共生のためにも…

2016年08月31日 19:35

mi160822.jpg

 中庭で暮らすこの子…。下がった実をよく見ると、誰かがかじった跡があります。
環境はヒトのためにあるものじゃない…。植物が暮らしよい場所に根付き、
それを求めてやってくる鳥や虫がいます。
そんな共生のためにも、こんな環境を大切にしていかなければなりません。 

先住の…

2016年08月30日 18:52

nobudou160822.jpg

 この子もきっと人によって植えられた庭木よりも先住の生き物だと思います。
しかも、「野山の宝石箱」と言われるほどきれいな実を着けるのに、
先日の草取りの日に刈り取られてしまったところもありました。
子ども達の感性のためにも残しておきたいなぁ~。 

顔を出した…

2016年08月29日 21:21

sasa160822.jpg

 剪定されたツツジの間から顔を出したこの子達…。
美しい庭をつくって楽しむ人にとっては、この逞しい生命力を持つ存在は邪魔だと思うのかもしれませんが、
元はと言えば、この子達も方がツツジよりも先住の生き物なのでしょう。
私は心の中で「頑張れ!」とこの子達を応援しています。 

いい感じ…

2016年08月27日 18:23

hana160822.jpg

 この子は、葉っぱの向こう側のような場所に、目立たずに咲いていました。
草むらを覗き見上げた辺りに、ちょこんと顔を覗かせるようにして咲いていましたが、
背景の葉っぱや快晴の空との対比がいい感じでした。 

この季節も…

2016年08月26日 21:26

kaikouzu160822.jpg

 この地方では梅雨の頃に花時季を迎えるこの子ですが、
校庭を回っていると、二番花の蕾を着けていました。
どんよりとした梅雨空を明るくしてくれる貴重な存在だけれど、
真夏の青空の下のこの季節もとても似合うと思います。 

何見てんの…?②

2016年08月25日 18:30

kamakiri160822 - 2

 この子の視線はこんな風に…。その先にはこの子のことをじっと見つめている子の存在がありました。
この視線の絡み合いは、友好的なものなのか、それとも敵対的なものなのか、
私が、向こう側の子の存在に気が付いていれば、この先どんな展開になるのか見守ったところですが、
残念ながら、「何見てんの?」という感じだったので、この先の物語を綴ることはできません。m(__)m 

何見てんの…?

2016年08月24日 20:51

kamakiri160822.jpg

 何かをじっと見つめているこの子…。「何見てんの?」
シャッターを切ったときまで、その答えはわかりませんでした。
ところが、撮れたコマを確認すると、「ああ」…これだったのですね。
ご覧の皆様、わかりましたか? (*^▽^*) 

卵のよう…

2016年08月23日 20:19

sotetu160822.jpg

 雄花のグイッと伸びた雄々しい姿より少し遅れて、雌花の方はおっとりと丸く、
次世代を抱くその形は卵のように見えます。
やはり、次世代に繋ぐための形は、生き物の種類は違っても、こんな風に丸い形になるのでしょうね。

過酷なリハビリ…

2016年08月22日 22:22

kusatori160822-2.jpg

 昨日の日曜日は、本校恒例の「親子美化作業」の日でした。
猛暑日が続くこの夏、この日も十分過ぎる晴天になりました。
夏休みの少し緩んだ心や体を締め直すには、とても過酷なリハビリの作業になりました。 

色づき始めた…

2016年08月21日 23:08

nobudou160731.jpg

 花の季節に虫達を楽しませたこの子…。実が色づき始めた今、今度は誰を楽しませてくれるのかな? 

最期のときも…

2016年08月20日 18:49

semi160731-6.jpg

 この子達は、最期のときも何だか堂々としているようにしているように感じます。
やることをやりきって、自分の全てを使い切って、大地を枕に最期を迎えるこの姿…、ステキです。 
私もできることなら、かくありたい…と思っています。

疲れ…

2016年08月19日 21:30

semi160731-5.jpg

 ふと見上げた幹に止まっていたこの子…、何となくその姿に疲れを感じます。
短い地上生活で成すべきは、次世代に繋ぐためのパートナーとの出逢い…。もう果たせたのでしょうか…。 

果てしない想い…

2016年08月17日 21:56

semi160731-4.jpg

 地面に開いた穴を眺めながら…、
例えば「黄色矢印の穴の主」と「赤矢印の穴の主」は近所から地上に出て来ているけれど、
地中生活中に出逢うことはあったのだろうか…とか、
テイクオフの場所まで歩く道すがら挨拶を交わし合うことはあるのだろうか…とか、
外の広い世界に旅立った後に出逢って、ご近所さんだと気づくのだろうか…とか、
果てしない想いを描いてしまいます。

勇気…

2016年08月17日 20:38

semi160731-3.jpg

 長い地中生活に別れを告げる日…、どんなことを感じて地上に出ることを決断するのでしょう。
外は果てしなく広いことを知っているのでしょうか?
きっと地中以上に敵が多いだろうということも感じているのでしょうか?
それはとても勇気が必要な瞬間のような気がします。 

シルエットに…

2016年08月16日 22:08

semi160731-2.jpg  

 夏休み早朝、子ども達の姿がない運動場…。空への旅立ちを見送った地中生活用のスーツは、
ここでその役割を終えていますが、こうしてシルエットにして眺めるのもまたいい雰囲気です。

なかなかいい…

2016年08月15日 22:28

suzukake160731.jpg

 緑の中の緑の実だから、よく見ないと見落としそうだけど、
立ち止まってじっくり見るとなかなかいいものです。 

子ども達にとって…②

2016年08月14日 22:13

undoujou160731-2.jpg  

 「子ども達にとって、芝生運動場は使いやすいのか?」…という疑問を昨日投稿しました。
私は子ども達の「走っていて芝で滑った」とか、「靴が芝で緑色になってしまった」という事実から、
単純に「子ども達の実感や実用としてプラスなのか?」…という疑問を持ったわけですが、
北九州の舛本さんから、
鳥取市の調査<http://www.city.tottori.lg.jp/・・・/1284351548484/index.html>をもとに、
芝生運動場の効用をご教授いただきました。
改めて、子ども達の健康や安全、運動能力の向上のために
この芝生運動場を守っていかなければならないと思いました。
↓ 下記の7月29日の記事も、たいへん参考になるものと思いました。
NPO法人グリーンワーク
舛本さん、ありがとうございました。今後ともご指導のほど、よろしくお願いいたします。


子ども達にとって…

2016年08月13日 18:03

undoujou160731.jpg

 子ども達のいない夏休みの運動場は、ただただ広い緑の絨毯です。
訪れたトンボの群れが低空飛行しながら、この場所を楽しんでいます。
芝生張りの運動場…、強風が吹いても砂埃が舞い上がることがなく助かりますが、
かけっこがしやすいかというと、ちょっと疑問もあります。
この運動場…、子ども達にとっては使いやすいのかなぁ~。 

この子の花咲く季節には…

2016年08月12日 23:05

saotomekazura 160731

 この子の花咲く季節には 、必ず言ってきたこと…。
私は、この子を「サオトメカズラ」と呼びたい、子ども達にそう教えたいと…。
図鑑では、この子の本名を紹介されているけれど、それを子ども達に伝えたいとは思えません。
どんな感性を持ってそんな名前にしたのか…、「屁糞」と言われるほど臭くはないと思うのです。

なぜ…?

2016年08月11日 21:33

hokora160731.jpg

 ここは校庭にあるお地蔵様の祠です。この場所、この方向には、それなりの意味があるのだと思います。
しかし、それならばなぜ、フェンスの張り方を考えないのでしょう?
なぜ、お参りをする人が正面に立てないままにしているのでしょう?
それとも、正面に立たないことも含めて、このお地蔵様の信仰なのでしょうか?
どなたか、真相をご存知の方はいらっしゃいませんかねぇ~。 

鬱蒼と…②

2016年08月10日 22:18

ki160731-5.jpg

 ここでも景色は森の中です。木漏れ日、森の香り、木々の間を通り抜ける風の音、訪れた鳥や虫の声…。
五感を通して楽しめる校庭の環境…、とてもステキです。 

鬱蒼と…

2016年08月09日 21:32

ki160731-3.jpg

 本校には、真夏の昼間でも少し薄暗く感じるほど、木が鬱蒼と茂った場所が校庭内のあちらこちらにあります。
これだけ自然に恵まれた環境に感謝しなければならないと思います。 

子ども達を探して…

2016年08月08日 20:59

himawari160731-1.jpg

 いつもなら向日葵だけに「お日様を探しているのだろう」と思うのですが、
夏休みの校庭では、何だか子ども達を探しているように見えてきます。
(画面奥に、明らかにお日様じゃない方を向いている子が写っています。) 

2016年08月07日 19:17

hana160731.jpg  

 ずいぶん木の高いところまでよじ登って咲いているこの子…、
なぜ、こんな咲き姿なんでしょう。誰に出逢うためにここまで登って行ったのでしょう。

木の精に…

2016年08月06日 19:38

ki no sei160731

 自然が大好きな私は、時間ができれば校庭を巡り、何かに出逢えないかと探します。
このときは、 朝日を背にして木に近づくと、何と私の影が木の中に立ち上がり、木の精になっていました。
幹の小さいくぼみやでっかい出っ張りが、まるで私の目鼻のよう…。画面中央にはハートのような形まで…。

大丈夫かなぁ…

2016年08月05日 18:21

semi160731.jpg

 君はなんでそんなところに止まったのかな? 
葉っぱの間ではあるけれど、君の黒っぽい体だと幹に止まらないと目立ってしまっているよ。大丈夫かなぁ~。

お留守番…

2016年08月04日 21:37

mi160731.jpg

 夏休み…、子ども達がいなくなった校庭の中庭でお留守番をしているこの子達…。
あんまり、学期中と違って静か過ぎるので、寂しそうに俯いているように見えてきます。 

どうするのかな…

2016年08月03日 18:17

hati160731.jpg

 この子はこの花が気に入っているのかもしれませんが、
朝の間にやって来ても、この花はまだお休み中です。この子はどうするのかな? 

タイムトンネル…

2016年08月02日 22:01

ki160731-2.jpg

 中庭で暮らすこの子は、ずいぶんお年なのだと思います。
幹の間にはけっこうな大きさの樹洞があります。
穴から差し込む光は、木の向こう側の景色だということはわかっています。
でも、何だかこの子が生きてきた歴史を覗くタイムトンネルのように感じてしまいます。  

宇宙人との交信が…②

2016年08月01日 21:42

ki160731.jpg  

 7月22日に紹介したこの子、宇宙人との交信がうまくいかなかったのか、
アンテナの感度UPを図っているよう…。これならうまくかもしれません。

  ↓ 7月22日のこの子の様子と比べてみてください。
[ 続きを読む ]


最新記事