自然に還らないものは…②

2015年03月02日 23:26

gomi150301-2.jpg 

 自然に還らないものは、ゴミとして除かなければなりません。
しかし、センダンの木の根っこがシートを貫いているので、簡単には取り除けません。
それでも、子ども達はそんな作業さえ、楽しみます。
力を合わせて、シートを引っ張りながら、
「うんとこしょ、どっこいしょ。それでも『カバー』(かぶ)は抜けません。」
なんて言いながら、楽しんでいます。…だから、抜ければ大喜びです。
「とうとう『カバー』(かぶ)はぬけました。」当然、そんな声が上がります。
めでたし、めでたし…。


コメント

  1. K's | URL | -

    お久しぶりです
    ある有名な建築家さんの話です
    ずっと頑丈な鉄筋コンクリート打ちっぱなしの建築物を創り続けてきた
    100年以上もつようなものを・・・
    年老いて今私の住まいはすべて自然から出来たもので作られてます
    長くもつよりも朽ちて自然に還るものが一番なんだと
    それこそが安らげるものなんだとやっと理解しました

    利便性を速さを追い続けてきた今
    この地球も人間自身のこころも悲鳴をあげているように思えてなりません

  2. 夢のふるさと | URL | -

    K’sさん、お久しぶりです。お元気でいらっしゃいましたか?
    訪問いただき、ありがとうございます。

    アスファルトで地表を覆われ、行き場をなくした雨水は、
    地下街に流れ込む、ガード下を水没させる…。
    文字通り、不自然なつくりや利用の仕方をしていることでのしっぺ返しなのでしょう。

    原発の問題、温室効果ガスの問題等々
    そろそろ、自然環境の根本に立ち返って考え直すときなのかもしれませんね。
    取り返しのつかないことになる前に…。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://yumenohurusato.blog88.fc2.com/tb.php/3871-5074067a
この記事へのトラックバック


最新記事