春を探しに…②

2016年02月29日 20:36

harumituke 160226 

 春を探しに出掛けた子ども達。けっこう真剣な探しっぷりです。
小さな小さな春も見逃さないように一歩いっぽ歩いています。
静かに穏やかに時が流れていきました。

春を探しに…

2016年02月28日 17:57

hana160226.jpg 

 子ども達と一緒に、校庭に春を探しに出掛けました。
子ども達が何を見つけるのか楽しみにしながら、カメラを構えて後をついていってみました。
小さな花でも見落とさずに指さす子ども達を嬉しく思いました。

♪あったかいんだからぁ~♪

2016年02月27日 11:11

mi160223.jpg 

 真冬のような冷たい風が吹いていると、温かく感じる景色を探してしまいます。
あったあった(*^_^*) この子達…あったかそうです。
♪ 特別な日差しを あなたにあげる あったかいんだからぁ~ ♪

白…

2016年02月26日 23:09

yuki160225-2.jpg 

 これは昨日の景色です。今朝はこれほどの景色ではなかったのですが、
出勤前の車のフロントガラスは「白」…。昨日は雪で、今日は氷で「白」でした。
昨日よりさらに冷え込んでいました。春はもうすぐそこ…と思っていましたが、もう少し先なのでしょうか。

遠景は…

2016年02月25日 19:04

yuki160225.jpg 

 我が家は冬場にすぐ通行止めになる峠の麓です。出勤時に車は真っ白でした。
走り始めると、そんな車はそう多くはなく、何となく気恥ずかしい感じでしたが、
我が家の近くはもちろん、学校も遠景は雪景色でした。もう春が来ると思っていたのに…。

ここに来たら…

2016年02月24日 23:54

ki160208-3.jpg 

 ここに来たら、季節に限らずの景色を感じることができます。
もうそろそろ、裸ん坊の木々もこんな風になってきたらいいのに…と思います。

あとどれくらい…②

2016年02月23日 21:37

ki160208-2.jpg 

 明朝は雪が降るとの予報もあります。
この時季は本当に大変です。三寒四温と言われるように本当にめまぐるしい…。
梅の花が春を予感させているのに、この子はまだ裸ん坊…。あとどれくらいこんな気候なのでしょう。

あとどれくらい…

2016年02月21日 15:11

ki160208-1.jpg 

 襟を立てたくなるほど冷たい風が吹いたと思ったら、
今度は上着を脱ぎたくなるくらいの陽射しが注いできます。
この子がこんな風に裸ん坊なのは、あとどれくらいなんでしょう…。

伸びゆく…

2016年02月20日 12:15

mi160208.jpg 

 派手さは全くないけれど、校舎を背にしてお日様に向かい、パッと手を広げたようなこの姿…。
伸びゆく子ども達とイメージを重ねて見ています。

笑ってる…

2016年02月19日 18:46

hana160208-4.jpg 

 この子の咲き姿を眺めていると、何だか笑っているように見えてきます。
少し明るくなった陽射しや、温かく感じられるようになった風が嬉しいのかな…?

過ぎたなんて言わずに…②

2016年02月18日 20:50

hana160208-3.jpg 

 「過ぎた」なんて言わずに見つめていると、さらに近づいてみたくなります。
うんと近づいてみると、ステキな宝飾品のようにも見えてきます。
自然の形って、なんて美しいんでしょう…。

過ぎたなんて言わずに…

2016年02月17日 19:23

hana160208-1.jpg  

 畑の植物だって、「過ぎた」なんて言わずにとことん楽しんでみたいものです。
ほら、可愛い花が咲きますし、まだまだ蕾もいっぱいです。抜いてしまうなんてもったいない…。

温かくなって…

2016年02月16日 19:25

hosinohitomi 160208 

 明朝は氷点下の寒さだとか…。暖冬だっていうことだったんだから、
もう温かくなってもいいんじゃないかなぁ~。ねぇ、ホシノヒトミちゃん。

温かいのか寒いのか…

2016年02月15日 19:39

hana160202-4.jpg 

 袖まくりをしたくなるような日だったかと思えば、今度は襟を立てたくなるような日と、
体調を整えるのが難しいような最近の気候ですが、
自然の生き物達は、こんな気候に困ったりはしていないのでしょうか…。

鳥さんも…

2016年02月14日 11:11

tori160208-1.jpg 

 学校という騒々しい空間で、限られた時間を使って、
ポケットに入るコンデジで鳥さんを撮ろうとしても、
そうそう許してくれるほど、鳥さんは甘くないのだと思います。
今回、美しく鳥さんを撮っておられる方とお友達になれましたので、
撮り方を教えていただきながら、鳥さんも狙ってみたいと思います。

足音が間近に…②

2016年02月13日 13:13

ume160212-3.jpg 

 天気予報によれば、今日明日にでも「春一番」が吹くかも…とのことでした。
春の足音ならぬ風音でしょうか。温かい風が心地よく…というわけでもなさそうです。
もしかすると、「春の嵐」というような花散らしの風なのかもしれない…と心配しています。
来週が始まって、またこの子達に逢えるのかなぁ~。

足音が間近に…

2016年02月12日 21:21

ume160212-2.jpg 

 数日間、寝込んでいる間、外は好天続きでした。
ようやく起き出してこの場所に行ってみると、春の足音が間近に聞こえるこんな状態になっていました。

次世代への…④

2016年02月08日 19:39

tuwabuki 160208 

 次世代への布石として、綿毛を風に乗せようとしているツワブキ…。
ここは、前の記事で紹介したあの場所から20mほど離れた岩石園です。
ちょこんと顔を覗かせていますが、あの場所の家族の子ども達なのでしょうか。

次世代への…③

2016年02月07日 21:18

tuwabuki 160202-2 

 ツワブキの綿毛に見入っていて、より近づいてみました。
すると、「ここで育んだ次世代に向けての命…、自分達の力で守り抜く!」
…というような、綿毛の1本1本が「次世代を守る意志」のように見えてきました。

ネットでツワブキに関する記事を見ていると、
「野生の植物はある程度寒さに当らねば発芽しない…
人が思う『やさしさ』は、野草にとっては『ありがた迷惑』な事がある」
とありました。綿毛ごと摘み取って大事に保管し、
温かいいい時季になって、ここなら…と思う場所に蒔いてやるのも、
もしかしたら彼らにとっては、「ありがた迷惑」なのかもしれませんね。

次世代への…②

2016年02月06日 21:26

tuwabuki 160202 

 雨が上がると上を向き綿毛を乾かして、次世代への支度を始め、
テイクオフの時を測っているようです。
この子達が旅を終え、暮らし始めるのはどの辺りなのでしょう。

http://yumenohurusato.blog88.fc2.com/blog-entry-4198.html

可愛い子達…②

2016年02月05日 22:08

mi160202-2.jpg 

 見つけた可愛い子達をしばらく見ていて照っていた日が少し翳ると、
またちょっと違う雰囲気に見えてきます。同じものを見ていても飽きることがありません。

可愛い子達…

2016年02月04日 20:04

CIMG8609.jpg 

 意識しないで歩いていると、傍を通っても気づくことができません。
それほど控え目な見た目です。でも、気づいて見つめてみると、とっても可愛い子達です。

まだまだ寒い…②

2016年02月03日 21:28

hana160202-3.jpg 

 今日は節分、明日は暦の上では春を迎えます。
まだまだ寒いのだけれども、春の足音が近づいてきているのも確かです。
昨日の木からもう1本、記念碑に向かって近づいたこの枝にも開花が見られました。

まだまだ寒い…

2016年02月02日 21:05

hana160202-2.jpg 

 まだまだ寒い毎日ですが、小雨模様から一転晴れ間が見えた昼休み…、
校庭でお気に入りの場所に行ってみました。
最近知ったことですが、ここは子ども達が遊ばないゾーンに指定されているとか…。
実にもったいない話ですが、その場所に春は静かにやって来ていました。

まるで宝石…②

2016年02月01日 18:47

yasai160128.jpg 

 畑に行ってしゃがんでみても、やはり「まるで宝石」に出逢えました。
それはそうと、野菜の種には蒔き時、苗には植え時というものがあります。
それを外してしまうと、こんな風に「なんじゃこりゃ!?」…ということになってしまいます。


最新記事