赤ちゃん誕生…

2014年08月31日 21:17

akatyan0823.jpg 

 本校では遠足の度に、「ビオトープにお土産をよろしくね。」…と子ども達に頼んでいます。
子ども達は、それぞれに遠足に行った先から、木の実などを持ち帰ってくれます。
ビオトープの入口近くに、ドングリの赤ちゃんが誕生。誰のお土産かな…?

こんな見方で…

2014年08月30日 20:16

kumo0823.jpg 

 この写真は、画面中央のクモを撮ろうとした単純なミスショットです。
しかし、改めてこの写真を見ていて思うのは、
もし空飛ぶ虫がこんな景色の見方で飛んでいたとしたら、
たいへんなことになってしまうだろうということです。
私はよくそんな失敗をして、クモの巣に頭を突っ込んでしまいます。
 

ギャラリー…?

2014年08月29日 22:51

semi0823.jpg 

 ビオトープには、あなたが留まりやすい木がたくさんあるはずなのに、
なんでそんなところにしがみついているのかな?
この中には、確かに可愛いウサギさん達がいるんだけど、ギャラリー? まさかね…。

V(ブイ)(^_^)v…

2014年08月28日 20:34

aosujiageha 0823 

 日陰で見ると、夜の滑走路のような模様のこの子…。
今回は、せっかく日向で出逢ったので、この鮮やかなVサインが撮れるまで粘っていました。

可愛い顔をして…

2014年08月27日 21:56

sioyaabu0823.jpg 

 
 こんな風にデートしているところを見れば、とっても和やかで可愛い顔をしていますが、
その本性はと言えば、スズメバチやオニヤンマなどもかなわない最強の昆虫…。
獲物の虫が近づくと、背後から鋭い口吻で襲い掛かり、
一撃必殺で獲物の神経節を切断、即死させるのだそうです。

まもなく…

2014年08月26日 17:34

natuyasumi 0823-2 

 夏休み中、ビオトープのお留守番を務めてきた学童の子ども達ですが、
その夏休みも明日までです。まもなく、もっと大勢の子ども達がビオトープに戻ってきます。
ビオトープの生き物達にとっては、ハラハラドキドキの日々になるのでしょうが、
やはり学校ビオトープは、子ども達の姿があってこそ…です。

雨上がりの朝…③

2014年08月25日 18:24

kinoko0823-3.jpg 

 キノコの世界は奥が深い…。
雨上がりにビオトープを歩くと、 いろんなところから、いろんなキノコが顔を覗かせています。
ここには、「鳥の卵?」と思うような丸くて白い子達が地面から顔を出していました。

雨上がりの朝…②

2014年08月24日 19:04

kinoko0823-2.jpg 

 天気がよくないならば、よくないならではの景色に出逢うことができます。
ビオトープに転がしている太い切り株にもこんな風に、キノコが姿を見せてくれています。

雨上がりの朝…

2014年08月23日 17:17

kinoko0823-1.jpg 

 雨の日が続く今年の夏…、なかなかたくさんの虫達に逢うことができませんが、
雨上がりの朝、ビオトープを歩くと、
昨日までは姿が見えなかったキノコ達と出逢うことができることがあります。

可愛いので…

2014年08月22日 18:19

neko0801-2.jpg 

 昨日、紹介したネコさん…。可愛いのでもう1回登場してもらいました。
カメラを持ってじわじわ近づいて来る私を見つめるその目は、
少なくとも、友達とは思ってくれていないようです。こちらは友達のつもりなんだよ…。

君さえよければ…

2014年08月21日 17:18

neko0801.jpg 

 おやっ!? ビオトープに珍しいお客さんが来ています…。
君は、何をしにここにやって来たのかな? 君さえよければ、ここに住んでも構いませんよ。

勢力図…③

2014年08月20日 22:27

kumazemi0801.jpg 

 2つの台風が行き過ぎたら暑い日が戻り、
例年のようにクマゼミが幅を利かせるようになるかと思っていたら、
その後も梅雨に逆戻りしたような悪天候続きの日々…。
今年は、この子の姿を探さなければいけないほど、少ないのです。
気のせいでしょうが、写真に写るこの子の姿が心なしか寂しげに見えてきます。

さらに細い…

2014年08月19日 12:32

itotonbo0801.jpg 

 ビオトープ池の中に生えているイグサ…。
その細い葉っぱの上に、さらに細いボディのイトトンボが止まっていました。
これはズーム加工したコマですが、引いたコマに戻すと、よく気をつけないと見落としてしまいます。

セミの木…?

2014年08月18日 23:05

semi no ki0801 

 これはビオトープのグミの木です。
しかし、今の時季のこの木は、枝の至る所にセミの抜け殻だらけ…。
「セミの木」と言いたくなるくらいの状態です。

早朝のハンター…

2014年08月17日 19:06

hanta-0801.jpg 

 夏休みもビオトープの自然とともに過ごす、学童保育に通う子ども…。
学童のドアが開くまでの間、「早朝のハンター」に変身します。
ビオトープのあちらこちらに注意深い視線を飛ばし、虫達の気配を探っています。

2倍楽しむ…

2014年08月16日 21:16

medaka0801-3.jpg 

 ビオトープ池の浅い水辺…、お天気のよい日はいつもの2倍楽しむことができます。
それは、水面近くで背中を輝かせて泳ぐクロメダカの群れと、
陽射しが明るく届く水底を滑り泳ぐ黒い魚群とのコラボレーションです。

とっておき…?

2014年08月15日 16:49

tyou0801.jpg 

 葉っぱの上に止まったばかりのときは、翅を閉じてじっとしているこの子も、
しばらく見ていると、点滅するランプのように翅をときどき開いて内側の綺麗な青色を見せます。
この子は、余程とっておきなのか、内側を見せるのはほんの一瞬で、
とうとう私の滞在可能な時間内ではカメラで捉えることができませんでした。

瞳の奥に…

2014年08月14日 13:07

aburazemi 0801-6 

 ビオトープの木に止まっているアブラゼミさん…、驚かさないように接近してみました。
接写をしてよくよく見てみると、その瞳に私の姿が映っているようです。
でっかい図体で自分に近づいてくる怪しい姿を、瞳に映して何を感じているんだろう…と思いました。

いろいろな世界を…

2014年08月13日 22:42

amenbo0801.jpg 

 ビオトープ池の何気ない一コマ…。
目を止めてよく見てみると、貝が浮かんだ木切れで甲羅干ししているようなちょっと長閑な実像や、
アメンボが水に落ちたバッタを捉えて抱え込んでいるちょっと厳しい自然の実像、
アメンボや浮かんだ木切れが凹めた水面が映す上空の虚像…。
いろいろな世界を覗き見ることができます。

日向ぼっこ…?

2014年08月12日 20:20

medaka0801.jpg 

 ビオトープ池のクロメダカ達…。
夏の日に、陸上にいる私達はどちらかというと木陰に入りたい…と思うのですが、
天気の良い日は陽射しが差す場所に集まって来ています。日向ぼっこなのかなあ…。

季節感…

2014年08月11日 20:20

kaikouzu0801.jpg 

 ビオトープのシンボルツリー、カイコウズの花時季は梅雨の頃ですが、
今年は、梅雨が明けて以降、悪天候続きで、平均気温が例年の夏より低く湿度が高い、
まるでカイコウズの花時季のような季節感なので、8月中旬だというのに、
枝のあちらこちらに二番花を見ることができます。

子ども達がいない間は…

2014年08月10日 22:04

souji0801.jpg 

 夏休みの間は、ビオトープやスクールガーデンを管理する環境委員の子ども達がいません。
その間は、折れた枝など傷んだ自然はないか、ゴミなどは散らかっていないか…と
こんな風に、毎朝、先生達が見回っています。

責任を感じて…

2014年08月09日 17:37

aburazemi 0801-4 

 今年は幅を利かせているアブラゼミですが、
この日、ビオトープの木の下を歩いていると、
すぐ傍にいたらしいこの子達が慌てて逃げ出し、池の中に墜落してしまいました。
助けるのがいいのかどうかはわかりませんが、
私が傍を通ったことに責任を感じて、枝を差し伸べて陸に戻しました。

勢力図…②

2014年08月08日 19:12

aburazemi 0801-3 

 去年の今頃だと、こんな風に目につきやすい場所でこの子を見掛けることは少なかったのに、
今年は、ビオトープで見掛ける多くがアブラゼミという状態です。
天候不良続きの今年は、去年と比べると、ずいぶん平均気温が低いとか…。
12号、11号と続いた台風が通り過ぎたら、晴れの日が続くらしいけれど、
その頃には、また近年のような勢力図に戻ってしまうのかな?
ついつい子どもの頃に馴染んだ景色を見せてくれるこの子達を応援してしまう私です。

偶然の笑顔…

2014年08月07日 20:20

kao0801.jpg 

 ビオトープのシンボルツリー、カイコウズの木の足元には、
セミさん達がつくった綺麗な穴がたくさん開いています。
その穴の傍に、カイコウズが葉っぱを落として、偶然の笑顔ができていました。

夏休みの早朝…

2014年08月06日 22:09

gakudou0801.jpg 

 夏休みの早朝、学童保育が開門する前の時間帯に子ども達が訪れるのはビオトープ…。
蝉時雨の下、夏休みに出逢った生き物の話をあれこれと話していました。
みんな、自然が大好きな子ども達です。

勢力図…

2014年08月05日 18:47

aburazemi 0801-2 

 光が差さなかったら気づかないほど、木の幹に溶け込んで止まっているアブラゼミ…。
ここ数年、セミの季節になると、ビオトープを席巻していたのはクマゼミでしたが、
今年は、その勢力図に変化が見られます。目に見える位置はアブラゼミが占めています。

愛の形…

2014年08月04日 17:34

tonbo0801.jpg 

 ビオトープを横切っていったトンボの動きが少々軽やかさに欠ける感じがして、
飛んで行った方向へ追跡してみると…。
ビオトープ隣の畑で、この子「達」が一休み中でした。これがこの子達の「愛の形」です。

見事な…

2014年08月03日 21:05

kumo0719.jpg 

 飛んでいる虫から見て、目の前に明るく輝く物体が現れたら、
きっとそれをかわそうと行動することでしょう。すると、そこには目に見えない罠が張り巡らされています。
飛ばずに眺めている私からは、白く輝く物体の後ろにあなたが潜んで待つ見事な戦略が見えています。

布石…②

2014年08月03日 14:16

midori no syounendan 0801 

 ビオトープやスクールガーデンをこの先10年20年と継続させるための布石…、
それは、内部の組織や活動をつくり上げるだけでなく、
外部とどれだけの繋がりをつくれるかということも大切なことだと思います。
7月31日から8月1日にかけて、本校環境委員会の4名が代表として、
「福岡県緑の少年っ弾交流集会」に参加し、交流を深めてきました。

お寝坊さん…

2014年08月02日 18:06

semi0801.jpg 

 蝉時雨が降り注ぐビオトープの早朝…、
足元に目を移すと羽化前の歩いているセミさんと出逢いました。
セミさんはたいてい未明に羽化をするので、
なかなかこんな風に歩いているところを見ることができませんが、
この子がお寝坊さんだったので、出逢うことができました。
この子の左横をさらによく見ると、葉脈だけになった透明の葉っぱにも出逢えました。
お寝坊さんのおかげで、ダブルラッキーな朝でした。
(ちょっと残念だったのは、この日が休日ではなかったので、
  この子が羽化をし終えるまで追跡できなかったことです。)


最新記事