作業は楽しみながら…③

2015年01月31日 19:08

sagyou0128-4.jpg 

 少し離れた所で、作業をしながら腰湯(?)を楽しんでいる女の子の様子を見て、
羨ましくなったらしい男の子達も、真似をして腰湯を掘りました。
こちらは、お尻をしっかり落として、「あったかい~」…と、楽しそうです。

作業は楽しみながら…②

2015年01月30日 22:12

sagyou0128-3.jpg 

 ウッドチップを掘り進むと、中がとても温かいということを発見した子ども達は、
手を差し入れるだけでは飽き足りず、体ごと入ってみたいと思ったようです。
ふと見ると、女の子2人が腰湯?…に入っていました。やはり作業は楽しみながら…です。

作業は楽しみながら…

2015年01月29日 21:58

sagyou0128-2.jpg 

 嫌々やる作業は、ただ苦痛なだけです。
子ども達は、ビオトープ作業を楽しみながらやっています。
この子達は、ウッドチップを掘ると、中が温泉のように温かいことに気づきました。

即、対処…

2015年01月28日 22:22

sagyou0128-1.jpg 

 新しく運び込まれたウッドチップは、木の匂いが強くしています。
風に乗って辺りにその匂いが広がったのでしょう。ご近所から問い合わせが来ました。
数日、雨風に晒せば匂わなくなるのですが、
子ども達はふれあいの径に敷く作業を急ぐことにしました。

メモリアル…

2015年01月27日 23:06

sagyou0121-3.jpg 

 子ども達が一生懸命に働いている傍には、昨年の学校創立40周年で建てられた記念碑です。
子ども達がつくっているのは、約6600㎡にも及ぶ、
今後10年も20年も繋がっていくことをめざしたメモリアル・パークです。

将来の…

2015年01月26日 19:17

sagyou0121-2.jpg 

 前任校で、ビオトープの作業について来ていた幼稚園の子が、
やがて小学校で成長し、環境委員会に入り委員長を務めているということを聞きました。
こうして進んで作業のお手伝いをする子達が、将来のビオトープを支えてくれるのかもしれません。

大きな仕事を…

2015年01月25日 11:58

sagyou0121-1.jpg 

 本校は元々は中学校だったそうです。だから校庭も広い!
その校庭を縁取るようにつくっているビオトープも長く広いのです。
子ども達の一人ひとりでは、まだ小さな力なのでしょうが、みんなで力を合わせ、大きな仕事を進めています。

宝…③

2015年01月24日 21:14

takara0121-3.jpg 

 運ばれてきた土の中から、普通の校庭では見ることができないこんな「宝」も発見しました。
運ばれてきた直後に、土の山の周りをくるりと1周回ってみただけで、5匹発見することができました。
きっとダンプカー数台分の土の中には、もっとたくさん暮らしていることでしょう。

宝…②

2015年01月23日 21:22

takara0121-2.jpg 

 ここが普通の野山ならこの素材の山を見ても、喜ぶだけで何の心配もしないのですが、
校庭という場所なので、この山が果たして宝の山に見えるのか…。
ビオトープのためにも子ども達のためにもステキな宝なんだがなあ…見つめる私はそう思っています。

宝…

2015年01月22日 22:05

takara0121-1.jpg 

 ダンプカーから降ろされているのは、寄贈された資材です。
刈り取られた草や枝葉が混じって、半分土になりかけているようなものです。
私には、ビオトープが本物の自然に近づくための宝物に見えるのですが、
他の人から見たらどのように見えるのか、少し心配しています。

ホームグラウンドに…

2015年01月21日 20:53

tori0121.jpg 

 数年前に私の背丈ほどもなかったセンダンの木は、木の下に行くと、空を覆うほどになっています。
そして、その枝には多くの野鳥が止まっています。
ここがステキなホームグラウンドになるように、見守っているのかもしれません。

夢の径は続く…④

2015年01月20日 21:25

sagyou0116-5.jpg 

 ここを未来につないでいくのはこの子達…。
ここで無邪気に遊ぶ下級生達にケガなど負わせないように、
丸太から飛び出した枝の根元の部分も見逃さず、切り取ることも忘れません。

夢の径は続く…③

2015年01月19日 21:56

sagyou0116-4.jpg 

 ここにいる子ども達の多くは、あと約40日で卒業していく6年生達です。
自分達の確かな足跡を残そうと、夢の径をつくり続けています。

夢の径は続く…②

2015年01月18日 17:30

sagyou0116-3.jpg 

 頑張ってつくっている「夢の径」…、
子ども達一人ひとりが自分で役割を見つけて作業に取り組んでいます。
向こう側に見えるのは、隣接する保育園です。ときどき園児達が、先輩達の作業の様子を見ています。

夢の径は続く…

2015年01月17日 23:09

sagyou01116-2.jpg 

 ブルペンと運動場を区切るように進む「ふれあいの径」…、
自然があまり感じられないこの辺りに、やがてこの径を中心に緑が見られるようにと、
子ども達が描く、夢の径は続いていきます。

小っちゃい子達だって…

2015年01月16日 19:45

sagyou0116-1.jpg 

 私が少し早目にスクールガーデンに行き、作業に取り掛かっていると、
2年生の子ども達がやって来て、「ビオトープじいちゃん何やってるの?」「お手伝いしたい!」と…。
私が簡単に説明すると、早速作業を始めた子ども達…。
手つきもこの通り。小っちゃい子達だってたいしたものです。

難しい工事に…⑤

2015年01月15日 20:02

sagyou0109-5.jpg 

 完成したふれあいの径…、ボールネットを通過させる箇所です。
無事に、ボールネットはここを乗り越して運動場に出ることができました。
他のところよりも難しい工事でしたが、1日で仕上げた子ども達でした。
(ここでの紹介は、5日も引っ張ってしまいましたが…)

難しい工事に…④

2015年01月14日 23:08

sagyou0109-4.jpg 

 子ども達一人ひとりが、それぞれに作業に自分なりのこだわりを持ちます。
左にしゃがんでいる子は、丸太に残る枝の付け根が危ないと感じ、
鋸を持って来て、一つひとつ根元から切っています。

難しい工事に…③

2015年01月13日 21:29

sagyou0109-3.jpg 

 作業が捗らなくて落ち込んでいる図…ではありません。
何とか、時間いっぱいまでに間に合わせるために、一生懸命に土を踏み固める作業をしているのです。
右端に、そんな子ども達の頑張りを記録する私の影も参加しています。

難しい工事に…②

2015年01月12日 19:36

sagyou0109-2.jpg 

 ボールネットが通れるように遊歩道を作るという難しい工事ですが、
野球の練習があるので、工事を途中までで終えて持ち越すわけにはいきません。
何としてもこの日のうちに仕上げるために、子ども達は集中して頑張ります。

難しい工事に…①

2015年01月11日 19:13

sagyou0109-1.jpg 

 子ども達は、今まで運動場の縁に丸太で仕切ったウッドチップの遊歩道を作ってきましたが、
この場所は、今までにない難しい工事になりそうです。ここだけは、画面右手に見えている、
野球チームが使うボールネットが通れるように作らなければならないのです。

春近し…?

2015年01月10日 22:43

sinme0102.jpg 

 ここはビオトープ…、上は木に守られ、下は落ち葉に守られた日の当たる場所です。
まだ多くの場所は、枯れ草色ですが、ここでは一足早く緑色が見られます。
「春近し」と言うには、まだまだ風が冷たい毎日ですが、春が楽しみになる景色です。

枯れてしまった…?

2015年01月09日 22:38

kaikouzu0102.jpg 

 木枯らしの季節、ここを訪れた人がよくおっしゃるのが、
「この木、枯れてしまったんですか?」という言葉です。
ご覧になった方が心配になってしまうほどの、まるで立ち枯れになっているかのような姿なのです。

シルエット…②

2015年01月08日 20:55

tori0105.jpg 

 昨日、樹上でシルエットを見せてくれていた子が、
今日は、ビオトープ池の畔に降り立っていました。
今日は、日が差して少しだけ温かく感じますが、まさか水浴びじゃありませんよね?

シルエット…

2015年01月07日 17:58

tori0102.jpg 

 灰色の冬空の手前に佇む裸ん坊のサクラの木…。
モノトーンの景色のあちらこちらに鳥達のシルエットを見ることができます。
明るく温かい春までは、もうしばらく辛抱が必要なようです。

瞳に映る…

2015年01月06日 19:05

usagi0105.jpg 

 差し入れた野菜を食べているウサギさん達…。
その宝石のような瞳に、カメラを向ける私が映っていますが、
この子達は、傍にいる私をどんな風に思っているのでしょう…。

差し入れ…

2015年01月05日 18:10

usagi0102-1.jpg 

 子ども達が学校にいるときなら、給食室からニンジンの皮などの差し入れがあったり、
小屋の外から子ども達が草を差し入れてくれたりするのですが、
休み中はドライフードだけになってしまいやすくなります。
冬休み中それが続いては可哀想なので、大根葉の差し入れをしに行きました。

僅かな距離の違いで…

2015年01月04日 17:07

yuki0102.jpg 

 1月2日の朝…、ここから直線距離で約3㎞の我が家の周りは一面の銀世界でした。
きっとここもそうだと信じて、長靴・手袋の重装備で、
スタッドレスを履いているカミさんの車を借りて来てみたけれど、途中の景色からすでに雪はなし…。
悔しいので少しだけ降ってきた雪をストロボで光らせてみましたが、
ご覧いただけますでしょうか?
僅かな距離の違いで、天候が全く違うのです。

ビオトープの傍で…

2015年01月03日 22:56

hatake1222.jpg 

 子ども達は、ビオトープの傍でこんなダイコンを育て上げました。
ビオトープの生き物達と共存するために、
農薬や化学肥料を全く使わず、土づくりから頑張ったオーガニック野菜です。

ここで咲く君が…

2015年01月02日 08:36

suisen1222.jpg 

 君の仲間はあちらこちらの花壇で見かけるけれど、
私はここで、木に寄り添うようにして咲く君が好き…。
今年もその場所から、子ども達を見守ってくれるんだね。

あけましておめでとうございます…

2015年01月01日 00:00

hansya1018-2[1]

 新年あけましておめでとうございます。
ここをつくり始めて6年になろうとしています。
自然はそうたやすくできるものではなく、まだまだ未熟なここですが、
今年もまたお見守りいただきますよう、どうぞよろしくお願いいたします。


最新記事