設を終えることができました。 
 
sagyou0116-4a.jpg


褐色の道…①

2014年01月16日 23:02

sagyou0116-1a.jpg  

 秋に植樹祭を行ったスクールガーデンですが、まだ植物も茂ってはいなくて、
地面も運動場との区別がないので、「どこがスクールガーデン?」という感じですが、
先週からウッドチップ敷設の作業を始めました。褐色の道を最深部のビオトープに繋ぐ予定です。
(今回の作業者は、環境委員会の子ども達です。)

sagyou0116-2.jpg

青と赤…

2014年01月15日 22:48

akai mi0107 

 お天気がよい日には空を見上げてみます。
そこには、この季節ではないような青空が広がっていました。
それだけでなく、その視界に入っている赤い点々も見落とさないように楽しみます。

きょろきょろ…

2014年01月14日 21:11

hana0107.jpg 

 虫にはなかなか逢えないこの季節…、それでも何かとの出逢いを求めてきょろきょろ…。
ある時は空を見上げ、ある時は地面を見つめ、ある時は水の中を覗き込みます。
もちろん、ストライクゾーンの景色も見逃すことのないように視線を投げます。

木の思いは…

2014年01月13日 22:36

kinoko0107.jpg 

 ビオトープの脇に、キノコが空に這い登っているような木を見つけました。
自分の体にくっついているキノコ…、この木の思いはどんなだろう?
…と思いながら、この景色を見ていました。

安全な位置取り…

2014年01月12日 19:40

ki no akatyan0107 

 子ども達に人気のビオトープでは、休み時間のたびに子ども達が多数訪れ、
歩いたり走ったり…、ビオトープのあちらこちらを動き回ります。
ですから、せっかく植えた木の苗でも踏まれてしまうこともありますが、
ここでは木の赤ちゃんが大きな切り株に寄り添うように立っています。
ここならこの切り株に守られて、子ども達に踏まれることもないでしょう。安全な位置取りだと思います。

コラボ…

2014年01月11日 11:11

korabo0107.jpg 

 今の季節、ビオトープ池の景色は、
水上に輝くものと水底から透けて見えるものと水面に映り込むもののコラボレーション…。
遠景で見ると少し寂しい冬の景色ですが、ここは贅沢な景色を楽しむことができます。

膨らむ…

2014年01月10日 22:59

suisen0107-1.jpg 

 今朝、ビオトープ横の駐車場に到着した私の車の外気温度計は2℃を指していました。
寒波がやってきているここ数日です。そんな中でもビオトープのスイセンは、
蕾を一日一日膨らませています。毎日、ここにしゃがんで変化を見守っているこの頃です。

suisen0107-2.jpg

春の足音…

2014年01月09日 21:00

haru no0107-1 

 明日からこの冬一番の寒気が入り込み、気温が氷点下にまで下がるそうですが、
ビオトープの景色をよく見ると、
日当たりのよい足元にはもう春の足音が聞こえてきそうな景色も見られています。

haru no0107-2

命の証…

2014年01月08日 22:19

mizuzoko0107.jpg 

 澄み切ったビオトープ池の水底を覗き込んでよく見ると、
幾筋もの曲がった線を見ることができます。さらにその線に沿ってよく見ると、
その筋を描いた生き物に出逢うこともできます。(写真中程のL字の曲がり部分にも貝の姿が…)
なかなか動きが見えにくい冬にもしっかりと生き続ける命の証です。

おもしろい風景…

2014年01月07日 18:02

moai0107.jpg 

 透き通ったビオトープ池を覗き込んでいると、
明るい空の部分は光が反射して水の中が見えにくいのに、
私が映り込んでいるところは水の中がよく見えることに気づきました。
体が透けて水底が写っているようなおもしろい風景です。

始まり…

2014年01月06日 21:36

biotop1231-2.jpg 

 2014年が始まり、子ども達が学校に帰って来る週も始まりました。
明後日(8日)には、ここを走り回る子ども達の姿を見ることができるようになることと思います。
ビオトープ池は、子ども達の瞳や心と同じように澄み切った水を湛えて、子ども達の訪れを待っています。

誕生日の誓い…

2014年01月05日 13:13

usagi1231-3.jpg 

 ビオトープを一歩前進させることができた昨年でしたが、
たぶん私の本校在任もあと1年の今年は、ビオトープコンクールのない年です。
今日は誕生日…。もう誕生日がめでたい歳ではありませんが、
「ビオトープの引継ぎをきちんとする!」…そのような誓いを立ててみました。

可愛い♡…②

2014年01月04日 20:20

usagi1231-2.jpg 

 車を止めて、私がキーフォルダーの音をさせた途端に小屋の入口に整列して待っているこの子達…。
本当に可愛いその姿に癒されています。あと数日で、子ども達の姿が戻る学校ですが、
この子達もきっとその日を待っていることでしょう。

可愛い…♡

2014年01月03日 19:55

usagi1231-1.jpg 

 ウサギさん達のところに野菜を届けに行くと、ダッシュで全員が集まって来ました。
新鮮な野菜を夢中で食べるウサギさん達…、
中でも、後足で立ち上がり、前足で抱えるように食べていたこの子が、あまりにも可愛くて…。

幸せを見つめて…

2014年01月02日 21:25

hato1231-1.jpg 

 ビオトープを訪れてみると、先客が来ていました。
池を見つめたり、岸辺を歩き回ったりするその目はこの先の幸せを見つめているのでしょうか…。
ここを訪れたり、ここで暮らしたりする生き物達が
幸せを感じることができる場所にしていきたいものです。

hato1231-2.jpg

あけましておめでとうございます…

2014年01月01日 00:00

biotop1231.jpg 

 あけましておめでとうございます。今年もどうぞよろしくお願い申し上げます。
昨年度は、550㎡から6600㎡へとスケールアップしたビオトープ、
ビオトープコンクール2011での「奨励賞」から
ビオトープコンクール2013での「日本生態系協会賞」へと一歩前進のビオトープ、
今年は未来に向けて持続できる施設や活動へと高めていかなければ…と思っております。
皆様には、これまで通りのご支援を頂きますように、お願い申し上げます。


最新記事